業績

  • トップ
  •  › 
  • 研究・学会
  •  › 
  • 業績

2012年 神経内科業績

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 筆頭演者・
受賞者名
共同演者名
脳梗塞患者における標準注意検査法とTrail Making Testによる注意能力の検討 第53回日本神経学会総会、2012.5.25、東京 加藤陽久 関 美雪、鈴木友里愛、内海裕也
加齢性大脳萎縮と大脳白質病変との関連性(横断的検討) 第53回日本神経学会総会、2012.5.23、東京 上田優樹 田口丈士、南里和紀、内海裕也
延髄背側および大脳白質病変を呈したMarchiafava-Bignami病の44歳男性例 第202回日本神経学会関東・甲信越地方会、2012.9.1、東京 上田優樹 田口丈士、大塚敬男、赫寛雄、内海裕也
Examination of mean gait acceleration by portable gait rhythmogram in patients with Parkinson's disease 16th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, (2012.6.18), Dublin 赫 寛雄 内海裕也,石村洋平,三苫 博
携帯歩行計を用いたパーキンソン病患者の平均歩行加速度の検討 第53回日本神経学会総会,2012.5.24,東京 赫 寛雄 内海裕也,石村洋平,高澤朋子,三苫 博
パーキンソン病患者の歩行周期と歩行加速度の検討 第6回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,2012.10.12,京都 赫 寛雄 内海裕也,石村洋平,上田優樹,田口丈士,三苫 博
脳梗塞における抗血栓療法のベネフィットとリスク 第2回西新宿医薬ネットワーク研究会,2012.2.7,東京 赫 寛雄  
脳卒中二次予防における新規抗凝固薬の有用性 SPAF Conference,2012.7.9,東京 赫 寛雄  
心原性脳塞栓症予防を考える 2次予防の観点から 第2回城西心臓病懇話会,2012.11.12,東京 赫 寛雄  
脳梗塞における抗血栓療法のリスクとベネフィット Stroke-Rehabilitation-Conference,2012.9.11,東京 赫 寛雄  
三叉神経痛で発症し、経過中に一側性鼻側半盲を呈した脳幹脳炎の1例 第129回神経内科臨床研究会,2012.1.27,東京 鈴木友里愛 大塚敬男,井戸信博,長谷川明,石村洋平 内海裕也
重症筋無力症患者における有痛性攣縮の検討 第53回日本神経学会総会、2012.5.25、東京 増田眞之 前野朱美, 伊藤傑, 田中祥子, 平野俊彦, 内海裕也
MG患者による主観的QOLスケールの必要性 第53回日本神経学会総会、2012.5.24、東京 増田眞之  
重症筋無力症の新しい重症度スケール MG composite 第30回日本神経治療学会総会、2012、11、30、北九州(小倉) 増田眞之 槍沢公明, 鈴木重明, 長根百合子, 鈴木靖士, 清水優子, 内海裕也, 藤原一男, 内山真一郎, 鈴木則宏
脳梗塞患者におけるStroop課題とMMSEの比較検討 第53回日本神経学会総会、2012.5.25、東京 鈴木友里愛 鈴木友里愛、加藤陽久、関 美雪、内海裕也

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 筆頭著者名 共著者名
The relationship between visuospatial ability and cognitive function in patients with right-hemisphere infarction Journal of the Neurological
Sciences 322: 129-31, 2012
Katou H. Seki M, Shindo J*, Yamazaki T*, Sato Y*, Utsumi H, Nagata K*
Regional cerebral blood flow patterns in patients with freezing of gait due to lacunar infarction: SPECT study using three-dimensional stereotactic surface projections Int J Neurosci 122(8): 423-30, 2012 Terashi H. Ishimura Y, Utsumi H
Deficits in scaling of gait force and cycle in parkinsonian gait identified by long-term monitoring of acceleration with the portable gait rhythmogram ISRN Neurol 2012: 306816,
2012
Terashi H. Utsumi H, Ishimura Y, Takazawa T, Okuma Y*, Yoneyama M*, Mitoma H*
Validity and reliability assessment of a Japanese version of the Snaith-Hamilton pleasure scale Intern Med 51(8): 865-9, 2012 Nagayama H. Kubo S*, Hatano T*, Hamada S*, Maeda T*, Hasegawa T*, Kadowaki T*, Terashi H, Yoshioka M*, Nomoto N*, Kano O*, Inoue M*, Shimura H*, Takahashi T*, Uchiyama T*, Watanabe H*, Kaneko S*, Takahashi T*, Baba Y*; Young Japanese Expert Group for Parkinson's Disease and Movement Disorders
Quantitative assessment of gait bradykinesia in Parkinson's disease using a portable gait rhythmogram Acta Med Okayama 66(1):
31-40, 2012
Utsumi H. Terashi H, Ishimura Y, Takazawa T, Hayashi A*, Mochizuki H*, Okuma Y*, Orimo S*, Takahashi K*, Yoneyama M*, Mitoma H
Long-term effects of cabergoline and levodopa in Japanese patients with early Parkinson's disease: a 5-year prospective study Acta Med Okayama 66(2):
163-70, 2012
Utsumi H. Cabergoline as the Starting Treatment and its Long-term Effects (CASTLE) Study Group
How far do the complaints of patients with Parkinson's disease reflect motor fluctuation? Quantitative analysis using a portable gait rhythmogram Acta Med Okayama 66(2):
163-70, 2012
Utsumi H. Terashi H, Ishimura Y, Takazawa T, Okuma Y*, Yoneyama M, Mitoma H
The MG-QOL15 Japanese version: validation and associations with clinical factors Muscle Nerve 2012: 46:166-73. Masuda M. Masuda M, Utsugisawa K, Suzuki S, Nagane Y, Kabasawa C, Suzuki Y,Shimizu Y, Utsumi H, Fujihara K, Uchiyama S, Suzuki N.
Taste disorders in myasthenia gravis: a multicenter cooperative study. Eur J Neurol 2012; doi: 10.1111/j.1468-1331.
2012.03713.x.
Kabasawa C. Shimizu Y, Suzuki S, Masuda M, Nagane Y, Utsugisawa K, Suzuki Y, Utsumi H, Uchiyama S, Fujihara K, Suzuki N, Uchiyama S.

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 筆頭著者名 共著者名
携帯歩行計で評価したプラミペキソールのパーキンソン病運動症候に対する効果 メディカルレビュー社,Frontiers in Parkinson Disease 5, 44-47, 2012  赫 寛雄 石村洋平,内海裕也,三苫 博
座談会 脳・心血管系イベントを抑制するためのNew Diabetes Strategy 医事出版社,診療と新薬 49,67-71,2012 伊藤 裕 佐藤麻子,高橋友乃,土谷 健,赫 寛雄,脇野 修