診療内容

  • トップ
  •  › 
  • 医局紹介
  •  › 
  • 診療内容

診療内容

肝臓・門脈圧亢進症、胆道・膵臓、消化管、低侵襲(消化器がん化学療法)の4つのグループに分かれた専門的かつ高度な技術に裏付けられた診療
消化器(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓)がんを中心に感染症や炎症性疾患を対象
消化器疾患全域における従来の画像診断と新しい診断方法を組み合わせた早期診断
造影超音波、MRI、CT、3次元超音波、弾性超音波などを用いた肝腫瘍の診断
肝がんに対するラジオ波焼灼療法(RFA)やマイクロ波焼灼療法(MWA)、肝動脈化学塞栓術(TACE)、分子標的治療、そして新たな治療法として、先進医療制度承認を受けたナノナイフ治療(不可逆電気穿孔法IRE)の臨床試験を開始
肝炎(抗ウイルス療法)から肝硬変・肝細胞がんに至る一連の診断および治療
その他の肝疾患や門脈圧亢進症関連疾患の診断と治療
食道・胃静脈瘤、直腸静脈瘤などの消化管静脈瘤に対する内視鏡および血管内カテーテル治療
胆道・膵臓疾患(良性・悪性)における正確な診断と集学的および低侵襲治療
消化管がん(食道・胃・大腸)における早期診断と内視鏡的切除など積極的な低侵襲治療
消化管良性疾患(ピロリ関連胃炎・潰瘍など)や炎症性腸疾患の診療
食道アカラシアに対する診断と治療(経口内視鏡的筋層切開術POEM)

検査・治療

上部内視鏡検査
 内視鏡を用いて、食道・胃・十二指腸の潰瘍や癌の早期発見を行います。
 経鼻内視鏡を用いた検査も行います。

下部内視鏡検査
 肛門から内視鏡を入れて、直腸・大腸の検査を行います。
 バルーン(風船)のついた内視鏡を用いて、小腸の内鏡検査も行います。