肝臓|対応疾患

  • トップ
  •  › 
  • 対応疾患
  •  › 
  • 肝臓

肝臓がん

東京医科大学病院の肝がんに対する取り組み、治療成績、臨床試験 ⇒ こちら

肝臓の基礎知識

 肝臓は、成人で1000~1500gと体内最大の臓器で、胃腸からの血液(門脈血)を集めて、体内の栄養素を合成、貯蔵したり、薬物や毒素など不要物を代謝、排泄したりします。また胆汁を分泌し食物やビタミンの吸収を助ける働きもあり、生体にとって極めて重要な役割を果たしています。肝臓がんは、原発性肝がん(肝臓から発生したがん)と転移性肝がん(他臓器のがんが肝臓に転移したがん)に大別されます。原発性肝がんは、肝細胞がんが約90%、胆管細胞がん(肝内胆管がん)が約5%を占めます。肝細胞がんで、日本人の場合、肝炎ウイルス(約75%がC型肝炎、約15%がB型肝炎)に感染している人に多く発生し、しかもその多くが肝硬変を合併しています。したがってB型、C型肝炎ウイルスに感染した人は、肝がんになりやすい高危険群とされています。転移性肝がんとは大腸がん、胃がん、食道がん、乳がんなど他の臓器のがん肝臓に転移したものであり、主に大腸がんからの転移が外科的切除の対象となります。

原発性肝細胞がん

 肝臓は肝細胞と胆管上皮細胞、その他の血管やリンパ管の細胞により成り立っています。その中の肝細胞ががん化した場合を「原発性肝細胞がん」といいます。いわゆる「肝癌」や「肝臓癌」と呼ばれるものは、この原発性肝細胞がん(以下、肝細胞がん)のことを指しています。肝細胞がんによる死亡者数は、年間約3万人です。肝炎ウイルスに感染した肝臓に多く発症し、C型肝炎でより顕著です(肝細胞がん死亡者の約75%)。C型肝炎は1930年代に誕生した世代に多いのですが、感染者数は減少しており、それに伴い肝細胞がんによる死亡者数も減少すると予測されています。また、C型肝炎では、肝硬変を経て肝細胞がんを発症します。B型肝炎は世界的には肝細胞癌の最大の原因ですが、日本では肝細胞がん死亡者の約15%です。C型肝炎と異なり、肝硬変が存在しない感染者に発がんすることもあります。また、ウイルス性肝炎やアルコールの多飲による肝硬変以外でも肝細胞がんを発症することがあり、生活習慣病のひとつである非アルコール性脂肪性肝疾患(NASH)からの発癌もあります。

原発性肝細胞がんの診断

 肝臓は沈黙の臓器といわれ、がんを発症しても、症状を呈することはほとんどありません。このためB型、C型肝炎ウイルスに感染している肝細胞がんの高危険群に属する方は早期にがんを発見するため、定期的な検査が必要です。定期検査では、血液検査(AFP:アルファ・フェト・プロテイン、PIVKAII: ピブカ・ツゥー)や腹部超音波検査のほか、必要に応じてCT検査などが行われます。

原発性肝細胞がんの治療

 肝細胞がんに治療法の選択について最も重要なことは、肝細胞がんが肝臓内のみに存在するのか、別の場所に転移しているかです。すでに転移のある肝細胞がんは外科切除を含めた根治治療の適応になりません。そのような場合、これまでは緩和治療(すなわち癌そのものの治療ではなく癌に伴う痛み等のコントロール)が行われることが多かったのですが、最近はソラフェニブという内服薬の投与が行われます。肝細胞がんが肝に限局している場合、すなわち転移がみられないときは治療の対象となります。治療法の選択の基準は、「肝障害度」「腫瘍の数」「腫瘍の大きさ」の3つです。肝臓はとても重要な臓器であり、現在、代用肝臓はありません。そのため、肝臓の機能を損なわないように治療を行います。それには治療前に患者さんの肝障害の程度(=肝障害度)を十分に把握しておく必要があります。

1)肝切除術.
 病巣を外科的切除した際に、残った肝臓(残肝)が十分機能し、通常の生活が出来る場合に行われます。肝切除の方法や切除量は肝細胞がんの数や大きさ、癌の部位にも依りますが、概ね3個程度です。それ以上の個数の場合は、手術に他の治療法を併用することが多く行われます。

2)局所凝固療法.
 肝障害度が強く、外科的な切除が出来ない場合などは、局所凝固療法が行われます。その代表的な方法が「ラジオ波照射」です。針状の器具を体外より病巣に向けて穿刺し、加温することでがん細胞を凝固壊死させます。対象となる肝細胞がんの概ねの基準は、直径3cm以下で個数3個以下とされます。当科では、消化器内科と協力し行なっています。

3)経カテーテル的肝動脈化学塞栓療法.
 肝細胞がんを栄養する肝動脈内に抗癌剤と固形塞栓物質(ゼラチンスポンジ細片など)を注入し、がんを阻血壊死させる方法です。現在では、主に切除不能で局所凝固療法の対象外とされた肝細胞がんに対し行われます。集学的治療(いくつかの療法を組み合わせた治療法)の中心的役割を担っており、当科では、放射線科と協力し行っています。

4)放射線療法.
 集学的治療のひとつとして、肝だけでなく、リンパ節転移や骨や脳への転移巣に対しても行われます。当院では、放射線科が中心で行われています。

5)全身化学療法(薬物療法).
 2009 年5月に切除不能肝細胞癌に対するソラフェニブ(商品名、ネクサバール)の保険承認が得られました。主な有害事象(副作用)は手足皮膚の発疹です。今後の展開が期待される薬剤です。

6)肝移植.
 一定の基準(ミラノ基準:5cm以下単発、3cm以下3個以下)を満たした患者さんが移植適応となります。当科では肝細胞がんに対する移植は行っておりません。

胆管細胞がん

 胆汁は肝臓で産生されます。その胆汁の通り道である胆管を形成する胆管上皮細胞ががん化したものが胆管細胞がんです。別称として肝内胆管がんと呼ぶこともあります。原発性肝がんの約95%は肝細胞がんであり、残りの約5%がこの胆管細胞がんです。肝細胞がんとのもっとも大きな違いは、肝細胞がんが肝硬変の肝臓に多く発症するのに対し、胆管細胞がんは肝硬変のない肝臓に発症します。また、一般的には予後不良であり、5年生存率は20%以下とされます。

胆管細胞がんの治療

 胆管細胞がんも肝細胞がんと同様に肝切除術が行われます。両者の大きな違いは胆管細胞がんでは肝臓の周囲のリンパ節に転移をすることがあります。また肝臓内の胆管に沿ってがんが進展することもあるため、肝臓だけでなく胆管も切除することがあります。また、肝細胞がんと違い、手術以外の治療の選択肢は化学療法と放射線照射となります。どの治療法が最も適しているかは、がんの進み具合、いわゆる病期により決まります。

転移性肝がん

 大腸癌、胃癌など消化管に発生したがんは、門脈という血流を介して肝臓に転移することがあります。その場合、大腸がんや胃がんを原発巣、肝臓のがんを転移巣と呼びます。肝臓の転移は、原発巣がまだ未治療の時点で発見される同時性転移と、原発巣をすでに切除した後に時間をおいて発見される異時性転移があります。また、肝臓以外の臓器、たとえば肺などに転移が発見されることもあります(肝外転移)。転移性肝がんの治療方針は、原発巣がどの臓器かということと肝外転移の有無により決まります。

転移性肝がんの診断

 転移性肝がんの診断は、主に胃がんや大腸がんなどを切除した後の定期的な経過観察時に施行された腹部超音波検査やCTにより発見されます。最近は2007年に発売となったEOB・プリモビストという造影剤を用いたMRIにより高感度で肝がんを発見可能となりました。

転移性肝がんの治療

 外科的切除の適応となる最も頻度の高い癌は大腸がんです。肝臓は重要臓器であるため、肝臓の転移を取り除くことが大きく予後を改善させます。しかしながら、多数の転移が肝全体に広がっているケースでは、切除不能の場合もあります。そのような場合、全身化学療法(抗がん剤や分子標的薬の投与)を先ず何回か行います(詳細は本ホームページ内の「大腸がん」の項を参照)。そしてがんが小さくなった時期に肝切除を行うこともあります。

お問い合わせ

東京医科大学 消化器・小児外科学分野(消化器外科・小児外科)
電話 : 03-3342-6111(代表)
メールアドレス : geka-3@tokyo-med.ac.jp