小児外科|対応疾患

  • トップ
  •  › 
  • 対応疾患
  •  › 
  • 小児外科

はじめに

 小児外科が扱う疾患の多くが先天的な奇形を有する疾患です。産後間もない赤ちゃんから15歳までの学童までの外科的疾患に対して治療を行うのが"小児外科"です。そのために疾患自体が多様化し、小児科、産婦人科などの他の診療科との連携が極めて重要であり、総合的な診察が必要となります。

当科の特徴

 当科は独立した講座ではなく、消化器外科・小児外科講座として診療に当たっております。診療するスタッフは日本小児外科学会認定小児外科専門医や指導医です。
 このために当科では特にキャリーオーバーといわれる小児外科疾患を羅患した成人症例に対して、消化器外科医と連携してスムーズな診察・治療が施行できます。また24時間オンコール体制を整えており、必要な時には小児外科医の診察が可能です。
 また、成人外科の医師ともディスカッションを行っておりますので、より専門的な知識をもって治療に当たることが可能です。

当科で取り扱う疾患

 頭頚部から会陰部まで、小児に見られる以下のような多くの外科的疾患に対して、十分な検査を行い、安全に手術を行っております。

鼠径部・泌尿器疾患 鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、包茎、停留精巣 など
腹壁疾患 臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、尿膜菅遺残 など
体表・皮下疾患 リンパ管腫、血管腫、皮下南部腫瘍、
正中頸嚢胞、 乳児痔瘻 など
上部消化管疾患 食道閉鎖症、食道裂肛ヘルニア、肥厚性幽門狭窄症、
胃食道逆流症、胃軸捻転症 など
下部消化管疾患 腸回転異常症、腸閉鎖症、腸重積症、炎症性腸疾患、
直腸肛門奇形、急性虫垂炎、ヒルシュスプルング病、
便秘症 など
肝・胆道疾患 胆道閉鎖症、胆道拡張症(総胆管嚢腫)、脾腫 など
横隔膜疾患 横隔膜ヘルニア、横隔膜弛緩症 など
泌尿・生殖器疾患 膀胱尿管逆流症、水腎症、尿路奇形、二分脊椎 など
腹部腫瘤 神経芽腫、腎芽腫、肝芽腫、奇形腫などの悪性腫瘍、
良性軟部腫瘍 など

食道閉鎖症、ヒルシュスプルング病、鎖肛、臍帯ヘルニアなどの新生児先天的外科疾患や胆道閉鎖症、胆道拡張症など乳児期外科疾患、さらには日常診療でよくみられる鼠径(そけい)ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、また小児悪性腫瘍などの小児期特有の外科疾患などを幅広く取り扱っています。

当科の治療実績

 年間手術数は約150~200例で小児科、新生児科、産婦人科と連携をとり新生児手術、特に低出生体重児の外科疾患においてもよい成績を収めています。
 小児病棟内に小児外科系病棟があり、こちらで新生児を除いた乳児期から学童期までの小児患者さんを治療いたします。新生児は隣接するNICU病棟で治療します。
 取り扱う疾患の約半数が鼠径ヘルニアやその類縁疾患(停留精巣、陰嚢水腫など)です。これらの疾患にはクリニカルパスを導入し、基本的には2泊3日で治療しています。
 新生児外科疾患(横隔膜ヘルニア、腸閉鎖、ヒルシュスプルング病、鎖肛など)は年間10例前後です。新生児外科疾患は出生前に診断されることも多く、産科・新生児科との連携を密にとり、治療に当たっています。特に低出生体重児や合併奇形を併発している症例に対しても積極的に対応しています。
 小児の救急疾患(急性虫垂炎や腸重積など)は年間約50例です。また必要に応じて身体的・心理的負担の少ない鏡視下手術腹(腹腔鏡、胸腔鏡、膀胱鏡)を用いた手術を実施しています。

当科を受診希望のご家族の方に
 当科では、日本小児外科学会認定小児外科専門医が診療にあたります。他の病院から小児外科の受診を勧められた患児のご家族や、セカンドオピニオン(主治医以外の医師の考え)をお聞きになりたい方もどうぞお気軽に受診下さい。また、はじめて病院を受診される方もどうぞお気軽に受診ください。

受診のご案内
 小児外科を受診される方は、小児外科専門医の外来日:月、火、木、金曜日の午後(13時から15時まで)に病院の初診受付にお越しいただき、小児外科受診希望とお申し出ください。またお電話にて問い合わせていただいても構いません。

* 緊急も随時受け付けております。事前にお電話でご連絡頂き、
  昼間帯は『初診受付』、夜間帯および休日は『救急外来』にお越しください。
* 他院からの紹介状やレントゲンフィルムなどがございましたらご持参ください。
* 来院方法、地図、院内案内図は、東京医科大学のホームページをご覧ください。

入院のご案内

 小児病棟は基本的に完全看護であり、付き添いは面会時間(15時から19時)のみとさせて頂いております。短期入院の場合は、ご希望により付き添い入院も可能です。

当院へ患者様ご紹介をお考えの先生方へ

 小児外科疾患は専門性を有する疾患が多く、急変の併発しやすい疾患もあります。当科では日常的疾患の治療についても、先生方との連携を密接にし、大学病院ではありますが、地域医療の主体となるべく積極的に取り組んで参ります。安心して小児外科診療を行っていただくために、小児外科疾患の治療でお困りの先生方は何なりとお気軽にご相談下さい。24時間日本小児外科学会認定小児外科専門医が対応いたします。
 私達は、常に小児外科診療の最先端を研究しながら、一方で、小児外科の日常的疾患に至るまで、子どもに優しい医療をめざして、成長発達に考慮した外科治療法を推進しています。さらに医師・看護師・保育師など各スタッフによる「愛情」「情熱」「やさしさ」を三本柱とした家庭的な医療の提供を理念としています。

研究

 当科では小児がんの代表である神経芽腫に対して抗がん剤効果の研究をしています。神経芽腫は小児がんの中でも比較的多いがんであり、早期発見の場合は治療成績も良好ですが、その進化に伴い治療効果が極端に悪くなってしまうがんです。これら神経芽腫の化学療法として、抗癌剤封入liposomeを作成し、そのD.D.S作用を利用し、マウス神経芽腫の治療効果を研究しています。現在までに温熱療法の併用や、肝転移モデルでの治療効果の有効性を病理組織学的に解明しました。現在はヌードマウスを用いてヒト神経芽腫に対する治療効果を検討し、さらに実際の臨床応用へと発展させていく方針です。

病名:ヘルニア

ヘルニアとは・・・

 鼠径ヘルニアは小児から成人まであらゆる年代に起こる疾患です。当科では鼠径ヘルニアに関して小児、成人ともに専門医が治療しています。また腹壁ヘルニアや再発ヘルニアにも対応しています。

小児鼠径ヘルニア

 腹膜と呼ばれる腹腔内の膜の一部が先天的に開存しているために、ここから腹腔内臓器(腸管など、女児の場合は卵巣や卵管)が飛び出してしまう状態です。 お子様の足の付け根部分(鼠径部)が腹腔内臓器の脱出により腫脹します。特に泣いたり、足を伸ばしたり、お風呂などの体が弛緩しているときに発見しやすくなります。症状がひどくなると、痛みを訴えたり、嘔吐などが出現します。

● 鼠径ヘルニアの治療
 開存した腹膜の一部は出生後にも自然に閉鎖するといわれています(自然治癒)。しかし、全員が自然治癒するのではなく、約30%程度といわれています。 また、1歳以降ではほとんど自然治癒することはありません。腹腔内臓器の脱出を認め、鼠径ヘルニアと診断された場合は、「かんとん(嵌屯)」する可能性はないとはいえず、基本的に手術による治療が必要とされます。

 実際の手術は全身麻酔の状態で行われます。お子様の下腹部のしわに沿って約2cm程度の傷をつけ、そこからヘルニアの出口を見つけます。ここをしばり、腹腔内臓器が脱出しないようにする手術です。麻酔時間を含めて約1時間程度で終了します。
● 当院での小児鼠径ヘルニアの治療経過
 当院にて鼠径ヘルニアと診断した場合は、基本的に手術をお勧めしています。当院では2泊3日(入院、翌日手術、翌々日退院)、または1泊2日(入院、翌日手術、同日退院<ただし条件があります>)にてヘルニアの治療を施行しています。

成人鼠径ヘルニア

 小児とは異なり、腹膜が周囲組織の脆弱化により、図のように鼡径部にむけて突出します。りきみなどによってその突起中に腹膜内容(小腸や卵巣)が陥入します。この時できた膨らみをヘルニアと言います。 ヘルニアには主に外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアに分かれますが、これはヘルニア嚢という袋がでている場所によって、区別されます。

●鼠径ヘルニアの治療
 手術による傷は下腹に約4~5cmです。この傷からヘルニア門という穴のあいた場所まで達します。手術はこの穴をふさぐ手術ですが、穴が大きい場合には、ふさぐために、人工の膜(メッシュ・ポリプロピレン製)を使用する場合があります。
 現在ではメッシュを使う方法が主流となってきておりますが、当院では実際に使用するかどうかは手術の所見によります。
 手術時間は1側、約30分です。準備等を併せると約1時間となります。

【メッシュを使用する場合】
 基本的には内鼠径ヘルニア・大腿ヘルニア・再発ヘルニアの場合にはメッシュを使用します。これは使用しない場合と比較すると再発の可能性が高いためです。外鼠径ヘルニアの場合はヘルニア門が大きく、周囲の組織の脆弱化を確認された場合に使用します。

【メッシュを使用しない場合】
 外鼠径ヘルニアでヘルニア門の開大がなく周囲組織の脆弱化を認めず、将来的にメッシュを使用しなくても再発の可能性が少ない場合に行います(Marcy法と呼んでいます)。今後、内鼠径ヘルニアとしてヘルニアが出現する可能性は残しますが、異物を使用せず、シンプルかつ確実な手術法として推奨しております。

【メッシュ使用による利点と欠点】
(利点)
 将来的に再発が少なく,術後の引き連れが少ないとされています。現在では、異物反応も少なく、手術手技も確立されてきているのでメッシュが使用され始めた(5年前)頃と比較すると合併症も少なく安全性も確立されてきています。当院での合併症発生率も1~3%です。

(欠点)
 メッシュ自体の素材はかなり良いものですが、基本的には異物であり、生体に対する異物反応が全くないわけではありません。またメッシュ自体にばい菌がついてしまうと感染を引き起こし、最悪の場合にはメッシュを取り外さなければならなくなります。ただし感染の頻度としてはかなり低く、鼠径ヘルニアに対するメッシュの感染に関しては、当科では現在の所確認されておりません。

術後合併症

創部の腫張:
 男の方で術後に睾丸から陰嚢にかけて腫れてしまうことが時々あります。これは手術による影響のためで、ある一定の期間が過ぎればひいていきますので心配いりません。また、創部周囲が一時的に硬結として硬くなりますが、これは異常ではなく1~2ヶ月で元に戻りますのでご心配はいりません。

鼡径部神経痛:
 鼡径部周囲は睾丸を含め神経が豊富でデリケートな部位でもあります。ごく稀に神経痛を伴う場合もあります。その場合は内服にて軽快しますが、メッシュが原因の神経痛の場合には一部メッシュを切除する場合もあります。

再発の可能性:
 将来的にヘルニアが再発する可能性は当院の現在までの実績からは少なく、ほとんどありません。ただ、メッシュを使用しない場合に長期的に見て、別の部位からヘルニア(内鼠径ヘルニア)がでてくる可能性はあります。

当院での成人鼠径ヘルニアの治療経過
 主に手術日を決めてからの入院となります。予定が決まりましたら、係りから連絡が参ります。

【スケジュール】
入院前:
 入院約1週間前に外来に術前検査にきていただきます。これは手術前の一般検査(心電図・血液検査・胸部・腹部レントゲン・呼吸機能)です。検査終了後に外科外来にて診察を受けていただきます。

手術前日:
 入院。手術の説明、手術部位の除毛を行います。食事に関しては前日まで可能です。
手術当日:
 朝より禁飲食です。手術が終了し約2時間後から水分は可となり、安静度もフリーとなります。食事は夕食から開始となります。

手術翌日:
 退院。創部をチェック後に退院となります。創部は皮下に溶ける糸で創を合わせ、表面は透明なサージカルボンドでカバーされていますのでガーゼ、消毒等は不要です。また、手術当日からシャワーは可能で術後5日目からは入浴も可能となります。 内服は消炎鎮痛剤と胃薬を出します。

再来:
 術後約1週間目~3週間目に再来とします。
その後の再来は外来にて決めていきます。

 入院期間は基本的には2泊3日となりますが、病状、入院予約状況、手術内容、術後経過、予約希望ベッドにより変更になる場合も有りますことをご了承下さい。希望があれば手術当日、あるいは術後しばらくしての退院も可能です。

お問い合わせ

東京医科大学 消化器・小児外科学分野(消化器外科・小児外科)
電話 : 03-3342-6111(代表)
メールアドレス : geka-3@tokyo-med.ac.jp