業績

  • トップ
  •  > 
  • 研究・学会
  •  > 
  • 業績

2019年 脳神経内科業績

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 著者名
Impaired Nucleoporins Are Present in Sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis Motor Neurons that Exhibit Mislocalization of the 43-kDa TAR DNA-Binding Protein. J Clin Neurol. 2019 Jan;15(1):62-67.
doi: 10.3988/jcn.2019.15.1.62.
Aizawa H, Yamashita T, Kato H, Kimura T, Kwak S
A controlled inflammation and a regulatory immune system are associated with favorable prognosis of progressive multifocal leukoencephalopathy. J Neurol. 266:369-377, 2019. doi: 10.1007/s00415-018-9140-0. Sanjo N, Nose Y, Shishido-Hara Y, Ono D, Sekijima Y, Aizawa H, Yokota T.
孤発性ALSに対するペランパネル. Brain and Nerve, 71 (11): 1270-1278, 2019. 相澤仁志、郭 伸.

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
病理学的に確認し得たclipper症候群の1例 第228回日本神経学会関東・甲信越地方会(2019.3.2)東京 秋庭優樹,渡邊江莉,井戸信博,原 由紀子,日出山拓人,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
当科における脳卒中後てんかんの臨床的特徴 第44回日本脳卒中学会学術集会(2019.3.21-23) 横浜 山﨑 純,加藤陽久,秋庭優樹,長澤早由美,渡邊江莉,新井礼美,齊藤智子,菊野宗明,井戸信博,田口丈士,日出山拓人,赫 寛雄,相澤仁志
ヒト免疫不全ウイルス感染者の脳卒中の臨床的特徴 第44回日本脳卒中学会学術集会(2019.3.21-23) 横浜 渡邊江莉,菊野宗明,秋庭優樹,長澤早由美,山﨑 純,新井礼美,齊藤智子,井戸信博,田口丈士,日出山拓人,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
頭蓋内内頚動脈の炎症性狭窄が疑われた脳梗塞の64歳男性例 Stroke Multidisciplinary Case Conference(2019.3.15)東京 山崎 純
非けいれん性発作がみられた神経サルコイドーシスの一例 てんかんを考える会(2019.3.19)東京 秋庭優樹
筋萎縮性側索硬化症における運動状態の定量評価 第60回日本神経学会学術大会(2019.5.22-25)大阪 齊藤智子,大久保芳彦,加藤陽久,郭 伸,相澤仁志
パーキンソニズムの鑑別に必要なポイントを学ぼう~歩行障害の鑑別のポイント~ 第60回日本神経学会学術大会(2019.5.22-25)大阪 赫 寛雄
当院における視力障害をきたしたFisher症候群3例の検討 第60回日本神経学会学術大会(2019.5.22-25)大阪 日出山拓人,長澤早由美,秋庭優樹,渡邊江莉,山﨑 純,新井礼美,齊藤智子,菊野宗明,井戸信博,田口丈士,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
Impaired nucleoporins in sporadic ALS motor neurons that exhibit mislocalization of TDP-43 第60回日本神経学会学術大会(2019.5.22-25)大阪 Aizawa H, Yamashita T, Kato H, Kimura T, Saito T, Teramoto S, Hideyama T, Kwak S
視神経脊椎炎の視神経炎の予防に関する眼科的所見の検討 第60回日本神経学会学術大会(2019.5.22-25)大阪 井戸信博,長澤早由美,渡邊江莉,齊藤智子,増田眞之,加藤陽久,日出山拓人,赫 寛雄,相澤仁志
早期未治療パーキンソン病患者のアパシーの特徴 第60回日本神経学会学術大会 (2019.5.22-25)大阪 赫 寛雄,長澤早由美,上田優樹,大久保芳彦,田口丈士,加藤陽久,日出山拓人,三苫 博,相澤仁志
重症筋無力症患者の高用量ChE阻害剤とCNIs併用治療は有痛性筋痙攣を引き起こす 第60回日本神経学会学術大会(2019.5.22-25)大阪 増田眞之
進行期治療(運動症状を中心に) 第8回PD forum for New Generation (2019.2.1) 東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について 第3回神経疾患を考える-基礎と臨床の融合 (2019.2.28) 東京 赫 寛雄
パーキンソン病の薬物治療~歩行障害を中心として~ 第69回日本老年医学会関東甲信越地方会 (2019.3.2 )東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について イストラデフィリンの可能性を探る2019 (2019.3.5 )静岡 赫 寛雄
パーキンソン病の薬物治療~歩行障害を中心として~ 北河内パーキンソン病治療シンポジウム~アジレクト錠新発売記念講演会~ (2019.3.9)大阪 赫 寛雄
MIBG心筋シンチなどによるパーキンソニズムの鑑別 パーキンソン症候群・認知症勉強会 (2019.3.14) 東京  赫 寛雄
パーキンソン病の薬物治療~歩行障害を中心として~ Neurology Seminar in YAMAGATA (2019.3.22) 山形 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について 一関パーキンソン病勉強会 (2019.4.17) 岩手 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について 学術講演会 (2019.4.26) 東京 赫 寛雄
パーキンソン病の薬物治療~歩行障害を中心として~ Shinshu Neurology (2019.5.31)長野 赫 寛雄
Disrupted nuclear pore complex with mislocalization of TDP-43 in sporadic amyotrophic lateral sclerosis motor neurons 第60回日本神経病理学会学術大会 (2019.7.14-16) 名古屋 相澤仁志,山下雄也,加藤陽久,木村 隆,齋藤智子,寺本さやか,日出山拓人,郭 伸
パーキンソン病の症状:非運動症状を中心に 新宿心Medical Seminar ~高齢者医療のこれからを考える in 2019~ (2019/8/22) 東京 赫 寛雄
進行期パーキンソン病治療のポイント アジレクト錠販売1周年記念講演会~臨床でのMAO-B阻害薬の役割を再考する~ (2019.9.4)東京 赫 寛雄
MRワクチン接種後に脊髄炎を呈した37歳女性例 第230回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2019.9.7)東京 長澤早由美
MRワクチン接種後に脊髄炎を呈した37歳女性例 神経疾患を語る会 (2019.9.10)東京 長澤早由美
ペランパネルにより良好な経過が得られた無菌性髄膜炎に伴う症候性てんかんの1例 神経疾患を語る会 (2019.9.10)東京 大久保芳彦
PRESを合併したGBS 西新宿末梢神経障害セミナー (2019.9.17) 東京 渡邊江莉

2018年 脳神経内科業績

著書

著書名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
A Proposal for New Algorithm that Defines gait-Induced Acceleration and Gait Cycle in Daily Parkinsonian Gait Disorders IntechOpen・Wearable Technologies・2018年 Masahiko Suzuki, Makiko Yogo, Masayo Morita, Hiroo Terashi, Mutsumi Iijima, Mitsuru Yoneyama, Masato Takada, Hiroya Utsumi, Yasuyuki Okuma, Akito Hayashi, Satoshi Orimo, Hiroshi Mitoma

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 著者名
A controlled inflammation and a regulatory immune system are associated with more favorable prognosis of progressive multifocal leukoencephalopathy. J Neurol. 2018 Dec 3.
doi: 10.1007/
s00415-018-9140-0.
Sanjo N,Nose Y, Shishido-Hara Y, Mizutani S, Sekijima Y, Aizawa H,Tanizawa T, Yokota T
Autopsy-proven case of paraneoplastic lower motor neuron disease with sensorimotor neuropathy due to Waldenström's macroglobulinemia. Neuropathology. 2018 Oct;38(5):568-573.
doi: 10.1111/neup.12506.
Suzuki Y,Aizawa H, Sakashita K, Kishi H, Nomura K, Yoshida K,Aburakawa Y, Kuroda K, Murakami C, Kakinoki Y, Kimura T
Characteristics of apathy in treatment-naïve patients with Parkinson's disease. Int J Neurosci. 2018 Nov 29:1-6.
doi: 10.1080/00207454.
2018.1503184.
Terashi H,Ueta Y, Kato H, Mitoma H, Aizawa H
頭痛と左下肢筋力低下で発症し,くも膜下出血との鑑別を要した髄膜癌腫症の67歳女性例 臨床神経, 58,403-406, 2018 大久保芳彦,上田優樹,田口丈士,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
Pruritus as a complication of foramen magnum neutrinoma. Neurology and Clinical Neuroscience 15 september 2018
doi: 10.1111/ncn3.12234
Aizawa H, Saito F.
Treatment of Myasthenia Gravis with High-Dose Cholinesterase Inhibitors and Calcineurin Inhibitors Caused Spontaneous Muscle Cramps in Patients. Clin Neuropharmacol. 2018 Sep/Oct;41(5):164-170.
doi: 10.1097/
WNF.0000000000000295.
Masuda M, Utsumi H, Tanaka S, Maeno A, Yamamoto M, Sugiyama K2, Hirano T2, Aizawa H.
適正なワルファリン管理下で心原性脳塞栓症を発症し 胸腔鏡下左心耳切除術を行った 1 例 臨床神経 58, 9-14, 2018 菊野宗明,古賀政利,久米悠太,大塚俊哉,早川幹人,豊田一則
Bilateral Cerebral Infarctions and Intracardiac Thrombus in a Young Duchenne Muscular Dystrophy Patient Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases. 2018;27:e150-e152 Inoue M, Kikuno M, Peng D, Liu Z, Toyoda K
Pruritus as a complication of foramen magnum neutrinoma. Neurology and Clinical Neuroscience 15 september 2018 doi: 10. 111/ncn3. 12234 Aizawa H, Saito F.
Classification of Bipolar Disorder, Major Depressive Disorder and Healthy State Using Voice Asian J Pharm Clin Res 11, Special issue 3, 89-93, 2018 Masakazu Higuchi, Tokuno S, Nakamura M, Shinohara S, Mitsuyoshi S, Omiya Y, Hagiwara N, Takano T, Toda H, Saito T, Terashi H, Mitoma H

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
An autopsy-proven case of paraneoplastic lower motor neuron disease due to Waldenstrom's macroglobulinemia 19th International Congress of Neuropathology. September 23-27, 2018, Tokyo, Japan. Suzuki Y,Aizawa H.
パーキンソン病患者における3軸加速度計で測定した運動量と運動症状との関係 第59回日本神経学会学術大会(2018/5/23-26) 札幌 赫 寛雄,三苫 博,上田優樹,金丸晃大,相澤仁志
視神経脊髄炎の視神経炎における当院での予後因子の検討 第59回日本神経学会学術大会(2018/5/23-26) 札幌 井戸信博,相澤仁志,増田眞之,齊藤智子,新井礼美,山﨑 純
脳梗塞患者における注意機能と足関節上腕血圧比の検討 第59回日本神経学会学術大会(2018/5/23-26) 札幌 加藤陽久,吹谷和代,太田とし江,松丸聖太,苫米地義和,青山瑠美,山﨑 純,渡邊江莉,新井礼美,大久保芳彦,齊藤智子,田口丈士,井戸信博,赫 寛雄,上野 竜一,相澤仁志
重症筋無力症患者T細胞におけるIL-10産生と治療効果との関連 第59回日本神経学会学術大会(2018/5/23-26) 札幌 増田眞之,田中祥子,上田優樹,齊藤智子,大久保芳彦,新井礼美,山﨑 純,橋本澪佳,荻村千里,平野俊彦,相澤仁志
筋萎縮性側索硬化症における運動状態の定量的評価 第59回日本神経学会学術大会(2018/5/23-26) 札幌 大久保芳彦,田口丈士,加藤陽久,郭 伸,相澤仁志(東京医科大学病院 神経内科)
MSA-Cにおける歩行状態とVBM解析 第59回日本神経学会学術大会(2018/5/23-26) 札幌 田口丈士,南里和紀,赫 寛雄,山﨑 純,渡邊江莉,大久保芳彦,上田優樹,加藤陽久,相澤仁志
当科におけるTrousseau症候群の検討 第43回日本脳卒中学会学術集会(2018/3/15-18) 福岡 齊藤智子,田口丈士,新井礼美,大久保芳彦,渡辺江莉,山崎 純,井戸信博,金丸晃大,上田優樹,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
リング状造影効果と広範な脳実質浮腫をみとめ頭蓋内結核腫が考えられた1例 第23回日本神経感染症学会総会・学術大会 (2018.10.19-20) 東京 秋庭優樹, 田口丈士, 山崎 純, 大久保芳彦, 加藤陽久, 長尾敏孝, 相澤仁志
結核菌特異的IFN-γ測定により診断し得た結核性髄膜炎の30代男性例 第227回日本神経学会関東・甲信越地方会(2018.12.1)東京 大久保芳彦,上田優樹,田口丈士,赫 寛雄,相澤仁志
脳血管撮影前の超音波検査による全身血管評価の重要性が示唆されたコレステロール塞栓症の1例 第37回日本脳神経超音波学会総会(2018.6.8-9)大阪 菊野宗明,田中寛大,山上 宏,古賀政利,猪原匡史,豊田一則
炎症性疾患による症候性頭蓋内内頸動脈狭窄症に対して経皮的血管形成術が奏功した2症例の報告 第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会(2018.11.22-24)仙台 菊野宗明,橋本孝朗,田中悠二郎,青柳 滋,秋庭優樹,山﨑 純,井戸信博,加藤陽久,河野道宏,相澤仁志
ALSに対するペランパネル治験 第36回神経治療学会(2018.11.23-25)東京 相澤仁志
頭蓋内内頸動脈の炎症性狭窄が疑われた脳梗塞の64歳男性例 第226回日本神経学会関東・甲信越地方会(2018.9.1)東京 山﨑 純,菊野宗明,秋庭優樹,井戸信博,加藤陽久,田中悠二郎,橋本孝明,馬詰朗比古,河野道宏,相澤仁志
Classification of Bipolar Disorder, Major Depressive Disorder And Healthy State Using Voice The 8th International Conference on Biomedical Engineering and Technology (ICBET 2018), 2018.4.23-25, Bali. Masakazu Higuchi, Tokuno S, Nakamura M, Shinohara S, Mitsuyoshi S, Omiya Y, Hagiwara N, Takano T, Toda H, Saito T, Terashi H, Mitoma H.
Voice-Based Emotion Model for Identifying Major Depression The 40th International Engineering in Medicine and Biology Conference (EMBC2018), 2018.7.17-21, Hawaii. Masakazu Higuchi, Shuji Shinohara, Mitsuteru Nakamura, Yasuhiro Omiya, Naoki Hagiwara, Takeshi Takano, Hiroyuki Toda, Taku Saito, Hiroo Terashi, Hiroshi Mitoma, Shunji Mitsuyoshi, Shinichi Tokuno.
パーキンソン病の診断・鑑別について 第6回PD forum for New Generation (2018.2.1)東京 赫 寛雄
抗血栓療法のリスクとベネフィット 血栓塞栓症Webセミナー 血栓塞栓症UP-DATE (2018.2.23)東京 赫 寛雄
一過性脳虚血発作 2nd COVER JAPAN @ West Tokyo (2018.6.16)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の診断と治療 ~新ガイドライン 改定ポイント~ 第4回神経疾患医療連携セミナー (2018.6.19)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について 久留米Parkinson's Disease学術講演会 (2018.7.12)久留米 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する治療 アジレクト錠発売記念講演会 in Tokyo (2018.7.18)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の初期治療について 第7回PD forum for New Generation (2018.7.26)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について Parkinson's Disease Meeting 第8回特別講演 (2018.9.11)大分 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について 庄内パーキンソン病勉強会 (2018.9.20)鶴岡 赫 寛雄
歩行への神経内科からのアプローチ Japanese Neurologist Parkinson's Disease Seminar  (2018.10.16)東京 赫 寛雄
パーキンソン病治療と歩行障害について Tokyoニューロサイエンス研究会 (2018.10.27)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する薬物治療について パーキンソン病学術講演会 (2018.10.30)鹿児島 赫 寛雄
パーキンソン病治療と歩行障害について Takeda Neurology WEB Seminar  (2018.11.6)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害に対する治療 大日本住友金曜Webセミナー (2018.11.16)東京 赫 寛雄

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
「神経」,生涯教育のためのセルフトレーニング問題と解説(第4集) 日本内科学会,東京,2018年 日出山拓人(分担執筆)
脳出血時の血圧管理 医学図書出版・ICUとCCU・42・73−79・2018 菊野宗明,豊田一則

2017年 脳神経内科業績

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 著者名
Limbic encephalitis associated with human herpesvirus-7 (HHV-7) in an immunocompetent adult: The first reported case in Japan. Intern Med 56: 1919-1923, 2017.
doi: 10.2169/
internalmedicine.56.8185.
Aburakawa Y,Katayama T, Saito T, Sawada J, Suzutani T, Aizawa H, Hasebe N
Calpain-dependent disruption of nucleo-cytoplasmic transport in ALS motor neurons. Sci Rep 2017 Jan 3;7:39994.
doi: 10.1038/srep39994.
Yamashita T,Aizawa H, Teramoto S, Akamatsu M, Kwak S.
Comparison of Characteristics of Stroke-Associated Pneumonia in Stroke Care Units in Indonesia and Japan. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2017;26:280-285.
doi: 10.1016/
j.jstrokecerebrovasdis.
2016.09.018.
Sari IM,Soertidewi L, Yokota C, Kikuno M, Koga M, Toyoda K.
Relationship between Amount of Daily Movement Measured by a Triaxial Accelerometer and Motor Symptoms in Patients with Parkinson's Disease Appl. Sci. 2017, 7(5), 486;
doi: 10.3390/app7050486
Terashi H,Mitoma H, Yoneyama M, Aizawa H

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
脳卒中の病理 第42回日本脳卒中学会学術集会、2017年3月16日、大阪 相澤仁志
Relationship between Amount of Daily Movement Measured by a Triaxial Accelerometer and Motor Symptoms in Patients with Parkinson's Disease 23rd World Congress of Neurology: Sep 16-21, 2017, Kyoto, Japan Terashi H,Mitoma H, Yoneyama M, Aizawa H
Pahse2 clinical Trial with Perampanel for Sporadic Ayotrophic Lateral Sclerosis 23rd World Congress of Neurology: Sep 16-21, 2017, Kyoto, Japan Aizawa H,Kato H, Terashi H, Ookubo Y, Kwak S

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
二次性パーキンソニズム.パーキンソン病-基礎・臨床の最新情報-III.パーキンソン病の検査・診断と鑑別診断 日本臨床 別冊 2017; 75 : 63-70 赫 寛雄,田口丈士,相澤仁志

2016年 脳神経内科業績

著書

著書名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
地域とつながる高齢者救急実践ガイド 南山堂,33-38,2016 相澤仁志,(編:太田祥一、羽生春夫)(監:行岡哲男)

学術論文

論文名 雑誌名・巻・頁・年 著者名
A Japanese multicenter survey characterizung pain in parkinson's disease
doi: 10.1016/j.jns.2016.04.015.
J Neurol Sci 365:162-6, 2016
doi: 10.1016/
j.jns.2016.04.015.
Kubo S,Hamada S, Maeda T, Uchiyama T, Hashimoto M, Nomoto N, Kano O, Takahashi T, Terashi H 他11名
Deficient RNA-editing enzyme ADAR2 in an amyotrophic lateral sclerosis patient with a FUSP525L mutation
doi: 10.1016/j.jocn.2015.12.039.
J Clin Neurosci 32:128-129, 2016
doi: 10.1016/
j.jocn.2015.12.039.
Aizawa H,Hideyama T, Yamashita T, Kimura T, Suzuki N, Aoki M, Kwak S
Anti-TIF1-γ antibody and cancer-associated myositis: A clinicohistopathologic study
doi: 10.1212/WNL.0000000000002863.
Neurology 87:299-308, 2016
doi: 10.1212/
WNL.0000000000002863.
Hada A,Yamashita T, Hosono Y, Inoue M, Kaida K, Kadoya M, Miwa Y, Yajima N, Maezawa R, Arai S, Kurasawa K, Ito K, Shimada H, Iwanami T, Sonoo M, Hatanaka Y, Murayama S, Uchibori A, Chiba A, Aizawa H 他22名
An international clinimetric evaluation of the MG-QOL15, resulting in slight revision and subsequent validation of the MG-QOL15r.
doi: 10.1002/mus.25198.
Muscle Nerve 54(6):1015-1022, 2016
doi: 10.1002/mus.25198.
Burns TM,Sadjadi R, Utsugisawa K, Gwathmey KG, Joshi A, Jones S1, Bril V, Barnett C, Guptill JT, Sanders DB, Hobson-Webb L, Juel VC, Massey J, Gable KL, Silvestri NJ, Wolfe G, Cutter G, Nagane Y, Murai H, Masuda M 他9名
Response to treatment of myasthenia gravis according to clinical subtype.
doi: 10.1186/s12883-016-0756-3
BMC Neurol 16(1):225
doi: 10.1186/
s12883-016-0756-3
Akaishi T,Suzuki Y, Imai T, Tsuda E, Minami N, Nagane Y, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Murai H, Aoki M, Utsugisawa K

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
長期投与によりメトロニダゾール脳症を発症した73歳男性例 第216回日本神経学会関東・甲信越地方会(2016.3.5)東京 石村洋平,田口丈士,高澤朋子,加藤陽久,赫 寛雄,小泉信達,荻野 均,相澤仁志
左上下肢の不随意運動を呈した後に脳梗塞を発症した84歳女性例 第217回日本神経学会関東・甲信越地方会(2016.6.4)東京 小林万希子,上田優樹,田口丈士,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
頭痛と左下肢脱力で発症し、くも膜下出血との鑑別を要した髄膜癌腫症の67歳女性例 第218回日本神経学会関東・甲信越地方会(2016.9.3)東京 大久保芳彦,上田優樹,新井礼美,田口丈士,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
意識障害で発症した頭蓋外左椎骨動脈解離の39歳男性例 第219回日本神経学会関東・甲信越地方会(2016.12.3)東京 大久保芳彦,上田優樹,田口丈士,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
MSA-CにおけるVBM画像を用いた萎縮性変化の評価 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 田口丈士,南里和紀,上田優樹,田中伸幸,齊藤智子,小林万希子,井戸信博,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
MSA-CにおけるVBM画像を用いた脳萎縮率の評価 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 齊藤智子,田口丈士,南里和紀,上田優樹,小林万希子,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
小脳皮質萎縮症におけるVoxel-based Morphometryの検討 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 上田優樹,小林万希子,井上 文,田口丈士,田中伸幸,南里和紀,相澤仁志
虚血性大脳白質病変を有する患者における言語流暢性試験と脳血流 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 加藤陽久,長谷川 明,関 美雪,井上 文,上田優樹,福田友里愛,齊藤智子,小林万希子,赫 寛雄,相澤仁志
早期未治療パーキンソン病患者の認知機能、精神症状とmotor phenotypeとの関係 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 赫 寛雄,石村洋平,小林万希子,田口丈士,井戸信博,三苫 博,相澤仁志
神経免疫疾患における当院での血液浄化療法の検討 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 井戸信博,相澤仁志,増田眞之,石村洋平,高澤朋子,小林万希子
重症筋無力症(MG)の改善状況と患者生活クオリティー(QOL)の変化 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 増田眞之,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,長根百合子,鈴木靖士,青木正志,鵜沢顕之,川口直樹,紺野晋吾,鈴木秀和,村井弘之,槍澤公明
実践!パーキンソン病薬物治療~みんなで考えようパーキンソン病治療~【早期の薬物療法】 HAPPY FACE SEMINAR in 新宿(2016.2.4)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害 水戸エリアパーキンソン病治療を考える会(2016.6.3)茨城 赫 寛雄
パーキンソン病の早期治療の問題点 これからのパーキンソン病治療を考える会~究極のCDS治療を目指して~(2016.7.22)東京 赫 寛雄
抗血栓薬のリスクとベネフィット 抗血栓療法と消化管損傷 update~新時代に対応した選択~(2016.9.7)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害 HAPPY FACE SEMINAR in 城東(2016.9.8)東京 赫 寛雄
非ドパミン系薬剤の位置付け HAPPY FACE SEMINAR in 新宿(2016.9.15)東京 赫 寛雄
抗凝固療法における中和剤の重要性 新宿地区抗凝固療法 Network Meeting(2016.11.21)東京 赫 寛雄
治療の進歩、でも予防が大事、脳卒中 第50回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会(2016.1.30)東京 相澤仁志
パーキンソン病について 第107回東京医科大学病院 市民公開講座(2016.5.30)東京 相澤仁志
Disease stage classification of the cerebellar variant of multiple system atrophy based on voxel-based morphometry 20th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders (2016.6.19-23) Taguchi T, Nanri K, Ueta Y, Terashi H, Aizawa H
Relationships of cognitive functions and psychiatric symptoms with motor phenotypes in patients with untreated early-stage Parkinson's disease 20th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders (2016.6.19-23) Terashi H, Ishimura Y, Taguchi T, Mitoma H, Aizawa H
治療経過中にMnimimal manifestations以上に至った重症筋無力症患者の増悪因子の検討 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 金井哲也,鵜沢顕之,川口直樹,織田史子,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,長根百合子,槍沢公明,鈴木靖士,青木正志,紺野晋吾,鈴木秀和,村井弘之,桑原 聡
重症筋無力症に対するタクロリムス単独治療の現状 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 長根百合子,鵜沢顕之,川口直樹,織田史子,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,槍沢公明,鈴木靖士,青木正志,紺野晋吾,増田眞之,鈴木秀和,村井弘之,桑原 聡
Mnimimal manifestationsと判定された重症筋無力症患者の臨床スケール値の検討 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 鈴木秀和,増田眞之,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,長根百合子,鈴木靖士,青木正志,鵜沢顕之,川口直樹,紺野晋吾,村井弘之,槍沢公明,楠 進
重症筋無力症に対する免疫グロブリン静注療法の効果 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 川口直樹,鵜沢顕之,増田眞之,長根百合子,槍沢公明,鈴木靖士,紺野晋吾,鈴木秀和,清水優子
重症筋無力症とその治療が患者の社会的活動性に与える影響 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 槍沢公明,長根百合子,今井富裕,津田笑子,南 尚哉, 鈴木靖士,青木正志,鵜沢顕之,川口直樹, 紺野晋吾, 増田眞之, 鈴木秀和, 村井弘之
全身型重症筋無力症に対する早期積極治療戦略の有効性 第28回 日本神経免疫学会学術集会(2016.9.29-30)長崎 槍沢公明,長根百合子,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,鈴木靖士,青木正志,鵜沢顕之,川口直樹,紺野晋吾,増田眞之,鈴木秀和,村井弘之
抗AChR抗体陽性全身型重症筋無力症での軽微症状以上達成の予測因子 第34回 日本神経治療学会総会(2016.11.3-5)鳥取 金井哲也,鵜沢顕之,今井富裕,南 尚哉,槍沢公明,織田史子,川口直樹,増田眞之,村井弘之,桑原 聡
経口ステロイド治療が有効であった重症筋無力症217例の臨床像 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 今井富裕,津田笑子,山本大輔,下濱 俊,南 尚哉,長根百合子,槍沢公明,鈴木靖士,青木正志,鵜沢顕之,川口直樹,増田眞之,紺野晋吾,鈴木秀和,村井弘之
重症筋無力症における胸腺外悪性腫瘍発生頻度と免疫療法との関連? 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 村井弘之,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,長根百合子,鈴木靖士,鵜沢顕之,川口直樹,増田眞之,紺野晋吾,鈴木秀和,槍沢公明
重症筋無力症における重症度・QOL評価スケールの関連性 第57回日本神経学会学術大会(2016.5.18-21)兵庫 織田史子,鵜沢顕之,川口直樹,金井哲也,氷室圭一,今井富裕,津田笑子,南 尚哉,長根百合子,鈴木靖士,青木正志,増田眞之,紺野晋吾,鈴木秀和,村井弘之,槍沢公明,桑原 聡

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
内科医のための脳卒中の臨床 日本内科学会雑誌,
105(3):445-450,2016
相澤仁志
【パーキンソンニズムの診断とリハビリテーション】パーキンソンニズムの歩行障害の鑑別 Medical rehabilitation 196, 20-24, 2016 赫 寛雄,相澤仁志,三苫 博

2015年 脳神経内科業績

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 著者名
Clinical triaiとthe real world
doi: 10.16977/cbfm.26.2_33
脳循環代謝,26,63-55,2015 赫 寛雄,齊藤智子,小林万希子,石村洋平,鈴木友里愛,井上 文,田口丈士,井戸信博,加藤陽久,相澤仁志
虚血性白質病変を有する患者の注意機能に及ぼすcilostazolの影響 東京医大雑誌,73,2,121-129,2015 井上 文,加藤陽久,関 美雪,福田友里愛,内海裕也,相澤仁志
免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-,免疫性筋疾患,重症筋無力症(MG),重症筋無力症の治療各論,コリンエステラーゼ阻害薬,免疫性疾患 日本臨牀,73巻増刊号,7,2015 増田眞之

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
当院におけるパーキンソン病治療 -大学病院の立場から- 第12回新宿脳神経疾患研究会(2015.2.19)東京 赫 寛雄
Trousseau症候群の後療法にダビガトランを使用した64歳男性例 第212回日本神経学会関東地方会(2015.3.14)東京 菊野宗明
皮質下梗塞患者における遂行機能と注意に対するシロスタゾールの影響 第40回日本脳卒中学会総会(2015.3.26)広島 井上 文
神経内科における脳卒中後てんかんの臨床的特徴 第40回日本脳卒中学会総会(2015.3.26)広島 加藤陽久
ALSのALSFRS-Rスコアの経時的変化とアクティグラフによる運動量の検討 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 相澤仁志
眼筋型重症筋無力症(MG)の臨床像と生活クオリティー(QOL)障害の特徴 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 増田眞之 
早期未治療パーキンソン病患者の歩行と運動量に関する検討 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 赫 寛雄
虚血性大脳白質病変を有する患者における遂行機能と脳血流 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 加藤陽久
脱髄性疾患における当院での血液浄化療法の検討 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 井戸信博
MSA-CにおけるVBM画像を用いた画像病期の検討 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 田口丈士
The Relationship between effect of cilostazol on attentional ability and the patients' background in the patients with ischemic white matter lesions 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 井上 文
小脳皮質萎縮症におけるVoxel-based Morphometryの検討 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 上田優樹
両側性の垂直性眼球運動障害を主症状とした中脳病変例の臨床的検討 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 齊藤智子
MSA-CにおけるVBM画像を用いた脳萎縮率の評価 第56回日本神経学会学術大会(2015.5.20)新潟 小林万希子
眼球運動障害と眼瞼下垂を契機に診断された悪性リンパ腫 第449回東京医科大学臨床懇話会(2015.5.26)東京 石井絢子,秋元治朗,馬原孝彦,石村洋平,片桐誠一朗,石崎哲央,高橋礼典,相澤仁志
内科医のための脳卒中の臨床 平成27年度日本内科学会生涯教育講演会Aセッション(第1回)(2015.5.31)大阪 相澤仁志
Tolosa-Hunt症候群様症状を呈した悪性リンパ腫の一例 第213回日本神経学会関東地方会(2015.6.6)東京 森 美穂,相澤仁志,加藤陽久,井上 文,石村洋平,齊藤智子
脱髄性疾患における当院での血液浄化療法の検討 第175回東京医科大学医学会総会(2015.6.6)東京 井戸信博,相澤仁志,増田眞之,加藤陽久,伊藤 傑,井上 文
精神症状で発症し、左側優位のパーキンソニズムをみとめた60歳代女性例 第9回お茶の水PD研究会(2015.7.17)東京 田口丈士,小林万希子,齋藤智子,高澤朋子,石村洋平,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
パーキンソン病の運動症状と非運動症状 東葛地区ノウリアスト錠20㎎発売2周年記念講演会(2015.7.16)千葉 赫 寛雄
パネルディスカッション パーキンソン病の診断・鑑別について Lecture1 第1回PD forum for New Generation(2015.7.23)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害 第44回兵庫県パーキンソン病及び不随意運動研究会(2015.9.4)兵庫 赫 寛雄
SLE疑いで20年経過後に両側後頭葉病変を呈した49歳女性例 第214回日本神経学会関東地方会(2015.9.5)東京 田口丈士,小林万希子,高澤朋子,林 映,太原恒一郎,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
The relationship between attention ability and cognitive function in patients with right-hemisphere infarction」 7th World Congress of the International Society for Vascular Behavioural and Cognitive Disorders (Vas-Cog)( Sep 16-19. 2015) Tokyo, Japan, presented at Sep 18, 2015 加藤陽久, Miyuki Seki, Junya Shindo, Takashi Yamazaki, Yuichi Sato, Hitoshi Aizawa, and Ken Nagata
大規模患者調査とパーキンソン病の歩行障害 PD Docter's Meeeting パーキンソン病の薬物治療を考察する(2015.9.17)東京 赫 寛雄
MSA-Cにおける脳血流解析 第13回脳核医学画像解析研究会(2015.9.19)東京 田口丈士
パーキンソニズムを伴ったVal107TTR遺伝子異常の家族性アミロイドポリニューロパチーの68歳男性例 第62回日本老年医学会関東甲信越地方会(2015.9.26)東京 齊藤智子,菊野宗明,大林光念*,上田優樹,石村洋平,井上 文,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
パーキンソン病の歩行障害 PD Docter's Meeeting パーキンソン病の薬物治療を考察する(2015.9.30)東京 赫 寛雄
右大脳皮質に広汎な異常信号を呈した60歳代男性剖検例 第144回神経内科臨床研究会(2015.10.9)東京 田口丈士,上田優樹,山口隆志,脇屋 緑,加藤陽久,赫 寛雄,南里和紀,相澤仁志
未治療パーキンソン病患者に対する神経心理学的検討 第9回パーキンソン病・運藤障害疾患コングレス(2015.10.15)東京 赫 寛雄
伝染性単核球症例に合併したEBV脳脊髄炎の10歳代女性例 第20回神経感染症学会(2015.10.22)長野 田口丈士,禰津直也,上田優樹,南里和紀,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
パーキンソン病の症候と治療 パーキンソン病講演会(2015.10.23)佐賀 赫 寛雄
VBM画像を用いたMSA-C画像病期分類の検討 第176回東京医科大学医学会総会(2015.11.7)東京 田口丈士,小林万希子,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志,南里和紀,上田優樹,田中伸幸
ステロイドパルス療法が奏功した脳アミロイドアンギオパチー関連血管炎の1例 第17回ニューロトピックス21(2015.11.24)東京 齊藤智子
精神症状で発症し右大脳皮質に広汎な病変を認めた60歳台女性例 第5回メトロポリタン脳の老化・認知症フォーラム(2015.12.1)東京 田口丈士
多発脳神経麻痺を呈した転移性硬膜腫瘍の63歳女性例 第215回日本神経学会関東地方会(2015.12.5)東京 石村洋平,加藤陽久,福田友里愛,伊澤仁之*,海瀬博史*,赫 寛雄,相澤仁志
当院におけるパーキンソン病のチーム医療について Japanese Neurologist Parkinson's Disease Seminar(2015.9.1)東京 赫 寛雄

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
脊髄小脳変性症・多系統萎縮症とうまくつきあう 診察室から 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会ニュース2015 相澤仁志
脳微小出血CMBの意義 診断と治療,103,103-114,2015 相澤仁志
高齢科社会における神経内科の役割と一般実地内科医の役割 Medical Practice,32,6,917-929,2015 矢崎義雄,玉岡 晃,相澤仁志,黒川勝巳
当院におけるてんかん重積状態に対する治療.~患者さんが痛がらないと看護師からも好評~ 神経救急・脳神経外科周術期におけるてんかん発作の管理 ホスフェニトインによる実践集.ライフ・サイエンス,53-56,2015 石村洋平,赫 寛雄,相澤仁志(総監修:中里信和)
認知症-最近のトピックス(後編)- 都薬雑誌,Vol37,No4,2015 田口丈士

2014年 脳神経内科業績

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
パーキンソン病の症候と診断 第1回神経内疾患 医療連携セミナー,2014年2月4日,東京 赫 寛雄
脳梗塞再発のリスク因子 脳卒中 Risk&Management,2014年2月7日,東京 赫 寛雄
パーキンソン病患者における夜間運動症状・睡眠障害について 学術講演~パーキンソン病患者における夜間の問題について考える~,2014年3月20日,東京 赫 寛雄
左側頭葉を中心とした脳出血で漢字優位の失読失書を呈した43歳男性例 第208回日本神経学会関東地方会,2014年?1日,東京 石村洋平,菊野宗明,井上 文,加藤陽久,赫 寛雄,増田眞之,相澤仁志
パーキンソン病の運動症状~歩行障害に対する薬物療法~ 城西パーキンソン病フォーラム2014,2014年4月18日,東京 赫 寛雄
視覚障害にて発症した静脈洞血栓症の一例 第12回東京Strokeフロンティア,2014年4月4日,東京 菊野宗明
パーキンソン病ってどんな病気?体の動きに影響する症状について 中野パーキンソン病市民フォーラム,2014年7月13日,東京 赫 寛雄
パーキンソニズムを伴ったVal107TTR遺伝子異常の家族性アミロイドポリニューロパチーの68歳男性例 第8回お茶の水PD研究会,2014年7月25日,東京 菊野宗明,大林光念,上田優樹,石村洋平,井上 文,加藤陽久,赫 寛雄,相澤仁志
パーキンソン病患者の運動量に関する検討 第8回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,2014年10月2~4日,京都 赫 寛雄
QOL重視のPD治療へ スタレボ発売記念講演会,2014年9月27日,東京 相澤仁志
てんかんレクチャー 城西てんかん診療ネットワーク第4回 勉強会,2014年10月20日,東京 加藤陽久
脳卒中センターの症例紹介 第34回新都心医療連券懇話会,2014年9月17日,東京 小林万希子
パーキンソン病の歩行障害 第6回ニューロフォーラム,2014年10月31日,東京 赫 寛雄
パーキンソニズムを伴ったVal107TTR遺伝子異常の家族性アミロイドポリニューロパチーの68歳男性例 東京医科大学 神経領域勉強会,2014年11月7日,東京 菊野宗明
第2回大規模患者調査より見えてきたもの 若手医師のためのPD Dostor's Meeting,2014年11月25日,東京 赫 寛雄
第2回大規模患者調査より見えてきたもの PD Dostor's Meeting,2014年12月12日,東京 赫 寛雄
経口避妊薬内服下で脳静脈洞血栓症を発症した32歳女性例 第211回日本神経学会関東地方会,2014年11月29日,東京 小林万希子
パーキンソン病患者の歩行周期と歩行加速度の変動幅に関する検討 第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日~24日,福岡 赫 寛雄
重症筋無力症患者における有痛性筋痙攣の検討:第二報 第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日~24日,福岡 増田眞之
右大脳半球損傷患者における認知機能と空間認知能力 第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日~24日,福岡 加藤陽久,関 美雪,山﨑貴志,高野大樹,進藤潤也,佐藤雄一,長田 乾,相澤仁志(東京医科大学神経内科,秋田県立脳血管研究センター)
皮質下梗塞患者におけ遂行機能と注意機能 第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日~24日,福岡 井上 文
ステロイドパルス療法が奏功した脳アミロイドアンギオパチー関連血管炎の72歳男性例 第4回メトロポリタン脳の老化・認知症フォーラム 齊藤智子
MG-QOL15日本語版の作成と臨床応用 第12回重症筋無力症フォーラム,2014年6月7日,東京 増田眞之
L-dopaに併用するべき薬剤は? パーキンソン病薬物治療講演会2014,2014年6月26日,東京 赫 寛雄
非けいれん性のてんかんの症例 新都心頭痛セミナー,2014年1月21日,東京 加藤陽久
当院におけるてんかん診療-病院の立場から- 第11回新宿脳神経疾患研究会,2014年2月13日,東京 加藤陽久
新規抗てんかん薬時代における当院でのてんかん診療の現状と今後 城西神経疾患セミナー,2014年6月19日,東京 加藤陽久
めまいカンファレンス,2014年9月16日,東京 福田友里愛
てんかん重積後、両側海馬高信号、30年の遠隔記憶障害を呈した60歳代男性例 新都心頭痛セミナー,2014年1月21日,東京 田口丈士,小平亜美,土方美穂,石村洋平,上田優樹,南里和紀(東京医科大学八王子医療センター)
認知症と糖尿病の関連について HADNet,2014年6月27日, 田口丈士
進行性の球麻痺症状を呈したキアリⅠ型奇形の40歳代女性例 第 回関東地方会,2014年3月 田口丈士,上田優樹,小松広彦,神保洋之,池田幸穂,南里和紀(東京医科大学八王子医療センター神経内科 脳神経外科)
弓部大動脈解離によるmalperfusionのため右大脳皮質に広汎な異常信号を呈した60歳代男性剖検例 第 回関東地方会,2014年6月 田口丈士,上田優樹,山口隆志,南里和紀,脇屋 緑(東京医科大学八王子医療センター神経内科 病理部)
皮質下梗塞患者における遂行機能 第55回日本神経学会学術大会,2014年5月21日~24日,福岡 井上 文,菊野宗明,鈴木友里愛,石村洋平,関 美雪,加藤陽久,相澤仁志
Parkinson病と副腎白質ジストロフィーの合併例 第55回神経病理学会総会,2014年6月5日~7日,東京 井上 文,内野彰子2,菊野宗明1,石村洋平1,加藤陽久1,赫 寛雄1,増田眞之1,仲矢丈雄3,黒田雅彦3,村山繁雄2,相澤仁志1(1東京医科大学 神経内科,2東京都健康長寿医療センター 高齢者ブレインバンク,3東京医科大学病院 分子病理学)
パーキンソン病の症候、診断、治療のコンセプト 杉並内科医会g九術講演会,2014年7月11日,東京 赫 寛雄
N型Caチャネルの展望・パネリスト 新宿N型Caチャネルシンポジウム,2014年8月25日,東京 赫 寛雄,野田 誠,田中伸枝

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
パーキンソン病の歩行障害の定量化 メディカルレビュー社,第7巻第4号(2014年11月号)別刷 赫 寛雄,相澤仁志
一過性脳虚血発作 一過性脳虚血発作の画像診断 日本臨牀,72巻増刊号7(2014年10月20日発行) 赫 寛雄,菊野宗明,相澤仁志

2013年 脳神経内科業績

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 著者名
Neurosyphilis presenting as frontal and mesial tempral encephalitis Internal Medicine 52:2381-2382, 2013 Aizawa H, Yomono H, Kurisaki H
手指の感覚鈍麻で発症した高位頸髄病変 神経内科 79:285-286, 2013 相澤仁志
Independent regulation of the cycle and acceleration in parkinsonian gait analyzed by a long-term daily monitoring system
doi: 10.1159/000345266.
Eur Neurol 69:134-141, 2013
doi: 10.1159/000345266.
Terashi H, Utsumi H, Ishimura Y, Mitoma H
上矢状静脈洞血栓症を機に多発静脈血栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例 分子脳血管病 12: 118-119, 2013 伊藤 傑,大塚敬男,石村洋平,鈴木友里愛,上田優樹,,井戸信博,長谷川 明,内海裕也

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
The attentional ability and deep white matter hyperintensity in the patients with subcortical cerebral infarction 8th International congress on vascular dementia (2013.10.18) Athens Kato Haruhisa, Seki M, Inoue a, Yamazki T, Nagata K, Aizawa H
Microbleedsは心房細動患者の無症候性脳梗塞発症を予見する 第38回日本脳卒中学会総会(2013.3.21) 東京 齋藤 司,川村祐一郎,田邊康子,浅野目明日香,高橋佳恵,澤田 潤,片山隆行,相澤仁志,佐藤伸之,長谷部直幸
AMPA受容体サブユニットGluA2のQ/R部位RNA編集率に対する薬剤の効果 第54回日本神経学会総会(2013.5.29) 東京  澤田 潤,相澤仁志,浅野目明日香,高橋佳恵,齋藤 司,片山隆行,長谷部直幸,山下雄也,郭 伸
右大脳半球損傷患者における描画試験と認知機能 第4回日本血管認知障害研究会(2013.8.10)東京 澤田 潤,相澤仁志,浅野目明日香,高橋佳恵,齋藤 司,片山隆行,長谷部直幸,山下雄也,郭 伸
右大脳半球損傷患者における描画試験と認知機能 第4回日本血管認知障害研究会(2013.8.10)東京 加藤陽久,関 雪美,井上 文,山崎貴史,大野大樹,進藤潤也,佐藤雄一,長田 乾,相澤仁志
大脳白質病変患者における前頭葉機能と注意 第4回日本血管認知障害研究会(2013.8.10) 東京 井上 文,関 雪美,永倉 玲,加藤陽久,相澤仁志
E200K変異Creutzfeldt-Jakob病の66歳男性例 第207回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2013.11.30) 東京 鈴木友里愛,井戸信博,伊藤 傑,菊野宗明,加藤陽久,赫 寛雄,美原 盤,高尾昌樹,相澤仁志
Parkinson病と副腎白質ジストロフィーの合併例 第105回日本神経病理学会関東地方会(2013.12.7) 東京 井上 文,内野彰子,菊野宗明,石村洋平,加藤陽久,赫 寛雄,増田眞之,仲谷丈雄,黒田雅彦,村山繁雄,相澤仁志
右大脳半球損傷患者におけるTrail making testの空間認知 第54回日本神経学会総会(2013.6.1) 東京 加藤陽久,関 美雪,永倉 玲,山﨑貴史,進藤潤也,佐藤雄一,長田 乾,内海裕也
Self-perceived quality of life and related clinical conditions in Japanese patients with myasthenia gravis: a multicenter cross-sectional study The American Academy of Neurology's 65th AAN Annual Meeting in San Diego, March 16 to 23, 2013 Masayuki Masuda, Kimiaki Utsugisawa, Shigeaki Suzuki, Yuriko Nagane, Hiroyuki Murai, Tomihiro Imai, Emiko Tsuda, Shingo Konno, Shunya Nakane, Hiroya Utsumi, Norihiro Suzuki:Japan MG registry group
重症筋無力症患者のMG-QOL 15日本語版を用いた主観的生活クオリティー調査(第2報) 第54回日本神経学会学術大会(2013.5.31)東京 増田眞之,
槍沢公明,
鈴木重明,
長根百合子,
村井弘之,
今井富裕,
津田笑子,紺野晋吾,王子 聡,鈴木靖士,中根俊成,藤原一男,鈴木則宏
重症筋無力症(MG)患者の発症年齢による主観的生活クオリティーに与える影響因子の違い 第25回日本神経免疫学会学術集会 (2013.11.27) 下関 増田眞之,槍沢公明,鈴木重明,長根百合子,村井弘之,今井富裕,津田笑子,紺野晋吾,王子 聡,鈴木靖士,中根俊成,藤原一男,鈴木則宏
MG-QOL 15日本語版の作成と臨床応用 第12回関東甲信越重症筋無力症研究会(2013.10.26) 東京 増田眞之
中心静脈カテーテル抜去に伴う、脳空気塞栓症の一例 第1回Stroku Care Unitカンファランス(2013.11.5) 東京医科大学病院新教育研究棟3F第教室 菊野宗明
脳血管性パーキンソニズムとパーキンソン病に対する定量的歩行評価 第54回日本神経学会学術大会(2013.5.31)東京 赫 寛雄,石村洋平,高澤朋子,菊野宗明,田口丈士,内海裕也,三苫 博
携帯型歩行分析計による脳血管性パーキンソニズムの歩行周期と歩行加速度の検討 第38回日本脳卒中学会総会(2103.3.22)東京 赫 寛雄,石村洋平,上田優樹,田口丈士,内海裕也,三苫 博
パーキンソン病患者の平均歩行周期と平均歩行加速度 第7回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(2013.10.12)東京 赫 寛雄,石村洋平,菊野宗明,相澤仁志,内海裕也,三苫 博
パーキンソン病における歩行障害と転倒 第4回 PD Review Conference(2013.6.7)東京 赫 寛雄
脳領域からATISを考える 副都心ATISフォーラム(2013.6.26)東京 赫 寛雄
脳卒中再発のリスク因子にせまる Fighting Vascular Events in Tokyo 2013 日本人のための脳卒中治療(2013.7.6)東京 赫 寛雄
レキップCR錠によるPD運動障害の改善効果 パーキンソン病薬物治療講演会2013(2013.7.11)東京 赫 寛雄
パーキンソン病の歩行障害の特徴 第18回関東パーキンソン病研究会(2013.11.9)東京 赫 寛雄
脳幹脳炎との鑑別が困難であったdural AVFと考えられた一例 第11回東京strokeフロンティア 2013.4.5 東京ドームホテル 伊藤 傑,加藤陽久,鈴木友里愛,長谷川 明,橋本孝朗,内海裕也
見逃してはならない致死的症例 見逃してはならない致死的症例 2013.11.29 学内 伊藤 傑
頭痛の診療 ランチョンセミナー 伊藤 傑
総合ディスカッション 学術講演会~ニュープロパッチを考える~ 2013年10月25日(金)京王プラザホテル42階武蔵  赫 寛雄
脳卒中二次予防における新規凝固薬の適正使用について エリキュース新発売記念講演会 2013年4月23日(火)ヒルトン東京3F大和南 赫 寛雄

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
診断に難渋した脳占拠性病変(症例検討会) 東京医科大学雑誌 71(4): 403-413, 2013 荻原 剛,清田育男,藤本竜平,加藤陽久,中村 造
神経眼科の進歩 視神経炎 免疫学的アプローチによる病態の解明と新規治療法の開発 日本眼科学会雑誌 117(3): 270-292,2013 毛塚剛司,松永芳径,松田隆作,安暁 明,臼井嘉彦,奥貫陽子,森地陽子,沼田沙織,小林昭子,山川直之,後藤 浩,藤田浩司,松山永久,黒田雅彦,西山千春*,奥村 康*,増田眞之,赫 寛雄,加藤陽久,大塚敬男,内海裕也

2012年 脳神経内科業績

学術論文

論文名 雑誌名・巻・ページ・年 著者名
The relationship between visuospatial ability and cognitive function in patients with right-hemisphere infarction Journal of the Neurological
Sciences 322: 129-31, 2012
Katou H, Seki M, Shindo J*, Yamazaki T*, Sato Y*, Utsumi H, Nagata K*
Regional cerebral blood flow patterns in patients with freezing of gait due to lacunar infarction: SPECT study using three-dimensional stereotactic surface projections Int J Neurosci 122(8): 423-30, 2012 Terashi H, Ishimura Y, Utsumi H
Deficits in scaling of gait force and cycle in parkinsonian gait identified by long-term monitoring of acceleration with the portable gait rhythmogram ISRN Neurol 2012: 306816,
2012
Terashi H, Utsumi H, Ishimura Y, Takazawa T, Okuma Y*, Yoneyama M*, Mitoma H*
Validity and reliability assessment of a Japanese version of the Snaith-Hamilton pleasure scale Intern Med 51(8): 865-9, 2012 Nagayama H, Kubo S*, Hatano T*, Hamada S*, Maeda T*, Hasegawa T*, Kadowaki T*, Terashi H, Yoshioka M*, Nomoto N*, Kano O*, Inoue M*, Shimura H*, Takahashi T*, Uchiyama T*, Watanabe H*, Kaneko S*, Takahashi T*, Baba Y*; Young Japanese Expert Group for Parkinson's Disease and Movement Disorders
Quantitative assessment of gait bradykinesia in Parkinson's disease using a portable gait rhythmogram Acta Med Okayama 66(1):
31-40, 2012
Utsumi H, Terashi H, Ishimura Y, Takazawa T, Hayashi A*, Mochizuki H*, Okuma Y*, Orimo S*, Takahashi K*, Yoneyama M*, Mitoma H
Long-term effects of cabergoline and levodopa in Japanese patients with early Parkinson's disease: a 5-year prospective study Acta Med Okayama 66(2):
163-70, 2012
Utsumi H.Cabergoline as the Starting Treatment and its Long-term Effects (CASTLE) Study Group
How far do the complaints of patients with Parkinson's disease reflect motor fluctuation? Quantitative analysis using a portable gait rhythmogram Acta Med Okayama 66(2):
163-70, 2012
Utsumi H, Terashi H, Ishimura Y, Takazawa T, Okuma Y*, Yoneyama M, Mitoma H
The MG-QOL15 Japanese version: validation and associations with clinical factors Muscle Nerve 2012: 46:166-73. Masuda M, Utsugisawa K, Suzuki S, Nagane Y, Kabasawa C, Suzuki Y,Shimizu Y, Utsumi H, Fujihara K, Uchiyama S, Suzuki N.
Taste disorders in myasthenia gravis: a multicenter cooperative study. Eur J Neurol 2012; doi: 10.1111/j.1468-1331.
2012.03713.x.
Kabasawa C, Shimizu Y, Suzuki S, Masuda M, Nagane Y, Utsugisawa K, Suzuki Y, Utsumi H, Uchiyama S, Fujihara K, Suzuki N, Uchiyama S.

学会活動

発表題目・演題名・学会賞名・
座談会タイトル等
学会名・年月日・場所 演者・受賞者名
脳梗塞患者における標準注意検査法とTrail Making Testによる注意能力の検討 第53回日本神経学会総会、2012.5.25、東京 加藤陽久、関 美雪、鈴木友里愛、内海裕也
加齢性大脳萎縮と大脳白質病変との関連性(横断的検討) 第53回日本神経学会総会、2012.5.23、東京 上田優樹、田口丈士、南里和紀、内海裕也
延髄背側および大脳白質病変を呈したMarchiafava-Bignami病の44歳男性例 第202回日本神経学会関東・甲信越地方会、2012.9.1、東京 上田優樹、田口丈士、大塚敬男、赫 寛雄、内海裕也
Examination of mean gait acceleration by portable gait rhythmogram in patients with Parkinson's disease 16th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, (2012.6.18), Dublin 赫 寛雄,内海裕也,石村洋平,三苫 博
携帯歩行計を用いたパーキンソン病患者の平均歩行加速度の検討 第53回日本神経学会総会,2012.5.24,東京 赫 寛雄,内海裕也,石村洋平,高澤朋子,三苫 博
パーキンソン病患者の歩行周期と歩行加速度の検討 第6回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,2012.10.12,京都 赫 寛雄,内海裕也,石村洋平,上田優樹,田口丈士,三苫 博
脳梗塞における抗血栓療法のベネフィットとリスク 第2回西新宿医薬ネットワーク研究会,2012.2.7,東京 赫 寛雄
脳卒中二次予防における新規抗凝固薬の有用性 SPAF Conference,2012.7.9,東京 赫 寛雄
心原性脳塞栓症予防を考える 2次予防の観点から 第2回城西心臓病懇話会,2012.11.12,東京 赫 寛雄
脳梗塞における抗血栓療法のリスクとベネフィット Stroke-Rehabilitation-Conference,2012.9.11,東京 赫 寛雄
三叉神経痛で発症し、経過中に一側性鼻側半盲を呈した脳幹脳炎の1例 第129回神経内科臨床研究会,2012.1.27,東京 鈴木友里愛,大塚敬男,井戸信博,長谷川 明,石村洋平、内海裕也
重症筋無力症患者における有痛性攣縮の検討 第53回日本神経学会総会、2012.5.25、東京 増田眞之、前野朱美、伊藤 傑、田中祥子、平野俊彦、内海裕也
MG患者による主観的QOLスケールの必要性 第53回日本神経学会総会、2012.5.24、東京 増田眞之
重症筋無力症の新しい重症度スケール MG composite 第30回日本神経治療学会総会、2012、11、30、北九州(小倉) 増田眞之、槍沢公明、鈴木重明、長根百合子、鈴木靖士、清水優子、内海裕也、藤原一男、内山真一郎 、鈴木則宏
脳梗塞患者におけるStroop課題とMMSEの比較検討 第53回日本神経学会総会、2012.5.25、東京 鈴木友里愛、加藤陽久、関 美雪、内海裕也

学術刊行物

論文名 出版社・掲載誌・巻・頁・年 著者名
携帯歩行計で評価したプラミペキソールのパーキンソン病運動症候に対する効果 メディカルレビュー社,Frontiers in Parkinson Disease 5, 44-47, 2012  赫 寛雄,石村洋平,内海裕也,三苫 博
座談会 脳・心血管系イベントを抑制するためのNew Diabetes Strategy 医事出版社,診療と新薬 49,67-71,2012 伊藤 裕,佐藤麻子,高橋友乃,土谷 健,赫 寛雄,脇野 修