診療内容

  • トップ
  •  › 
  • 医局紹介
  •  › 
  • 診療内容

1.神経内科受診の主な症状

 頭の重み、ものわすれ、しびれ、めまい、かってに手足や体が動く、ふるえる、力が入らない、ふらつく、むせる、しゃべりにくい、けいれん、二重に見える、意識障害など

2.神経内科の主要な疾患 

 脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの疾患を診ます。数の多い疾患としては脳卒中、パーキンソン病、頭痛、てんかん、認知症,神経難病(以前は難病といわれていた病気も、現在では多数の治療法が開発されています)などがあります。

3.大学病院としての専門医療の提供

 神経内科の専門性をいかし、大学病院ににある診断機器を利用して患者さん一人一人のニーズに合わせた診療に努めます。

4.医療連携の充実

 一人の患者さんは一つしか病気を持たないとは限りません。大学病院内の各診療科との連携,そして地域の医療機関、かかりつけ医との連携を重視し、患者さんを全人的にとらえ患者さんのQOLの向上に適した診療を心がけます。

主な診療内容の例

<脳梗塞>
 脳梗塞は救急疾患です。正確な神経診察のもとCTやMRIを使用し早めの診断と治療が必要です。その原因となる頸動脈病変や心疾患の有無を評価します。また高血圧や糖尿病、脂質異常症の管理、指導を行い再発予防にも取り組みます。

<パーキンソン病>
 ふるえや歩行障害、動作緩慢などの臨床症状から診断し、補助診断として心臓や脳の核医学検査などを利用します。患者さんの生活状況を考慮し、最新の薬物療法も取り入れ一人一人に最適の治療を行います。

<多発性硬化症>
 視力障害や、しびれ、脱力、ふらつきなど多彩な症状を示すことがあります。MRIや神経生理検査、髄液検査、血液検査などを行い診断します。インターフェロンやステロイド、血液浄化療法などを駆使して治療をおこないます。

<重症筋無力症>
 複視や脱力、易疲労感などの症状をきたします。詳細な症状の評価と負荷試験、血液検査などから診断し、治療を行っています。100名以上の多数の患者さんを診ています。

<認知症>
 高齢者の増加によりアルツハイマー病や脳血管性認知症が増えています。最近はレビー小体型認知症も多くなっています。単なる物忘れか認知症なのかを臨床症状と脳MRI、脳血流検査などで判断します。ご本人だけでなく、家族など周りの人の情報が正確な診断に非常に重要です。

<筋萎縮性側索硬化症>
 手足や全身の筋肉がやせて、力が入らなくなる病気です。症状が進むと飲み込む力や呼吸する力もなくなることがあります。同じような症状は様々な疾患でも出てきますので鑑別診断が重要です。臨床症状と画像検査、電気生理検査などから正確な診断が必要です。

対応疾患 

1. 脳卒中
 脳梗塞、脳出血

2. パーキンソン病とパーキンソン症候群(パーキンソン病類似疾患)
 パーキンソン病、進行性核上性麻痺、皮質基底核変性症など

3. 頭痛
 片頭痛、緊張型頭痛など

4. てんかん
 部分てんかん、全般性てんかんなど

5. 認知症
 アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など

6. 神経変性疾患(パーキンソン病以外)
 筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症など

7. 神経免疫疾患
 多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなど

8. 筋疾患
 筋炎、筋強直性ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症、進行性筋ジストロフィーなど

9. 炎症性疾患
 脳炎、髄膜炎、脊髄炎など

10. 脊髄・脊椎疾患
 変形性脊椎症、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症など

11. その他
 代謝性疾患、中毒性疾患、薬物中毒、全身性疾患に伴う神経障害

2016年入院患者内訳(2016/1/1~12/31)

入院患者一覧リスト(医局管理)より

脳血管障害の内訳(2016/1/1~12/31)

入院患者一覧リスト(医局管理)より

2015年外来患者(2016/1/1~12/31)

外来初診患者数:819名(紹介患者数:498名)
外来再診患者数:12,883名

医事課データより