胃|対応疾患

胃がん

胃がんの基礎知識

胃の壁は内側から粘膜層、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層および漿膜層の5層からできています。胃癌とは、胃の最も内側の層である粘膜層に発生する悪性の腫瘍です。大きくなるにしたがい外の層に浸潤していき、粘膜下層までにとどまるものを早期胃癌、固有筋層より外の層に浸潤したものを進行胃癌と定義します。
浸潤の過程でリンパ管や血管へ癌が侵入してリンパ節転移や肝臓、肺等に転移します。また、癌の浸潤が漿膜まで達すると癌細胞が腹腔内に散らばり腹膜播種(はしゅ)をきたします。

進行度とステージ

大きくなった状態を示します。胃癌ではⅠA期,ⅠB期、Ⅱ期、ⅢA期、ⅢB期およびⅣ期に分けています。
以下を判定の基準とします(ローマ数字が小さい方が早い時期で根治性が高くなります)。

① 胃の壁のどの深さまで浸潤しているか
② リンパ節の転移があるか
③ 肝、腹膜または胃から遠い臓器への転移があるか

■生存率について
5年生存率という言葉は、5年後のどのくらいの確立で生存されているかということを示しており、再発しながらご存命な方も含まれます。
当院での5年生存率はStageⅠA:95% 、StageⅠB:85% 、StageⅡ:66%、StageⅢA:53%、StageⅢB:46%、StageⅣ:14%です。

手術方法

胃癌治療のガイドラインに準じた治療を行います。

●内視鏡的粘膜切除術
リンパ節転移のない、粘膜内にとどまる2cm程度までの小さな胃癌に対して内視鏡で癌を切除する方法です。

●手術
 1.局所切除(縮小手術)
 2.幽門側胃切除術
 3.幽門保存胃切除術(縮小手術)
 4.噴門側胃切除術
 5.胃全摘術

<再建法>
胃を切除した後、食物の通り道を造り直す必要があります。これを再建とよびます。
 1.ビルロートI法
 2.ビルロートII法
 3.ルーワイ法
 4.空腸間置法

<早期胃がんに対するセンチネルリンパ節理論を応用した縮小手術>
私たちのグループでは、早期の胃がん治療に際して、センチネルリンパ節の検査に力を入れています。センチネルリンパ節とは、最初にがん細胞が届くと考えられているリンパ節のことで、手術で胃を切除するケースでは非常に大きな役割を果たします。例えば、胃がんの手術時にこれを採取して病理検査を行い、がん細胞が見つからなければ他への転移はないものと判断、胃の切除を必要最小限の範囲にとどめることができます。従来の手術では、内視鏡手術の適応となるごく早期の胃がんのほかは、開腹手術で胃を3分の2または全部を切除していました。しかし、センチネルリンパ節を調べることにより切除する部分を最小限にとどめることができれば、合併症や術後の食事にも不自由が少なく、また患者さんの回復も早くなるなど多くのメリットがあります。

<腹腔鏡下胃切除術>
  腹腔鏡下胃切除術

手術のリスク:術後合併症

1)種類
胃切除に関する合併症:
 縫合不全、吻合部狭窄、腹腔内膿瘍、膵炎・膵液瘻など
手術全般に関連する合併症:
 術後出血、無気肺・肺炎、静脈血栓症・肺血栓、創感染、各種臓器異常、麻酔に伴うものなど。

2)頻度
合併症の判断基準が施設によって異なり、明らかな数値として示すことができませんが、およそ10数%から25%程度といわれています。また、致命的になる率(手術関連死亡)は1%未満です。ただし、手術前から様々な臓器以上のある方、高齢者の方ではこれらの頻度が高まることは否定できません。

3)胃切除後障害
胃を切除したために起こるさまざまな障害のことです(必ずしも起きるわけではありません)。個人差がかなりあり、種類と程度はさまざまです。しかし、なかには数年経ってはじめて出てくる障害(ビタミンB12欠乏による貧血やカルシウム欠乏による骨粗鬆症など)もあります。
●比較的早期に起きるもの
 ダンピング、低血糖、逆流性食道炎など
●ある程度の経過後におきるもの
 貧血、骨粗髭症、腸閉塞、残腎癌(残った胃に新たな癌が発生すること)

化学療法(抗がん剤)

切除不能進行胃癌や再発胃癌に対しての治療は、抗がん剤を用いて行われます。第1選択は内服のTS-1を基本として、白金製剤(Cisplatin)を併用します。第2選択として、タキサン系 (Paclitaxel, Docetaxel)、CPT-11 (Irinotecan) などの薬剤を組み合わせます。
また、治癒切除術が行われた患者様でstage IIあるいはstage IIIの方に対しても、TS-1による術後補助化学療法を行うことが一般的になっています。

GIST(消化管間質系腫瘍)

消化管の粘膜の下にできる悪性の粘膜下腫瘍です。頻度は10万人に2人程度と癌に比べて少ない病気です。臓器別では胃が最も多く約80%で次いで小腸、大腸、食道の順です。
症状は殆どなく、検診などで偶然に発見される場合が多いですが、進行すると腹痛や貧血等の症状がでてきます。
転移は癌のようにリンパ節に転移することは稀で、肝臓や腹膜に転移します。転移する可能性で超低リスク、低リスク、中リスクおよび高リスクに分かれます。
治療は手術治療が第一選択で、手術方法は癌の手術と違い腫瘍を取るだけです。転移がある場合や手術後の再発に対しては、メチル酸イマチニブ(商品名:グリベック)の内服治療を行います。

お問い合わせ

東京医科大学 消化器・小児外科学分野(消化器外科・小児外科)
電話 : 03-3342-6111(代表)
メールアドレス : geka-3@tokyo-med.ac.jp