消化管

  • トップ
  •  › 
  • 各班紹介
  •  › 
  • 消化管

グループメンバー

福澤 誠克、 青木 貴哉 (出向中)、 杉本 暁彦、 山本 圭 (出向中)、 内藤 咲貴子、 河野 真 (出向中)、 岸本 佳子 (出向中)、 山内 芳也、 桑田 直子(産休)、 内田 久美子、 小山 洋平、 班目 明、 森瀬 貴之、 山口 隼 (出向中)、 勝呂 麻弥 (出向中)、 松本 泰輔、 香川 泰之、 清宮 怜、 一宮 匡 (出向中)、 篠原 裕和、 根本 大樹 (出向中)、 村松 孝洋

消化管グループ

消化管グループは食道、胃、小腸、大腸を含む良性・悪性疾患を広く対象とし、診断・治療を行っています。

診療内容

上部消化管疾患では、食道・胃・十二指腸における潰瘍や癌、またそれらと関連があると考えるヘリコバクターピロリ感染症に対する治療も行っております。また、胃食道逆流症、食道アカラシアや機能性ディスペプシアのような機能性疾患に対する診断・治療も行っています。下部消化管疾患では炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)や腫瘍性疾患(ポリープ、早期癌)に対する内視鏡診断・治療を行っております。またそれぞれの進行がんに対する標準的化学療法、がんに伴う症状に対する治療や、地域病院との連携を行いながら緩和ケアへの移行のサポートを行っています。
近年、小腸疾患においても内視鏡による観察が可能になり、当院でも小腸出血が疑われる患者さまに対して、カプセル内視鏡による小腸内視鏡検査を行っています。より詳細な観察が必要な場合は経口・経肛門的挿入による小腸内視鏡検査を行っています。

診療内容

消化管腫瘍における内視鏡診断・治療

疾患別の診断および治療方針

●食道がん
(1)診断
食道がんの存在診断、質的診断(生検による組織診断)、深達度診断(T因子)、範囲診断などを行います。特に内視鏡的切除の適応となる表在がんの存在診断や範囲診断には、ルゴール染色が有用で、治療前にはルゴール染色を行います。また、最近では画像強調内視鏡観察法(image-enhanced endoscopy;IEE)の一つであるNarrow band imaging (NBI)観察を行うことが食道がんの存在診断に有用と考えられており、当院でも行っています。
(2)内視鏡的切除
粘膜上皮(EP)、粘膜固有層(LPM)にとどまる病変は、リンパ節転移の可能性がほとんどなく内視鏡的切除の絶対的な適応です。切除方法としては、内視鏡的粘膜切除術(EMR:Strip biopsy法、吸引法など)、2008年4月より新規保険収載となった内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)があります。

●胃がん
(1)診断
胃がんの存在診断、質的診断(生検による組織診断)、深達度診断(T因子)、範囲診断などを行います。特に内視鏡的切除の適応となる早期胃がんの存在診断や範囲診断、深達度診断は、治療方針の決定において重要です。
(2)内視鏡的切除
特に粘膜(M)内にとどまる病変は、リンパ節転移の可能性がほとんどなく内視鏡的切除の絶対的な適応です。切除方法としては、EMRと2006年4月より保険収載されたESDがあります。内視鏡切除の適応は、『潰瘍所見のない2cm以下の分化型粘膜癌』(胃癌治療ガイドライン)が内視鏡切除の対象となっていますが、ESDの普及によって、ESDであれば外科手術と同等の根治性が期待できるとして2cm以上の大きな病変に対しても内視鏡での切除が行われています。

胃がん

●大腸腫瘍(腺腫・早期がん)
(1)診断
通常観察に加えて、超音波内視鏡や拡大内視鏡による拡大観察(pit pattern診断)を加味して病変の質的・量的(深達度)診断を行っています。最近では、NBIシステムを用いた血管構造の詳細な観察による深達度診断もpit pattern診断と併せて行っています。
(2)内視鏡的切除
腺腫およびM・SM浅層までに留まる早期がんは、内視鏡治療の適応病変です。摘除方法としては、病変の大きさと形態によりホットバイオプシー(HB)・ポリペクトミー(PO)・EMR・ESDが適切に施行されています。ESDに関しては2012年4月より大腸腫瘍(腺腫・癌)に対しても保険収載され、当院でも積極的に行っています。

大腸腫瘍(腺腫・早期がん)

お問い合わせ 医療関係の方

東京医科大学 消化器内科 内視鏡センター
電話 : 03-3342-6111(代表) 内線 3620