業績

  • トップ
  •  › 
  • 医局紹介
  •  › 
  • 業績

2016年業績

著書・共著

1. 近津大地:顎関節脱臼 「言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学 第2版」 編集 夏目長門、株式会社医学書院、東京、169-172、2016
2. 近松尾朗、浜田勇人: 溝状舌, 「薬 `17/`18 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本」. 東京, クインテッセンス出版, 2016, pp102-103.
3. 小川 隆: 歯痛, 「OTC医薬品学」. 東京, 南江堂, 2016, pp76-79
4. 鬼谷 薫、庄司広和、本田一文「血液apolipoprotein-A2 isoformsによる早期膵がんの診断」がん分子標的治療 2016:14: 108-113.

原著・症例報告

1. Akira Matsuo, Hayato Hamada, Hidetoshi Takahashi, Ayako Okamoto, Hiroshi Kaisei, and Daichi Chikazu. Evaluation of dental implants as a risk factor for the development of bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw in breast cancer patients. Odontology. 2016 Sep;104(3):363-371.
2. Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Yasuyuki Fujii, Yuki Kanno, Daichi Chikazu, Takafumi Susami, and Tsuyoshi Takato. Complications after intraoral vertical ramus osteotomy: relationship to the shape of the osteotomy line. Int J Oral Maxillofac Surg. 2016 Feb;45(2):200-204.
3. Saito, Kentaro Yoshimura, Yoichi Miyamoto, Kotaro Kaneko, Daichi Chikazu, Matsuo Yamamoto, and Ryutaro Kamijo. Enhanced and suppressed mineralization by acetoacetate and β-hydroxybutyrate in osteoblast cultures. Biochem Biophys Res Commun. 2016 Apr;473(2):537-544.
4. Takuya Murata, Harutsugi Abukawa, Takafumi Satomi, and Daichi Chikazu. Nerve sharing between the lingual and mental nerve to restore lower lip sensation after segmental resection of the mandible. J Oral Maxillofac Surg. 2016 Sep;74(9):1897.e1-5.
5. Katsuhiro Hiranuma, Atsushi Yamada, Tamaki Kurosawa, Ryo Aizawa, Dai Suzuki, Yoshiro Saito, Ryo Nagahama, Mikiko Ikehata, Masayuki Tsukasaki, Naoko Morimura, Daichi Chikazu, Koutaro Maki, Tatsuo Shirota, Masamichi Takami, Matsuo Yamamoto, Takehiko Iijima, and Ryutaro Kamijo. Expression of nephronectin is enhanced by 1α,25-dihydroxyvitamin D3. FEBS Open Bio. 2016 Jul;6(9):914-918.
6. Ayako Okamoto, Hideo Miyachi, Katsutoshi Tanaka, Daichi Chikazu, and Hitoshi Miyaoka. Relationship between xerostomia and psychotropic drugs in patients with schizophrenia: evaluation using an oral moisture meter. J Clin Pharm Ther. 2016 Dec;41(6):684-688.
7. Toshihiro Yoneyama, Sumio Ohtsuki, Kazufumi Honda, Makoto Kobayashi, Motoki Iwasaki, Yasuo Uchida, Takuji Okusaka, Shoji Nakamori, Masashi Shimahara, Takaaki Ueno, Akihiko Tsuchida, Naohiro Sata, Tatsuya Ioka, Yohichi Yasunami, Tomoo Kosuge, Takashi Kaneda, Takao Kato, Kazuhiro Yagihara, Shigeyuki Fujita, Wilber Huang, Tesshi Yamada, Masanori Tachikawa, Tetsuya Terasaki. Identification of IGFBP2 and IGFBP3 As Compensatory Biomarkers for CA19-9 in Early-Stage Pancreatic Cancer Using a Combination of Antibody-Based and LC-MS/MS-Based Proteomics. PLoS One. 2016 Aug 31;11(8):e0161009.
8. Naoki Takahashi, Satoru Iwasa, Masaru Fukahori, Kazuki Sudo, Yusuke Sasaki, Hirokazu Shoji, Yoshitaka Honma, Natsuko Tsuda Okita, Atsuo Takashima, Tetsuya Hamaguchi, Narikazu Boku, Yasuhiro Shimada, Kazufumi Honda, Tesshi Yamada, Yasuhide Yamada. A phase I study of the combination of panitumumab and bevacizumab in KRAS wild-type colorectal cancer patients previously treated with fluoropyrimidine, oxaliplatin, irinotecan and bevacizumab. Cancer Chemother Pharmacol. 2016 Sep;78(3):567-75.
9. Nami Miura, Masahiro Kamita, Takanori Kakuya, Yutaka Fujiwara, Koji Tsuta, Hideaki Shiraishi, Fumitaka Takeshita, Takahiro Ochiya, Hirokazu Shoji, Wilber Huang, Yuichiro Ohe, Tesshi Yamada, Kazufumi Honda. Efficacy of adjuvant chemotherapy for non-small cell lung cancer assessed by metastatic potential associated with ACTN4. Oncotarget. 2016 May 31;7(22):33165-78.
10. Masato Watanabe, Masanori Tada, Takafumi Satami, Daichi Chikazu, Masashi Mizumoto, and Hideyuki Sakurai. Metastatic rectal adenocarcinoma in the mandibular gingive: a case report. World J Surg Oncol. 2016 Jul;14(1):199-203.

総説・プロシーディング・その他

1. Kazufumi Honda, Sudhir Srivastava. Potential usefulness of apolipoprotein A2 isoforms for screening and risk stratification of pancreatic cancer. Biomark Med. 2016 Nov;10(11):1197-1207.
2. 三浦奈美、本田一文:「膵がん患者血中におけるapolipoprotein A2 (apoA2)アイソフォームのバイオマーカーとしての有用性」血液フロンティア 2016:26:1399-1407.
3. 松尾朗 どの症例をどのように紹介すればよいか!?:開業医でできる?できない?口腔外科.実践歯学ライブラリー、デンタルダイヤモンド 41(7)28-35, 2016.
4. 浜田勇人,松尾朗:術後に出現する腫脹の原因と治療法(Q&A).DENTAL DIAMOND 41(11):133-134, 2016.

ページの先頭に戻る

学会発表

1. Kotaro Kaneko, Marie Hoshino, Yoichi Miyamoto, Kentro Yoshimura, Dai Suzuki, Risa Tsukuura, Takaaki Akaike, Daichi Chikazu, Kazuyoshi Baba, Ryutaro Kamijo: Reactive sulfur species promotes bone elongation; The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. 2016.5.20-22 (Sendai, Japan).
2. Hayato Hamada, Akira Matsuo, Takuya Murata, Hidenori Oba, and Daichi Chikazu: The evaluation method for early detection of Medication-Related Osteonecrosis of the mandible using computed tomography; 23rd Congress of the European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery. 2016.9.13-16 (London, UK).
3. Yasuyuki Fujii, Yoko Kawase-Koga, and Daichi Chikazu: Highly efficient osteogenic differentiation of human dental pulp stem cells using a helioxanthin-derivative; 23rd Congress of the European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery. 2016.9.13-16 (London, UK).
4. Michihide Kono, Takafumi Satomi, On Hasegawa, Harutsugu Abukawa, Masato Watanabe, Yoko Koga, and Daichi Chikazu: The clinicopathological study of M2 macrophages expression in oral squamous cell carcinoma; 23rd Congress of the European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery. 2016.9.13-16 (London, UK).
5. Yoko Kawase-Koga, Yasuyuki Fujii, Mikiko Ikehata, Naoki Ikehata, Michihide Kono, Harutsugu Abukawa, and Daichi Chikazu: The usefulness of early plate removal in patients with occlusal discrepancies after sagittal split ramus osteotomy; Focusing on positional relation of temporomandibular joint; 23rd Congress of the European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery. 2016.9.13-16 (London, UK).
6. Takafumi Satomi, Michihide Kohno, On Hasagawa, Harutsugu Abukawa, Masato Watanabe, Yoko Koga, Jinichi Fukuda, and Daichi Chikazu: Submental flap for reconstruction of oral and maxillofacial defects: Evaluation of submental vessels by color Doppler ultrasonography; 23rd Congress of the European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery. 2016.9.13-16 (London, UK).
7. Hiroaki Suzuki, Junichiro Takeuchi, Kenji Matsuo, Yasumasa Kakei, Akira Kimoto, Takumi Hasegawa, Masaya Akashi, Daichi Chikazu, and Takahide Komori: A clinical study of injured patients treated with dental implants; 23rd Congress of the European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery. 2016.9.13-16 (London, UK).
8. Ai Enomoto, Takashi Yasuda, Eiichi Sato, Toshitaka Nagao, and Daichi Chikazu: Intraepithelial CD8 (+) lymphocyte infiltration as a predictive biomarker of oral lichen planus; 13th Biennial Congress of EAOM, 2016.9. 15-17 (Torino, Italy)
9. Yuya Yoneyama, Tomonori Matsuno, Yoshiya Hashimoto, and Daichi Chikazu: In vitro evaluation of H2O2 hydrothermal treatment of aged titanium surface to enhance biofunctional activity; International Dental Materials Congress 2016 (IDMC2016), 2016.11.4-6 (Bali, Indonesia)
10. Kazufumi Honda, Nami Miura, Hideaki Shiraishi, Kaoru Onidani, Hirokazu Shoji, Tesshi Yamada, Yutaka Fujiwata, Yuichiro Ohe: Assessment of efficacy of adjuvant chemotherapy for non-small cell lung cancer with metastatic ability involving ACTN4; European Society Molecular Oncology (ESMO), 2016.10.7-11 (Copenhagen, Denmark)
11. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Takuji Okusaka, Chigusa Morizane, Jo Ann Rinaudo, Ying Huang, Tracey Marsh, Shoji Nakamori, Masashi Shimahara, Takaaki Ueno, Akihiko Tsuchida, Naohiro Sata, Tatsuya Ioka, Tomoo Kosuge, Yohichi Yasunami, Masaru Yoshida, Takeshi Azuma, Sudhir Srivastava, Tesshi Yamada: Plasma biomarker for detecting early stage and risk disease of pancreatic cancer by apolipoprotein A2 isoforms; The 20th meeting of International Association of Pancreatology, 2016.8.4, (Sendai, Japan)
12. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Takuji Okusaka, Chigusa Morizane, Jo Ann Rinaudo, Ying Huang, Tracey Marsh, Shoji Nakamori, Masashi Shimahara, Takaaki Ueno, Akihiko Tsuchida, Naohiro Sata, Tatsuya Ioka, Tomoo Kosuge, Yohichi Yasunami, Masaru Yoshida, Takeshi Azuma, Sudhir Srivastava, Tesshi Yamada: Plasma biomarker for detection of early-stage pancreatic cancer and risk factors for pancreatic malignancy using antibodies for apolipoprotein-A2 isoforms; The 52th Annual Meeting of American Society Clinical Oncology (ASCO), 2016.6.3-7 (Chicago, USA)
13. 長谷川温、里見貴史、渡辺正人、河野通秀、池畑直樹、古賀陽子、近津大地:若手口腔外科医の助手から術者への道;第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会、2016年1月21-22日、横浜市開港記念会館、横浜
14. 池田哲也、宮本重樹、渡邉 純、近津大地:頭頸部放射線治療に伴う口腔乾燥症に対するピロカルピン塩酸塩(サラジェン®)の効果についての検討;第25回日本有病者歯科医療学会総会・学術集会、2016年3月4-6日、タワーホール船堀、東京
15. 笠原由香、高橋英俊、安田卓史、古賀陽子、森光麗子、森 真美、関根萌美、宮﨑留美子、高城由紀、近津大地:東京医科大学病院における周術期口腔機能管理の取り組みー医科・歯科医療連携の実際--;第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会、2016年4月23-24日、京葉銀行文化プラザ、千葉
16. 榎本愛、佐藤永一、長尾俊孝、近津大地:Intraepithelial CD8 lymphocyte infiltration as a predictive biomarker of oral lichen planus;第105回日本病理学会総会、2016年5月12-14日、仙台国際センター、宮城
17. 大場英典、濵田勇人、村田拓也、森下由紀雄、近津大地、松尾 朗:舌根部に生じた硝子化明細胞癌NOSの1例;第201回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会、2016年5月21日、高崎ビューホテル3Fあかぎ、群馬
18. 河野通秀、里見貴史、長谷川温、虻川東嗣、渡辺正人、古賀陽子、近津大地:口腔扁平上皮癌におけるマクロファージ発現様式の臨床病理学的検討;第177回東京医科大学医学会総会、2016年6月4日、東京医科大学、東京
19. 古賀陽子、藤居泰行、池畑美紀子、虻川東嗣、長濱浩平、近津大地:下顎枝矢状分割術後の早期プレート抜去術の有用性:顎関節の検討;第26回日本顎変形症学会総会・学術大会、2016年6月24-25日、学術総合センター、東京
20. 河野通秀、里見貴史、長谷川温、渡部正人、池畑直樹、榎本 愛、虻川東嗣、古賀陽子、近津大地:口腔扁平上皮癌におけるマクロファージ発現様式の臨床病理学的検討;第40回日本頭頸部癌学会、2016年6月9-10日、ソニックシティ、埼玉
21. 木本 明、里見貴史、奧山文子、河野通秀、長谷川温、渡辺正人、古賀陽子、近津大地:観血的処置を行った関節突起骨折の臨床的検討;第16回日本外傷歯学会総会・学術大会、2016年7月16-17日、神戸大学医学部会館シスメックスホール、神戸
22. 虻川東嗣、小川 隆、岡本彩子、近津大地:顎関節機能評価やパノラマX線検査は進行性下顎頭吸収のスクリーニングに役立つか?;第29回日本顎関節学会総会・学術大会、2016年7月17-18日、湯本富士屋ホテル、神奈川
23. 鈴木啓明、望月文子、吉村健太郎、宮本洋一、金子児太郎、井上富雄、近津大地、高見正道、上條竜太郎:Bropirimineはinterferon-の産生を介して破骨細胞分化を抑制する;第34回日本骨代謝学会学術集会、第3回アジア太平洋骨代謝学会議、2016年7月20-23日、大阪国際会議場、大阪
24. 金子児太郎、星野真理江、宮本洋一、赤池孝章、井田智章、藤井重元、近津大地、馬場一美、上條竜太郎: 8-NO2-cGMPは骨の伸長を促進する内因性シグナル分子である;第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016年8月30-31日、仙台国際センター、宮城
25. 安田卓史、丹保彩子、榎本 愛、近津大地:胖大舌に生じた舌炎に対し五苓散および立効散の合方が奏功した1例;第26回日本口腔内科学会・第29回日本口腔診断学会合同学術大会、2016年9月23-24日、さん太ホール・さん太ギャラリー・山陽新聞本社ビル9階大会議室、岡山
26. 林 光弘、石川裕子、柴崎ゆかり、天谷圭吾、三坂武温、松永忠東、小川 隆:実臨床におけるOsteonecrosis of Jaw(ONJ)の頻度は臨床試験の約10倍高い;第54回日本癌治療学会学術集会、2016年10月20日、パシフィコ横浜、横浜
27. 宮本重樹、金子忠良、池田哲也、近津大地、齋藤康一郎:新型プローブを用いたinterstitial photodynamic therapyにおける抗腫瘍効果の基礎的検討;第37回日本レーザー医学会総会、2016年10月21-22日、旭川グランドホテル、旭川
28. 金子児太郎、近津大地:8-NO2-cGMPは骨の伸長を促進する内因性シグナル分子である;第178回東京医科大学医学会総会、2016年11月5日、東京医科大学、東京
29. 池畑直樹、近津大地、高梨正勝、黒田雅彦:口腔癌におけるTLR2の発現と機能解析;第178回東京医科大学医学会総会、2016年11月5日、東京医科大学、東京
30. 高橋英俊、松尾 朗、仲井孝之、田賀 仁、多田昌功、羽鳥綾乃、近津大地:閉塞性睡眠時無呼吸症患者に対する口腔内装置の下顎前方移動量およびセファロメトリー分析に対する検討;第15回日本睡眠歯科学会総会・学術集会、2016年11月12-13日、日本大学会館大講堂、東京
31. 金子児太郎、星野真理江、宮本洋一、宇山理紗、近津大地、上條竜太郎:新規内因性シグナル分子8-NO2-cGMPは骨の伸長を促進する;第53回日本口腔組織培養学会学術大会総会、2016年11月17-18日、石川県立美術館、石川
32. 池田哲也、宮本重樹、佐藤麻梨香、里見貴史、近津大地、齋藤康一郎:当科における白板症の臨床病理組織学的検討;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
33. 虻川東嗣、小川 隆、近津大地:再生医療の臨床応用のためのプレクリニカルモデル -ヒトとミニブタモデルの比較-;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
34. 池田哲也、宮本重樹、田村まどか、加賀あかり、佐藤麻梨香、近津大地、里見貴史、宇都宮紀子、齋藤康一郎:当院における周術期管理外来での口腔衛生評価の取り組み;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
35. 小松紀子、渡邉絵理、里見貴史、近津大地、高戸 毅、福田仁一:関節リウマチ患者に生じたメトトレキサート誘発上顎歯肉悪性リンパ腫の1例;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
36. 小川 隆、虻川東嗣、渡邉 純、近津大地:進行性下顎頭吸収に伴う咬合不全にして下顎骨骨延長術と顎矯正手術を行った1例;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
37. 安田卓史、丹保彩子、榎本 愛、古賀陽子、近津大地:口腔粘膜の痛みを中心とした口腔異常感症に対して加味逍遥散が奏功した1例;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
38. 長谷川温、河野通秀、里見貴史、渡辺正人、榎本 愛、木本 明、米山勇哉、池畑直樹、古賀陽子、近津大地:FDG PET/CT検査と生物学的特性の相関における口腔扁平上皮癌の悪性度と予後を検討する;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
39. 加賀あかり、池田哲也、宮本重樹、佐藤麻梨香、田村まどか、近津大地、里見貴史、宇都宮紀子、齋藤康一郎:周術期管理外来を受診した全ての患者の口腔内環境について;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
40. 田村まどか、池田哲也、宮本重樹、佐藤麻梨香、加賀あかり、近津大地、里見貴史、宇都宮紀子、齋藤康一郎:当院における周術期口腔衛生管理開始により判明した導入時の問題点;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
41. 濱田勇人、松尾 朗、大場英典、井上 薫、古賀陽子、里見貴史、近津大地:下顎骨に発症した薬剤関連顎骨壊死におけるCT値を用いた骨評価について;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
42. 丹保彩子、小峰梨果、丸川浩平、能崎晋一:下唇に発生した周辺性エナメル上皮腫の1例 -免疫化学的所見を中心に-;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
43. 丸川浩平、小峰梨果、丹保彩子、能崎晋一:免疫不全が明らかでない高齢者の下顎骨に生じたリンパ増殖性疾患の1例;第61回日本口腔外科学会総会・学術大会、2016年11月25-27日、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉
44. 井上 薫、虻川東嗣、丹保彩子、小川 隆、近津大地:顎関節に発生した偽痛風の1例;第202回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会、2016年12月10日、千代田放送会館ホール、東京

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. Akira Matsuo: Qualitive and quantitive virtual planning of the implant and the bone regenerative surgery; PLENARY SESSION II. THE FUTURE IS NOW: NEW TECHNOLOGIES APPLIED TO IMPLANTOLOGY. 16 congreso de Cirugia Oral e Implantologia, 2016.10.9-10 (Alicante, Spain)
2. Akira Matsuo: Comprehensive therapeutic strategies for the medication related osteonecrosis of the jaw; 40th World Congress of the International College of Surgeons, 2016.10.26 (International Conference Center, Kyoto, Japan)
3. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Masaru Yoshida, Sudhir Srivastava: Clinical application of plasma biomarkers for early detection of pancreatic cancer identified from proteomic profile; Asia Oceania Human Proteome Organization (AOHUPO), 2016.9.24 (Symposium in Sun moon Lake, Taiwan)
4. Kazufumi Honda: Plasma biomarker for detection of early-stage pancreatic cancer and risk factors for pancreatic malignancy; Japan US Cancer Research Workshop, 2016.3.8 (Tokyo, Japan)
5. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Sudhir Srivastava: Plasma biomarker to detect early stage and risk disease of pancreatic cancer using apolipoprotein A2 isoforms; Biomarker Summit, 2016.3.21-23 (San Diego, USA)
6. 近津大地:院内口腔ケアシステムの構築および取り組みについて;日本口腔看護研究会 第4回埼玉地区セミナー;2016年3月27日、戸田市文化会館、埼玉
7. 近津大地:院内口腔ケアシステムの構築および取り組みについて;日本口腔看護研究会 第5回東京地区セミナー;2016年9月10日、聖路加国際大学病院1階アリス・C・セントジョン・メモリアルホール、東京
8. 近津大地:地域医療連携における口腔がん検診の取り組みと展望;狛江市歯科医師会学術講演;2016年9月28日、狛江市歯科医師会事務所、東京
9. 近津大地:周術期の患者に対する口腔ケアについて;調布市歯科医師会第2回学術講演;2016年11月9日、小島町歯科診療所、東京
10. 松尾 朗:「まず骨と対話せよ!」-顎骨研究の30年間-;日本歯科大学 歯科医学講演会;2016年3月10日、日本歯科大学九段ホール、東京
11. 松尾 朗:歯科でも治せる! 睡眠時無呼吸症候群;茨城県保険医協会 市民講座;2016年5月22日、つくばサイエンスインフォメーションセンター、茨城
12. 松尾 朗:顎骨壊死を正しく知る;第36回日本骨形態計測学会 モーニングセミナー;2016年6月25日、朱鷺メッセ、新潟コンベンションセンター、新潟
13. 松尾 朗:インプラント術前処置としての骨造成について;JR東京総合病院 歯科口腔外科 医療連携懇話会;2016年7月21日、JR東京総合病院、東京
14. 松尾朗:顎骨再建における機能的なインプラント治療(骨質を中心として);第29回日本顎顔面インプラント学会 教育研修会;2016年8月28日、日本歯科大学 九段ホール、東京
15. 松尾 朗:全身状態を考慮した安全なインプラント手術;2016年度、東京医科大学茨城医療センター歯科口腔外科医療連携勉強会;2016年10月20日、東京医科大学茨城医療センター医療福祉研究センター多目的ホール、茨城
16. 松尾 朗:歯科における循環器疾患を有する患者への対応;「循環器疾患と医科歯科連携」  第66回コモンディジーズ研究会;2016年10月30日、つくば国際大学、茨城
17. 松尾 朗:インプラント落穂拾い;土浦石岡臨床懇話会;2016年10月28日、土浦市歯科医師会館、茨城
18. 松尾 朗:インプラント治療と顎骨壊死を考える;専門医教育講座 第36回日本口腔インプラント学会近畿北陸支部学術大会;2016年12月17日、富山国際会議場、富山
19. 里見貴史:安全な頸部郭清術を目指して 〜初心者が陥りやすいピットフォールとその対策〜;第60回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会;2016年11月26日、幕張メッセ、千葉
20. 古賀陽子:本邦における口腔支持療法の現状とガイドラインについて-Current issues of the oral supportive care and guidelines in Japan-;第14回日本臨床腫瘍学会学術集会;2016年7月28-30日、神戸国際展示場・神戸国際会議場、神戸
21. 古賀陽子:高齢者に対するインプラント治療を再考する-高齢者の現状とインプラント治療の考え方-;第19回 日本先進インプラント医療学会;2016年9月4-5日、一橋大学一橋講堂、東京
22. 古賀陽子:顎変形症 Initiative -患者さんの笑顔に会うために-.;第61回 公益社団法人 日本口腔外科学会総会・学術大会 ランチョンセミナー;2016年11月25-27日、幕張メッセ 国際会議場・国際展示場、千葉
23. 渡辺正人:口腔外科医の立場より静脈内鎮静法の適応および施行における現状と課題;第70回日本口腔科学会学術集会;2016年4月15-17日、福岡国際会議場、福岡
24. 丹保彩子:《病態から考える痛みの漢方治療》五苓散 半夏瀉心湯 茵蔯蒿湯;横浜歯科漢方研究会;2016年7月24日、神奈川県歯科医師会館、神奈川

受賞

1. 金子児太郎、星野真理江、宮本洋一、宇山理紗、近津大地、上條竜太郎:新規内因性シグナル分子8-NO2-cGMPは骨の伸長を促進する;第53回日本口腔組織培養学会学術大会総会、2016年11月17-18日、石川県立美術館、石川 ベストプレゼンテーション賞

ページの先頭に戻る

2015年業績

著書・共著

1. 紙田正博, 三浦奈美, 庄司広和, 本田一文: 早期膵がん・膵がんリスク疾患を検出する血液バイオマーカーの開発 -Apolipoprotein AII isoformを用いた早期膵がんの検出、オミックスで加速するがんバイオマーカー研究の最新動向 リスク評価、早期診断、治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー, 監修, 今井幸三: 遺伝子医学 MOOK29. 大阪, メディカルドゥ, 2015
2. 近津大地: 口唇裂・口蓋裂に対する上顎骨延長術 「イラストでみる口腔外科手術」第4巻, 編集, 野間弘康, 栗田賢一, 木村博人, 瀬戸晥一, 福田仁一, 山根源之, 朝波惣一郎. 東京, クインテッセンス出版, 2015, pp 256-261

原著・症例報告

1. Takafumi Watanabe, Hideki Ueno, Yukio Watabe, Nobuyoshi Hiraoka, Chigusa Morizane, Jun Itami, Takuji Okusaka, Nami Miura, Tomohiko Kakizaki, Takanori Kakuya, Masahiro Kamita, Akihiko Tsuchida, Yuichi Nagakawa, Huang Wilber, Tesshi Yamada, Kazfumi Honda: ACTN4 copy number increase as a predictive biomarker for chemoradiotherapy of locally advanced pancreatic cancer. Br J Cancer 2015 Feb; 112(4): 704-713. doi: 10.1038/bjc.2014.623.
2. Norio Okamoto, Hidekazu Suzuki, Kunimitsu Kawahara, Kazufumi Honda, Nami Miura, Tomonori Hirashima, Motohiro Tamiya, Naoko Morishita, Takayuki Shiroyama, Ayako Tanaka, Eriko Tani, Masanari Hamaguchi, Masashi Kitani, Tesshi Yamada, Ichiro Kawase: The Alternatively Spliced Actinin-4 Variant as a Prognostic Marker for Metastasis in Small-cell Lung Cancer. Anticancer Res 2015 Mar; 35(3): 1663-1667.
3. Harutsugi Abukawa, Akira Matsuo, Masato Watanabe, Michihide Kono, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: A randomized trial to identify the most effective dose of remifentanil during Le fort I osteotomy. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 2015 Jun; 73: 1073-1077.
4. Hiroaki Suzuki, Ayako Mochizuki, Kentaro Yoshimura, Yoichi Miyamoto, Kotaro Kaneko, Tomio Inoue, Daichi Chikazu, Masamichi Takami, Ryutaro Kamijo: Bropirimine inhibits osteoclast differentiation through production of interferon-b. Biochemical and Biophysical Research Communications 2015 Nov 6; 467(1): 146-151.
5. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Takuji Okusaka, Jo Ann Rinaudo Ying Huang5, Tracey Marsh, Mitsuaki Sanada, Yoshiyuki Sasajima, Shoji Nakamori, Masashi Shimahara, Takaaki Ueno, Akihiko Tsuchida, Naohiro Sata, Tatsuya Ioka, Yohichi Yasunami, Tomoo Kosuge, Nami Miura, Masahiro Kamita, Takako Sakamoto, Hirokazu Shoji, Giman Jung, Sudhir Srivastava, Tesshi Yamada: Plasma biomarker for detection of early stage pancreatic cancer and risk factors for pancreatic malignancy using antibodies for apolipoprotein-AII isoforms. Sci. Rep 2015 Nov 9; 5: 15921.
6. Harutsugi Abukawa, Takafumi Satomi, Tetsuzou Tauchi, Jun Matsubayashi, Hiroshi Kusama, Toshitaka Nagao, Yusuke Asada, Michihide Kono, Masato Watanabe, Daichi Chikazu: Management of comorbid advanced stage gingival squamous cell carcinoma and classical Hodgkin lymphoma by a combination of surgery and split ABVD chemotherapy. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 2015; 27(2): 245-249.
7. Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Yuki Kannno, Kazuto Hoshi, Tsuyoshi Takato: Short Lingual Osteotomy Using a Piezosurgery Ultrasonic Bone-Cutting Device During Sagittal Split Ramus Osteotomy. J Craniofac Surg 2015; 26(7): e567-568. doi: 10.1097/SCS.0000000000001590.
8. Sandra Konopnicki, Basel Sharaf, Cory Resnick, Adam Patenaude, Tracy Pogal-Sussman, KG Hwang, Harutsugi Abukawa H, Maria Troulis: Tissue-Engineered Bone With 3 Dimensionally Printed β-Tricalcium Phosphate and Polycaprolactone Scaffolds and Early Implantation: An In Vivo Pilot Study in a orcine Mandible Model. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 2015; 73: 1016.e1011-1016.e1011.
9. Akira Matsuo, Hayato Hamada, Hidetoshi Takahashi, Ayako Okamoto, H Kaise, Daichi Chikazu: Evaluation of dental implants as a risk factor for the development of bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw in breast cancer patients. Odontology 2015; doi:10.1007/s10266-015-0207-4.
10. Haijun Zhang, Yoko Kawase-Koga, Sun Tao: Protein expression profiles characterize distinct features of mouse cerebral cortices at different developmental stages. PLoS One 2015; 10(4): e0125608. doi: 10.1371/journal.pone.0125608.
11. 河野通秀, 渡辺正人, 浜田勇人, 藤川考, 里見貴史, 近津大地: 若年者のびまん性硬化性下顎骨骨髄炎にパミドロネートが著効した1例. 日本口腔外科学会雑誌 2015; 61(7): 368-373.
12. 宮本重樹, 小川隆, 金子忠良, 今井健一, 落合邦康, 藤井毅, 近津大地: 口腔症状によりHIV感染症が判明した2例. 有病者歯科医療 2015; 24: 74-79.
13. 浜田勇人, 古賀陽子, 虻川東嗣, 河野通秀, 藤川 考, 近津大地: ナンセンス変異によるPTCH1遺伝子を伴った母斑基底細胞症候群の1例. 日本口腔外科学会雑誌 2015; 61(2): 36-40.
14. 立花絵理子, 山口洋平, 立花哲也, 山科光正, 近津大地: 下顎歯肉に転移した肺原発多形癌の1例. 日本口腔外科学会雑誌 2015; 61(9): 458-462.

総説・プロシーディング・その他

1. 茂木伸夫, 近津大地: 口腔の有害事象 「造血細胞移植患者の口腔ケアガイドライン」, 日本口腔ケア学会編. 口腔保険協会, 東京, 2015
2. Honda Kazufumi: The biological role of actinin-4 (ACTN4) in malignant phenotypes of cancer. Cell Biosci 2015 Aug; 18(5): 41.
3. 近津大地: 口唇口蓋裂センターの設立について, 「かしわぎ」46号. 東京医科大学, 東京, 2015
4. 近津大地: Q&Aコーナー「東京医科大学病院の口唇口蓋裂センターについて教えて下さい。」, JCPF会報77(6). 日本口唇口蓋裂協会, 愛知, 2015
5. 近津大地: 「口唇口蓋裂センター」のご案内 診療連携のご案内2015. 東京医科大学病院, 東京, 2015
6. 近津大地: 上顎骨の顎矯正手術. 日本顎変形症学会雑誌 2015; 25(4): 260-264.
7. 佐々木徹, 川端一嘉, 三谷浩樹, 米川博之, 福島啓文, 新橋渉, 瀬戸陽, 小泉雄, 神山亮介, 蛯名彩, 福岡修, 日高竜太, 濱孝憲, 太田久幸, 上里迅, 白尾浩太郎, 長谷川温, 太田貴久: 早期頭頸部癌に対する治療選択 下咽頭癌に対する機能温存治療 頸部外切開による咽頭喉頭部分切除術の役割. 頭頸部癌 2015; 41(1): 1-6.
8. 松尾 朗: 骨構造を基盤とした顎堤形成術の治療選択, 口腔顎顔面インプラント, 2015
9. 松尾 朗: インプラント手術に関連する移植骨の構造について. 日本口腔インプラント学会 2015; 28(1):19-28:
10. 田賀仁: 日本睡眠歯科学会口腔内装置診療ガイドライン作成委員会の活動報告. 2015; 1(2): 148-153.

ページの先頭に戻る

学会発表

1. Hideaki Shiraishi, Yutaka Fujiwara, Takanori Kakuya, Koji Tsuta, Yukio Watabe, Shun-ichi Watanabe, Rintaro Noro, Nami Miura, Masahiro Kamita, Takehiko Kakisaki, Wiber Huang, Tesshi Yamada, Hisao Asamura, Yuichiro Ohe, Kazufumi Honda: Utility of actinin-4 protein overexpression as a predictive biomarker for the therapeutic effect of adjuvant chemotherapy for resected lung adenocarcinoma. The European Lung Cancer Conference (ELCC) 2015, 2015.4.15-18. Geneva, Switzerland
2. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayash, Takuji Okusaka, Shoji Nakamori, Masashi Shimahara, Takaaki Ueno, Akihiko Tsuchida, Naohiro Sata, Tatsuya Ioka, Yoichi Yasunami, Tomoo Kosuge, Giman Jung, Tesshi Yamada: Development for plasma biomarker for detection of early stage pancreatic cancer and risk factors for pancreatic malignancy using antibodies for apolipoprotein-AII isoforms. European Proteome Association Annual Congress 2015, 2015.6.23-28. Milano, Italy
3. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Takuji Okusaka, Shoji Nakamori, Masashi Shimahara, Takaaki Ueno, Akihiko Tsuchida, Naohiro Sata, Tatsuya Ioka, Yoichi Yasunami, Tomoo Kosuge, Giman Jung, Tesshi Yamada: Plasma biomarker for detection of early stage pancreatic cancer and risk factors for pancreatic malignancy using antibodies against apolipoprotein-AII isoforms. European Society for Medical Oncology Congress 2015, 2015.9.25-29. Vienna, Austria
4. Yoko Kawase-Koga, Yasuyuki Fujii, Daichi Chikazu: Identification of neurosphere generation from human dental pulp stem cells in completely serum-free condition. Tenth Annual Translational Stem Cell Research Conference, 2015.10.27-28. New York, USA
5. Harutsugi Abukawa, Yoko Koga, Michihide Kono, Akira Matsuo, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: A randomized trial to identify the most effective dose of dexamethasone for bilateral sagittal split osteotomies. 22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, 2015.10.27-30. Melbourne, Australia
6. Takanori Kakuya, Taisuke Mori, Yukio Watabe, Seichi Yoshimoto, Nami Miura, Takeshi Nomura, Tesshi Yamada, Huang Wilber, Takahiko Shibahara, Kazufumi Honda: Copy number of ACTN4 is a predictive indicator for late metastasis of cervical lymph nodes in early-stage tongue cancer. International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 2015, 2015.10.27-30. Melbourne, Australia
7. Michihide Kono, Takafumi Satomi, On Hasegawa, Harutsugi Abukawa, Yoko Koga, Akira Matsuo, Daichi Chikazu: Evaluation of OK-432 (Picibanil) injection therapy for intraoral ranula. 22nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, 2015.10.27-30. Melbourne, Australia
8. Hiroaki Suzuki, Tomoko Asai, Midori Kitayama, Kousuke Matsumoto, Akira Kimoto, Manabu Shigeoka, Daichi Chikazu, Takahide Komori: Effects of red light-emitting diode irradiation on the proliferation and differentiation of preosteoblastic MC3T3-E1 cells. 22st International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, 2015.10.27-30. Melbourne, Australia
9. Yasuyuki Fujii, Yoko Koga, Daichi Chikazu: Highly efficient and stable culture for human dental stem cells in Serum-free condition. THE 2015 NYSCF CONFERENCE, 2015.10.28-29. New York, USA
10. 河野通秀, 里見貴史, 長谷川温, 榎本愛, 虻川東嗣, 古賀陽子, 松尾朗, 近津大地: 当科における口腔扁平上皮癌N0症例の検討. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2015年1月29-30日. 奈良県新公会堂, 奈良
11. 岡本彩子, 桝屋二郎, 安田卓史, 松尾朗, 近津大地: 口腔顔面領域の慢性疼痛に対してDuloxetineが著効した1例. 第44回日本慢性疼痛学会, 2015年2月27-28日. ローズホテル横浜, 神奈川
12. 山崎晴佳, 池田哲也, 近津大地: 当科におけるビスフォスフォネート関連顎骨壊死(BRONJ)に対する対応について. 第24回日本有病者歯科医療学会総会・学術集会, 2015年3月20-22日. 旭川市大雪クリスタルホール, 北海道
13. 池田哲也, 山崎晴佳, 近津大地: 歯肉出血を契機に判明した後天性血友病の一例. 第24回日本有病者歯科医療学会総会・学術集会, 2015年3月20-22日. 旭川市大雪クリスタルホール, 北海道
14. 高橋英俊, 森光麗子, 安田卓史, 古賀陽子, 多田昌功, 井上薫, 近津大地: 東京医科大学病院における周術期口腔機能管理の取り組みー医科・歯科医療連携の実際--. 第24回日本有病者歯科医療学会総会・学術集会, 2015年3月20-22日. 旭川市大雪クリスタルホール, 北海道
15. 池田哲也, 藏口潤, 里見貴史, 近津大地: ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対する新しい対応方法について. 第69回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2015年5月13-15日. 大阪国際会議場, 大阪
16. 渡邉純, 里見貴史, 河野通秀, 榎本愛, 長谷川温, 虻川東嗣, 古賀陽子, 松尾朗, 近津大地: 上顎骨に発生した骨芽細胞腫の1例. 第69回日本口腔科学会, 2015年5月15日. 大阪国際会議場, 大阪
17. 田賀仁: 下顎骨に発生したまれな単純性骨嚢胞. 第69回日本交通医学会総会, 2015年5月31日. 仙台市情報・産業プラザ, 宮城
18. 虻川東嗣: 下顎枝矢状分割術でのデキサメタゾンリン酸エステルナトリウムの至適投与量は? ランダム化比較試験. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2015年6月4-5日. ベルサール神田, 東京
19. 古賀陽子, 斉藤美紀子, 河野通秀, 虻川東嗣, 長濱浩平, 鈴木巌, 近津大地: 下顎枝矢状分割術後の早期プレート抜去症例の骨癒合に対する検討. 第25回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会, 2015年6月4-5日. ベルサーレ神田, 東京
20. 安田卓史, 岡本彩子, 矢数芳英, 近津大地: 三叉神経痛難治症例に対して五苓散が著効した1例. 第66回日本東洋医学会学術総会, 2015年6月12-14日. 富山国際会議 富山市民プラザ ANAクラウンプラザホテル富山, 富山
21. 十文字里沙, 古賀陽子, 安田卓史, 高橋英俊, 森光麗子, 森真美, 近津大地: 口腔機能管理に難渋した胃酸逆流過多を呈した口腔癌患者の1例. 第12回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2015年6月27-28日. 海峡メッセ下関, 山口
22. 森真美, 高橋英俊, 森光麗子, 十文字里沙, 安田卓史, 古賀陽子, 近津大地: 東京医科大学病院における周術期口腔機能管理の取り組み. 第12回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2015年6月27-28日. 海峡メッセ下関, 山口
23. 田賀仁, 松尾朗, 高橋英俊, 近津大地: 下顎前突を呈する閉塞性睡眠時無呼吸患者に関する検討(第2報). 日本睡眠学会第40回定期学術集会, 2015年7月2-3日. 栃木県総合文化センター, 栃木
24. 安田卓史, 岡本彩子, 近津大地: 三叉神経痛(第三枝)難治症例に対して五苓散が著効した1例. 20回日本口腔顔面痛学会学術大会 第28回日本顎関節学会総会・学術大会 共催学術大会, 2015年7月4-5日. 名古屋国際会議場, 愛知
25. 岡本彩子, 桝屋二郎, 安田卓史, 松尾朗, 近津大地: 口腔顔面領域の慢性疼痛に対してDuloxetineが著効した2症例. 第20回日本口腔顔面痛学会, 2015年7月4-5日. 名古屋国際会議場, 愛知
26. 星野真理江, 金子児太郎, 宮本洋一, 近津大地, 馬場一美, 上條竜太郎, 赤池孝章: 内因性活性イオウ種はマウス軟骨細胞の増殖と骨の伸長を促進した. 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015年7月23-25日. 京王プラザホテル, 東京
27. 安田卓史, 虻川東嗣, 榎本愛, 岡本彩子, 長谷川温, 古賀陽子, 渡辺正人, 里見貴史, 近津大地: 舌癌部分切除後の舌の口蓋への擦過運動習癖悪化により生じた角化および褥瘡性潰瘍への対応の1例. 第25回日本口腔内科学会, 2015年9月18-19日. 大阪大学コンベンションセンター, 大阪
28. 岡本彩子, 桝屋二郎, 安田卓史, 井上猛, 近津大地: 口腔心身症外来受診患者の臨床統計. 第25回日本口腔内科学会学術大会, 2015年9月18-19日. 大阪大学, 大阪
29. 虻川東嗣, 河野通秀, 浜田勇人, 岡本彩子, 里見貴史, 近津大地: KTPレーザーによる病変内光凝固を行った口腔顔面領域低流速血管奇形38病変の評価(ワークショップ). 第60回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 名古屋
30. 虻川東嗣, 近津大地: 顎骨再建を目的とした骨形成因子徐放型吸収性材料の開発. 第60回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 名古屋
31. 井村英人, 夏目長門, 新美照幸, 西條英人, 笹栗正明, 三古谷忠, 松田光悦, 近津大地, 柳澤繁孝: 発展途上国における舌良性腫瘍により摂食障害を生じた1例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
32. 榎本愛, 安田卓史, 山科光正, 近津大地: Association between clinical course and cytotoxic immune response in oral lichen planus. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 名古屋
33. 河野通秀, 里見貴史, 長谷川温, 渡辺正人, 池畑直樹, 榎本愛, 虻川東嗣, 古賀陽子, 近津大地: 口腔扁平上皮癌におけるM2マクロファージ発現の臨床病理学的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
34. 古賀陽子, 藤居泰行, 池畑美紀子, 河野通秀, 長谷川温, 虻川東嗣, 渡辺正人, 里見貴史, 近津大地: 下顎枝矢状分割術後の早期プレート抜去症例の顎関節に関する検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
35. 小川隆, 仲井孝之, 斎藤建児, 宮本重樹, 近津大地: 不正咬合を伴う閉塞性睡眠時無呼吸症候群に顎矯正手術を行った精神発達遅滞の1例. 第60回日本口腔科学会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
36. 池田哲也, 藏口潤, 宮本重樹, 里見貴史, 近津大地: ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対する新しい対応方法について. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
37. 長谷川温, 里見貴史, 河野通秀, 渡辺正人, 虻川東嗣, 榎本愛, 池畑直樹, 濱田勇人, 古賀陽子, 近津大地: 粘表皮癌6例の臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
38. 渡辺正人, 榎本愛, 河野通秀, 長谷川温, 虻川東嗣, 里見貴史, 近津大地: 口腔癌において組織学的悪性度より評価した上皮間葉移行に関する免疫組織化学的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
39. 渡邉純, 池田哲也, 里見貴史, 近津大地, 齋藤康一郎: 副鼻腔真菌症と上顎洞炎との関連について. 第60回日本口腔外科学会総会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
40. 齊藤建児, 小川隆, 仲井孝之, 近津大地: 口腔内に発生した多発性骨髄腫の髄外性病変の1例. 第60回日本口腔外科学会総会, 2015年10月16-18日. 名古屋国際会議場, 愛知
41. 高橋英俊, 松尾朗, 仲井孝之, 田賀仁, 多田昌功, 旭宣明, 近津大地: 当院における閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者に対する口腔内装置の治療成績および下顎最大前方移動量に対する検討. 第14回日本睡眠歯科学会, 2015年11月21-22日. 藤田保健衛生大学, 愛知
42. 米山勇哉, 古賀陽子, 渡辺正人, 高橋英俊, 河野通秀, 濵田勇人, 里見貴史, 松尾朗, 近津大地: 重度な骨欠損を有する両側性唇顎口蓋裂患者に対しインプラント治療を行った1例. 第19回公益社団法人日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 2015年11月28−29日. メリキュールホテル横須賀, 神奈川
43. 桝井美奈, 虻川東嗣, 渡辺正人, 古賀陽子, 里見貴史, 鈴木隆史, 近津大地: 顎矯正手術を施行した type 1 von Willebrand disease 症例の止血管理. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会, 2015年12月19日. 東京大学, 東京

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. 本田一文: 【オールジャパンの創薬支援-創薬立国日本に向けて】 「シスプラチン耐性克服に向けた創薬を目指して-進行卵巣がんのシスプラチン耐性腫瘍に対する創薬-
. 日本医療研究開発機構設立準備委員会、医薬基盤研究所、理化学研究所、産業総合研究所共催 創薬支援ネットワーク・シンポジウム, 2015年1月16日. グランフロント大阪 ナレッジシアター, 大阪
2. 本田一文: 公開講座「口腔がん治療の均てん化・標準化」特別講演「がん個別化医療・早期診断バイオマーカーの開発と実用化」. [文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン]-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-4大学合同事業:慶應義塾大学・東海大学・東京歯科大学・信州大学, 2015年2月8日. 新宿NSビル, 東京
3. 伊能智明: HIV感染症の口腔症状の経験. 平成26年度東京都歯科向けエイズ講習会, 2015年2月17日. 調布市文化会館たづくり, 東京
4. 田賀 仁: 副作用と医療連携. 睡眠歯科学会~睡眠の基礎を学ぼう~歯科医師のための睡眠学セミナー, 2015年2月22日. JR東京総合病院, 東京
5. 本田一文: がん個別化医療・早期診断バイオマーカーの開発と実用化. 分子病態イメージング研究プログラム不定期講演会, 2015年3月6日. 独立行政法人 放射線医学総合研究所,
6. 松尾朗: ワークショップ1 睡眠時無呼吸症候群に対する顎矯正手術の適応を考える 睡眠医療から見たMMAの適応と問題点. 第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月15日. 大阪国際会議場, 大阪
7. 近津大地: 上顎骨の顎矯正手術 矯正歯科医のための顎矯正手術術式解説--骨切り部位と可能な顎骨移動方向の確認. 日本顎変形症学会第11回教育研修会, 2015年6月5日. ベルサール神田, 東京
8. 古賀陽子: 「医科歯科連携における口腔ケアの重要性」. キッセイ薬品工業株式会社K-ネットカンファレンス. キッセイ薬品工業株式会社K-ネットカンファレンス, 2015年6月9日. キッセイ薬品工業株式会社本社, 東京
9. 田賀仁: 睡眠歯科学会エキスパートセミナーエキスパート施設紹介. 2015年7月4日. 栃木県総合文化センター, 栃木
10. 近津大地: 顎変形症症例の術前・術中・術後. CMF Open Discussion & Conference 2015, 2015年7月11日. ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)J-Oneタワー, 東京
11. 本田一文: 新技術を支える質のよい臨床サンプルの収集を目指して. 日本プロテオーム学会2015年会, 2015年7月23日. くまもと森都心プラザ,
12. 田賀仁: ワークショップ歯科・口腔内病変について. 第3回日本結節性硬化症学会学術総会, 2015年10月17日. JR東京総合病院, 東京
13. 本田一文: 膵がん検診の効率化を目指した血液バイオマーカーの実用化. 実用化に向けた国立がん研究センター創薬シーズ発表会, 2015年11月6日. 日本橋ライフサイエンスハブ,
14. 本田一文: 「がん細胞の浸潤・転移に関与する細胞突起形成に必須なアクチニン4の生物学的機能」. 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月20日. 熊本大学薬学部,
15. 田賀仁: OSASのOA治療 医療連携のための講習会. 東京歯科保険医協会講演会, 2015年11月29日. エムワイ高田馬場, 東京
16. 森光麗子 古賀陽子: 「歯周病と全身のかかわり」. 第103回東京医科大学病院 市民公開講座, 2015年12月18日. 東京医科大学病院, 東京
17. 松尾朗: 睡眠歯科医学の最前線. 第5 回つくば毛利歯科 年末セミナー, 2015年12月19日. つくば国際会議場, 茨城

2014年業績

著書・共著

1. 岡本彩子: 「歯科の痛みを見極める 診断・治療 50のQA ~心気症による舌痛症~」 監修 和嶋浩一, 東京, デンタルダイヤモンド社, 2014, pp96-97
2. 松尾朗: びまん性硬化性骨髄炎, 「薬 `15/`16 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本」. 東京, クインテッセンス出版, 2014, pp50-51
3. 小林信, 山田哲司, 本田一文: 臨床材料を用いたアレイ基盤プロテオミクスを用いた創薬標的・バイオマーカーの開発. 「臨床プロテオミクス, 医学のあゆみ 251 (10)」. 東京, 医歯薬出版株式会社, 2014, pp980-983
4. 三浦奈美, 紙田正博, 本田一文, 山田哲司: プロテオーム解析による膵癌診断方法の開発 「膵癌治療 up-to-date 2015」. 東京, 医歯薬出版株式会社, 2014, pp91-98

原著・症例報告

1. Harutsugi Abukawa, Takafumi Satomi, Tetsuzou Tauchi, Jun Matsubayashi, Hiroshi Kusama, Toshitaka Nagao, Yusuke Asada, Michihide Kohno, Masato Watanabe, Daichi Chikazu: Management of comorbid advanced stage gingival squamous cell carcinoma and classical Hodgkin lymphoma by a combination of surgery and split ABVD chemotherapy. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol 2014: available online 21 April 2014.
2. Eisuke Kobayashi, Reiko Satow, Masaya Ono, Mari Masuda, Kazufumi Honda, Tornohiro Sakuma, Akira Kawai, Hideo Morioka, Yoshiaki Toyama, Tesshi Yamada: MicroRNA expression and functional profiles of osteosarcoma. Oncology 2014; 86(2): 94-103.
3. Hayato Hamada, Akira Matsuo, Toshiyuki Koizumi, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: A simple evaluation method for early detection of bisphosphonate-related osteonecrosis of the mandible using computed tomography. J Craniomaxillofac Surg 2014; 42(6): 924-929.
4. Hisako Hikiji, Ken Tomizuka, Tetsushi Taguchi, Hiroyuki Koyama, Daichi Chikazu, Yoshiyuki Mori, Tsuyoshi Takato: An in vivo murine model for screening cranial bone regenerative materials: testing of a synthetic collagen gel. J Mater Sci Mater Med 2014; 25(6): 1531-1538.
5. Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Yuki Kanno, Kazuto Hoshi, Tsuyoshi Takato: Short lingual osteotomy using a Piezosurgery® ultrasonic bone-cutting device during sagittal split ramus osteotomy. J Craniofac Surg in press:
6. Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Hideto Saijo, Kazuto Hoshi, Tsuyoshi Takato: Reconstruction of a complex midface defect from excision of a squamous cell carcinoma, according to regional aesthetic units. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol 2014; 117(2): e97-e101.
7. Mari Masuda, Wei-Yu Chen, Akihiko Miyanaga, Yuka Nakamura, Kumiko Kawasaki, Tomohiro Sakuma, Masaya Ono, Chi-Long Chen, Kazufumi Honda, Tesshi Yamada: Alternative mammalian target of rapamycin (mTOR) signal activation in sorafenib-resistant hepatocellular carcinoma cells revealed by array-based pathway profiling. Mol Cell Proteomics 2014; 13(6): 1429-1438.
8. Akira Matsuo, Hayato Hamada, Hiroshi Kaise, Daichi Chikazu, Kimito Yamada, Norio Kohno: Characteristics of the early stages of intravenous bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw in patients with breast cancer. Acta Odontologica Scandinavica, Early Online 2014: 1-8.
9. Kenji Mitsudo, Toshiyuki Koizumi, Masaki Iida, Toshinori Iwai, Hideyuki Nakashima, Senri Oguri, Mitomu Kioi, Makoto Hirota, Izumi Koike, Masaharu Hata, Iwai Tohnai: Retrograde superselective intra-arterial chemotherapy and daily concurrent radiotherapy for stage III and IV oral cancer: analysis of therapeutic results in 112 cases. Radiother Oncol 2014; 111(2): 306-310.
10. Shigeki Miyamoto, Daichi Chikazu, Takashi Yasuda, Ai Enomoto, T Oh-i, Y Hirako, A Tsuchisaka, A Yasukochi, R Sogame, K Teye, H Koga, N Ishii, H Qian, X Li, T Hashimoto: A case of oral mucous membrane pemphigoid with IgG antibodies to integrin a6b4. Br J Dermatol 2014; 171(6): 1555-1557.
11. Nobuaki Tanaka, Taku Yamashita, Sohei Yamamoto, Takeshi Matsunobu, Hitoshi Tsuda, Kazufumi Honda, Tesshi Yamada, Seiichi Tamai, Akihiro Shiotani: Histological growth pattern of and alpha-actinin-4 expression in thyroid cancer. Anticancer Res 2014; 34(6): 3157-3163.
12. Kazumi Ohkubo, Takkafumi Susami, Takato Inokuchi, Mari Okayasu, Naoko Takahashi, Kiwako Uwatoko, Natsuko Uchino, Hideyuki Suenaga, Yoko Koga, Hideto Saijo, Yoshiyuki Mori, Tsuyoshi Takato: Incisor inclination after presurgial orthodontic treatment in patients with mandibular prognathism. J pn. J. Jaw Deform 2014; 24(1): 16-26.
13. Kentarou Okuno, Kazumichi Sato, Takehiro Arisaka, Kyoko Hosohama, Motohiro Gotoh, Hitoshi Taga, Yasuhiro Sasao, Saku Hamada: The effect of oral appliances that advanced the mandible forward and limited mouth opening in patients with obstructive sleep apnea: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Jounal of Oral Rehabilitation 2014; 12162: 1-13.
14. Hideto Saijo, Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Ichiro Seto, Masanobu Abe, Kazumi Ohkubo, Kazuto Hoshi, Tsuyoshi Takato: Application of percutaneous zygomatic arch osteotomy for protrusion deformity of the zygoma following facial fracture surgery. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol 2014; 26(2): 138-141.
15. Takafumi Satomi, On Hasegawa, Harutsugu Abukawa, Michihide Kohno, Ai Enomoto, Daichi Chikazu, Jun Matsubayashi, Toshitaka Nagao: Exceptionally large solitary fibrous tumor arising from the cheek: an immunohistochemical and ultrastructural study with a review of the literature. Med Mol Morphol 2014; 47(2): 108-116.
16. Takafumi Satomi, Michihide Kohno, Ai Enomoto, Harutsugu Abukawa, Ko Fujikawa, Toshiyuki Koizumi, Daichi Chikazu, Jun Matsubayashi, Toshitaka Nagao: Solitary myofibroma of the mandible: an immunohistochemical and ultrastructural study with a review of the literature. Med Mol Morphol 2014; 47(3): 176-183.
17. Takahiro Watanabe, Hideki Ueno, Yukio Watabe, Nobuyoshi Hiraoka, Chigusa Morizane, Jun Itami, Takuji Okusaka, Nami Miura, Tomohiko Kakizaki, Takanori Kakuya, Masahiro Kamita, Akihiko Tsuchida, Yuici Nagakawa, Wilber Huang, Tesshi Yamada, Kazufumi Honda: ACTN4 copy number increase as a predictive biomarker for chemoradiotherapy of locally advanced pancreatic cancer. Br. J. Cancer In press:
18. Yukiko Watanabe, Taisuke Mori, Siichi Yoshimoto, Takeshi Nomura, Takahiko Shibahara, Tesshi Yamada, Kazufumi Honda: Copy number increase of ACTN4 is a prognostic indicator in salivary gland carcinoma. Cancer Med 2014; 3(3): 613-622.

総説・プロシーディング・その他

1. Yoko Kawase-Koga, Hideto Saijo, Kazuto Hoshi, Yoshiyuki Mori, Tsuyoshi Takato. Hoshi K: Surgical management of odontogenic myxoma: a case report and review of the literature. BMC Res Notes. 2014; 7: 214-221
2. 近津大地: 下顎枝垂直骨切り術の手術手技について. 小児口腔外科24(3): 145-150, 2014.
3. 近津大地: 巻頭言 「ヘルシンキ宣言」50年の節目にあたり. 有病者歯科医療2014; 23:
4. 松尾朗: 骨代謝疾患治療薬の顎骨に対する影響,ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の最前線. 日健康医療誌 2014; 2: 40-48
5. 松尾朗: 歯の再生医学. 東京医科大学医学会誌 2014; 72: 138-140
6. 山田哲司,野呂林太郎,本田一文: 肺がんの予後予測と遺伝子シグナチャー (特集 がん分子診断のパラダイムシフト) 最新医学 2014; 69: 2512-2519

ページの先頭に戻る

学会発表

1. Kazufumi Honda, Yukio Watabe, Takeshi Nomura, Takahiko Shibahara, Wilber Huang, Wei-Yu Chen, Chi-Long Chen, Tesshi Yamada. Actinin-4 is a predictive biomarker for late metastasis of stage I-II tongue cancer to cervical lymph nodes. 2014 Annual Congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, 2014.3.8. Tainan, Taiwan
2. Kazufumi Honda, Tesshi Yamada. Gene amplification of ACTN4 is a predictor of cancer metastasis. 15th International Biennial Congress of the Metastasis Research Society. German Cancer Research Center. 2014.6.30. Heidelberg Germany
3. Toshiyuki Koizumi, Kenji Mitsudo, Masaki Iida, Hideyuki Nakashima, Toshinori Iwai, Senri Oguri, Mitomu Kioi, Makoto Hirota, Iwai Tohnai: Preoperative thermochemoradiotherapy using retrograde superselective intra-arterial infusion via superficial temporal and occipital arteries for advanced oral cancer with cervical lymph node metastases. The 6st Asian congress of hyperthermic oncology, 2014.9.5-6. Fukui, Japan
4. Harutsugi Abukawa, Toshiyuki Koizumi, Ko Fujikawa, Michihide Kohno, Takafumi Satomi, Akira Matsuo, Daichi Chikazu: Evaluation of the Most Effective Dose of Remifentanil During Le Fort I Osteotomy. AAOMS 96th Annual Meeting, 2014.9.8-13, Hawaii, USA
5. Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Yasuyuki Fujii, Yuki Kanno, Takahiro Abe, Masanobu Abe, Hideyuki Suenaga, Madoka Sugiyama, Hideto Saijo, Daichi Chikazu, Kazuto Hoshi, Takafumi Susami, Tuyoshi Takato: Clinical study of the complications at proximal segment with intraoral vertical ramus osteotomy (IVRO); related to the osteotomy line? AAOMS 96th Annual Meeting, 2014, 9, 8-13. Honolulu, Hawaii, USA
6. Ai Enomoto, Takafumi Satomi, Mitsumasa Yamashina, Harutsugi Abukawa, Michihide Kohno, Ko Fujikawa, Toshiyuki Koizumi, Akira Matsuo, Toshitaka Nagao, Daichi Chikazu: A Case of Ameloblastic Fibrodentinoma of the Mandible. AAOMS 96th Annual Meeting, 2014. 9. 8-13. Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA.
7. Takashi Yasuda, Ai Enomoto, Ayako Okamoto, Takafumi Satomi, Akira Matsuo, Daichi Chikazu: Experience using Go-rei-San, a Kampo medicine. for stomatitis (glossitis). 12th Biennial Congress of EAOM, 2014.9. 11-13. Antalya, Turkey
8. Matsuo Akira, Yago Kaori, Sekine Joji, Souichiro Asanami, Seto Kanichi. Clinical Investigation of Dental Implant Treatments in Patients Administered with Bisphosphonates. EAO 23rd Annual Scientific meeting, 2014.9.25-27. Roma, Italy
9. Hayato Hamada, Akira Matsuo, Hidetoshi Takahashi, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: Mandibular reconstruction using a tray with PCBM and PRP is a stable and reliable method for dental implant treatment; EAO 23rd Annual Scientific Meeting. 2014.9.25-27. Roma, Italy
10. Kazufumi Honda, Michimoto Kobayashi, Giman Jung, Tesshi Yamada. Possible Detection of Early-Stage Pancreatic Cancer by Measuring Plasma Apolipoprotein-AII isoforms. Scientific Workshop, National Cancer Institute, Early Detection Research Network, 2014.10.10. Bethesda, USA.
11. 榎本 愛, 里見 貴史, 長谷川 温, 河野 通秀, 虻川 東嗣, 小泉 敏之, 松尾 朗, 近津 大地: 下顎歯肉に発生した炎症性筋繊維芽細胞性腫瘍の1例. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2014年1月23-24日. 札幌コンベンションセンター, 札幌
12. 高橋英俊, 松尾朗, 仲井孝之, 田賀仁, 北村剛一, 近津大地: 睡眠時無呼吸症候群に対する改良型上下顎前方移動術後の長期評価. 第68回日本口腔科学会, 2014年5月7-9日. 京王プラザホテル, 東京
13. 虻川 東嗣, 松尾 朗, 小泉 敏之, 藤川 考, 河野 通秀, 浜田 勇人, 岡本 彩子, 里見 貴史, 近津 大地: 特発性下顎頭吸収患者5例の臨床病態に関する検討 特に活動性病変と非活動性病変の鑑別について. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2014年6月10-11日. アクロス福岡, 福岡
14. 古賀陽子, 森良之, 藤居泰行, 菅野勇樹, 末永英之, 安部貴大, 西條英人, 井口隆人, 岡安麻里, 大久保和美, 須佐美隆史, 高戸毅: 下顎枝垂直骨切り術(IVRO)における近位骨片に関する偶発症の検討. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2014年6月10-11日. アクロス福岡, 福岡
15. 安田卓史,岡本彩子,矢数芳英,近津大地:口内炎(舌炎)に対する五苓散の使用経験.第65回日本東洋医学会学術総会,2014年6月27-29日.東京国際フォーラム,東京
16. 岡本彩子、安田卓史、小泉敏之、里見貴史、松尾朗、近津大地: 歯痛・歯肉痛に立効散が奏功した1例, 第65回東洋医学会総会, 2014年6月27-29日. 東京国際フォーラム, 東京
17. 高橋英俊, 松尾朗, 仲井孝之, 田賀仁, 北村剛一, 近津大地: 睡眠時無呼吸症候群に対する改良型上下顎前方移動術後の長期評価. 第39回日本睡眠学会, 2014年7月3-4日. あわぎんホール, 徳島
18. 幸塚裕也, 磯野史朗, 田賀 仁, 中村杏理, 飯島毅彦, 桑迫勇登: 閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置治療の治療予測因子の検討. 第39回日本睡眠学会, 2014年7月3-4日. あわぎんホール, 徳島
19. 岡本彩子、松尾朗、虻川東嗣、浜田勇人、渡邊純、西山信宏、川口幸江、許斐氏元、近津大地: 顎関節症と耳疾患の関係に関する臨床研究 ~第1報~, 第27回日本顎関節症学会総会・学術大会, 2014年7月19-20日. 九州大学百年講堂, 福岡
20. 岡本彩子、安田卓史、榎本愛、山川 樹、松尾 朗、枡屋二郎、近津大地: 東京医大病院における舌痛を主訴に受診した患者への対応. 第29回日本歯科心身医学会総会, 2014年7月26-27日. 神奈川歯科大学, 神奈川
21. 安田卓史,岡本彩子,榎本 愛,里見貴史,松尾 朗,桝谷二郎,近津大地:精神医学アプローチが著効した剥離性口唇炎の1例.第24回日本口腔内科学会学術大会2014年9月19-20日. 九州大学医学部百年講堂,福岡
22. 岡本彩子、安田卓史、里見貴史、松尾 朗、近津大地: 胖大舌を伴う舌痛に対して五苓散が著効した1例. 第24回日本口腔内科学会, 2014年9月19-20日. 九州大学百年講堂, 福岡
23. 田賀 仁, 江野幸子, 青木秀啓, 河野千代子, 山田嘉仁, 松尾 朗: Angle class Ⅲを呈する閉塞性睡眠時無呼吸症患者についての検討. 第13回日本睡眠歯科学会, 2014年10月8-9日. 日大会館, 東京
24. 宮本重樹, 小川隆, 近津大地: FDG-PET/CTを契機に発見された頬粘膜Sialadenoma papilliferumの1例. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
25. 佐藤麻梨香, 池田哲也, 蔵口潤, 甲能直幸, 里見貴史, 近津 大地: 当科における片側性副鼻腔炎について検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
26. 齊藤建児, 里見貴史, 河野通秀, 榎本愛, 長谷川温, 虻川東嗣, 藤川考, 古賀陽子, 松尾朗, 近津大地:舌に発生した腺扁平上皮癌の1例;第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日, 幕張メッセ, 千葉
27. 十九浦リサ, 渡辺正人, 豊田潤, 山本海生, 多田昌功, 近津大地: 全顎歯肉に生じたProliferative verrucous leukoplakia: 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
28. 小川 隆, 仲井孝之, 村田拓也, 近津大地: 咬合不全を呈した変形性顎関節症に対して顎矯正手術を行った1例. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
29. 小泉敏之,光藤健司,小栗千里,岩井俊憲,飯田昌樹,柴崎麻衣子,中島英行,廣田 誠,來生 知,藤内 祝: 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法の検討-頬粘膜扁平上皮癌の治療効果-. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
30. 小泉敏之,光藤健司,小栗千里,岩井俊憲,飯田昌樹,柴崎麻衣子,中島英行,廣田 誠,來生 知,藤内 祝: 口腔癌頸部リンパ節転移への超選択的動注化学放射線療法とハイパーサーミアの併用療法. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
31. 小泉 雄, 白尾浩太郎, 長谷川 温, 太田貴久: 当院での口腔癌に対する舌喉頭全摘術の現状と予後に関する検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
32. 白尾浩太郎, 小泉 雄, 長谷川 温, 太田貴久: 当院における口腔がん症例(253例)のSSIサーベイランスの報告.  第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
33. 浜田勇人, 松尾朗, 近津大地: 当科におけるビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)Stage3症例の臨床的検討, 2014年10月17-19日. 幕張メッセ, 千葉
34. 榎本愛, 佐藤永一, 安田卓史, 長尾俊孝, 近津大地: 口腔扁平苔癬における臨床像と免疫担当細胞浸潤の関連. 第174回 東京医科大学医学会総会, 2014年11月1日, 東京医科大学病院, 東京
35. 高橋英俊, 松尾朗, 浜田勇人, 多田昌功, 河野通秀, 里見貴史, 金修澤, 伊藤 学, 近津大地: 顎骨欠損に対しロケーターアバットメントを利用したインプラント治療の9例. 第18回日本顎顔面インプラント学会, 2014年11月29-30日. ビッグハート出雲, 島根
36. 井上薫, 里見貴史, 河野通秀, 榎本愛, 長谷川温, 虻川東嗣, 古賀陽子, 松尾朗, 近津大地: 下顎骨に発生した脈瘤性骨嚢胞の1例. 第198回日本口腔外科学会関東支部学術集会, 2014年12月6日. 鶴見大学記念館記念ホール, 神奈川

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. 本田一文: 【オールジャパンの創薬支援-創薬立国日本に向けて】 「シスプラチン耐性克服に向けた創薬を目指して-進行卵巣がんのシスプラチン耐性腫瘍に対する創薬-」. 創薬支援ネットワーク・シンポジウム, 2015年1月16日. グランフロント大阪, 大阪
2. 本田一文: 「がん個別化医療・早期診断バイオマーカーの開発と実用化」.  [文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン]-高度がん医療開発を先導する専門家の養成-4大学合同事業:慶應義塾大学・東海大学・東京歯科大学・信州大学 公開講座「口腔がん治療の均てん化・標準化」, 2015年2月8日. 新宿NSビル, 東京
3. 岡本彩子: 舌痛症 ・ 口腔内灼熱症候群(BMS) を中心として. 昭和大学歯学部同窓会東京支部連学術講演会, 2014年2月23日. 昭和大学歯学部病院, 東京
4. 本田一文: 「アレイ技術・抗体基盤・質量分析基盤プロテオミクスの融合-がんバイオマーカー探索と検証に向けて-」. 日本プロテオーム学会2014年会, 2014年7月17-18日.  つくば国際会議場, 茨城
5. 田賀仁: 「新規開業医講習会」. 東京歯科保険医協会, 2014年7月20日. 東京歯科保険医協会会議室, 東京
6. 本田一文: 「がん個別化医療選択のためのバイオマーカー開発と実用化」. 第27回青森呼吸器研究会, 2014年8月30日. ホテル青森, 青森
7. 松尾朗: ビスフォスフォネート製剤投与患者のインプラント治療に関するアンケート調査結果. 第23回日本顎顔面インプラント学会教育研修会, 2014年8月31日. 鶴見大学会館, 横浜
8. 本田一文: 「がん個別化医療バイオマーカーの開発と実用化」. 第62回重粒子医科学センター研究交流会, 2015年9月4日. 独立行政法人放射線医学研究所, 千葉
9. 小川隆: 21世紀の歯科治療を考える. 東京医科大学八王子医療センター市民公開講座, 2014年9月6日, 東京医科大学八王子医療センター, 東京
10. 松尾朗: インプラント手術に関連する移植骨の構造について. 第44回日本口腔インプラント学会学術大会, 2014年9月12-14日. 東京国際フォーラム, 東京
11. 里見貴史: 「口腔がん」〜最新の治療法と東京医科大学病院の取り組み〜. 平成26年度 渋谷区歯科医師会学術講演会, 2014年9月25日. 渋谷区文化総合センター, 東京
12. 高橋英俊: 「がん患者における手術前後の口腔ケア―医科・歯科医療連携の実際」. 日本大学歯学部生涯学習講演会, 2014年9月27日. 日本大学歯学部, 東京
13. 本田一文: 「膵臓がんの早期発見 -膵がん検診の効率化を目指した血液バイオマーカーの実用化-」. パープルリボン医療セミナージャパン東京2014, 2014年10月5日. 星陵会館, 東京
14. 田賀仁: シンポジウム2「安全な睡眠歯科医療の未来を目指して睡眠歯科治療における光と影:有害事象を考える」. 第13回日本睡眠歯科学会, 2014年10月8-9日. 日本大学会館, 東京
15. 本田一文: 「唾液腺がん組織マイクロアレイを用いた予後予測バイオマーカーの同定」.日本口腔外科学会・日本口腔病理学会・日本歯科放射線学会、口腔3学会シンポジウム, 2014年10月18日. 幕張メッセ, 千葉
16. 松尾朗: 睡眠歯科治療における医学的ならびに外科治療後の問題点. 第13回日本睡眠歯科学会定期学術集会, 2014年11月8-9日. 日本大学会館, 東京
17. 田賀仁: 睡眠時無呼吸症候群(SAS)のOA治療 「歯科医科連携のための講習会」. 東京歯科保険医協会, 2014年11月16日, 明治大学リバティタワー, 東京
18. 田賀仁: 「新規開業医講習会」. 東京歯科保険医協会, 2014年11月23日. 東京歯科保険医協会会議室, 東京
19. 本田一文: 「プロテオミクス総括」. 第1回トランスオミクス研究会, 2014年12月6日.東北メディカルメガバンク, 宮城
20. 田賀仁: 「口腔内装置治療の導入・問題点」. 一般社団法人 日本睡眠総合検診協会 睡眠歯科技術講座, 日本睡眠総合検診協会, 東京

研究費

1. 近津大地,里見貴史,長尾俊孝: 細胞性免疫反応を用いた口腔粘膜上皮性異形からの発癌課程の解明.文部科学省科学研究費、基盤研究(C)(一般),平成26-28年度.
2. 鈴木泰明,古森孝英,浅井知子,木本明,近津大地: 網羅的メタボローム解析によるインプラントリスクファクター検出法の確立.文部科学省科学研究費、基盤研究(C)(一般),平成26-28年度.
3. 松尾朗: インプラント周囲炎に対する骨疲労の影響の解明.文部科学省科学研究費、基盤研究(C)(一般),平成26-28年度.
4. 里見貴史: 腫瘍関連マクロファージによる口腔癌の顎骨浸潤メカニズムの解明と新たな治療法の確立.文部科学省科学研究費、基盤研究(C)(一般),平成26-28年度.
5. 本田一文: 膵がん検診の効率化を目指した血液バイオマーカーの実用化研究.厚生労働科学研究費補助金、革新的がん医療実用化研究事業,平成26-27年度.
6. 寺崎哲也,本田一文: マルチオームコホートによる膵がんに対する早期・リスクマルチマーカーの開発.文部科学省科学研究費、次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム,平成26-27年度.
7. 本田一文: シスプラチンの効果を増強する薬剤の開発.医薬基盤研究所創薬支援ネットワーク委託研究、平成26-27年度.
8. 末松誠,本田一文: 代謝システム制御分子の系統的探索による治療戦略創出と創薬展開.CREST「疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出」,平成26-27年度.
9. 仲井孝之: 周術期における簡易型気道閉鎖予防装置の開発のための基礎的研究.東京医科大学科研費フォローアップ助成金,平成26年度.
10. 浜田勇人: ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の発症予防にCTを用いた早期診断法の開発.東京医科大学科研費フォローアップ助成金,平成26年度.
11. 浜田勇人: 定量的CT法を用いたビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)に対する早期診断法の確立.東京医科大学研究助成金,平成26年度.

ページの先頭に戻る

2013年業績

著書・共著

1. 近津大地: 骨造成法 「口腔科学」 監修, 戸塚靖則, 高戸毅. 東京, 朝倉書店株式会社, 2013, pp 511-515
2. 松尾朗: ビスフォスフォネートと顎骨壊死, 「今日の臨床サポート」. 東京, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2013, pp 1526
3. 小川隆: 唾石症, 近津大地 監: 「今日の臨床サポート」. 東京, エルゼビア・ジャパン, 2013.7
4. 里見貴史: 舌がん, 近津大地 監: 「今日の臨床サポート」. 東京, エルゼビア・ジャパン, 2013.3
5. 金子忠良: 口腔の粘膜病変, 近津大地 監: 「今日の臨床サポート」. 東京, エルゼビア・ジャパン, 2013.1
6. 岡本彩子: 口臭・口腔乾燥症「口・あご・顔の痛みと違和感の対処法」, 和気裕之 監修. 東京, ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2013, -pp44-53

原著・症例報告

1. Harutsugi Abukawa, Blad Oriel, Jeremy Leaf, Joseph Vacanti, Leonald Kaban, Mario Troulis, Christopher Hartnick: Growth factor directed chondrogenic differentiation of porcine bone marrow-derived progenitor cells. J Craniofac Surg 2013; 24: 1026-1030.
2. Satomi Arimoto, Takumi Hasegawa, Kotaro Kaneko, Chizu Tateishi, Shungo Furudoi, Yasuyuki Shibuya, Takahide Komori: Observation of osseous healing after intraoral vertical ramus osteotomy: focus on computed tomography values. J Oral Maxillofac Surg 2013; 71 (9):1602.e1-1602.e10.
3. Janet Hong, Haijun Zhang, Yoko Kawase-Koga, Tao Sun: MicroRNA function is required for neurite outgrowth of mature neurons in the mouse postnatal cerebral cortex. Front Cell Neurosci 2013; 7: 151.doi:10.3389/fncel.2013.00151.
4. Sayaka Katagiri, Hiroshi Nitta, Toshiyuki Nagasawa, Yuichi Izumi, Masao Kanazawa, Akira Matsuo, Hiroshige Chiba, Michiaki Fukui, Naoto Nakamura, Fumishige Oseko, Narisato Kanamura, Koji Inagaki, Toshihide Noguchi, Keiko Naruse, Tatsuaki Matsubara, Shigeru Miyazaki, Takashi Miyauchi, Yuichi Ando, Nobuhiro Hanada, Shuji Inoue : Effect of glycemic control on periodontitis in type 2 diabetic patients with periodontal disease. J Diabetes Investig 2013; 4: 320-325.
5. Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Kazuto Hoshi, Tsuyoshi Takato: A novel technique for preventing skin pressure sores using a rubber tube during surgical treatment of mandibular condyle fractures. J Craniofac Surg 2013; 24: e604-606.
6. Noriko Komatsu, Yoko Kawase-Koga, Yoshiyuki Mori, Yasuhiko Kamikubo, Mineo Kurokawa, Tsuyoshi Takato.: HIV-associated Burkitt lymphoma in a Japanese patient with early submandibular swelling. BMC Res Notes 2013; 6: 557. doi: 10.1186/1756-0500-6-557.
7. Michihide Kono, Masato Watanabe, Harutsugi Abukawa, On Hasegawa, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: Cyclo-oxygenase-2 expression is associated with vascular endothelial growth factor C expression and lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma. J Oral Maxillofac Surg 2013; 71: 1694-1702.
8. Shigeki Miyamoto, Takafumi Satomi, Takashi Ogawa, Daichi Chikazu: Septic shock caused by multidrug-resistant Acinetobacter baumannii infection following surgery for maxillary cancer: A case report. Hosp Dent 2013; 25: 119-123
9. Emi Yamashita-Mikami, Mikako Tanaka, Naoki Sakurai, Yoshiaki Arai, Akira Matsuo, Hayato Ohshima, Shuichi Nomura, Sadakazu Ejiri: Correlations between alveolar bone microstructure and bone turnover markers in pre- and post-menopausal women. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol 2013; 115: e12-19.
10. Ko Fujikawa, Harutsugi Abukawa, On Hasegawa, Takafumi Satomi, Naoko Odan, Akira Matsuo, Daichi Chikazu. Clinical application of polyglycolic acid sheet after resection of tongue squamous cell carcinoma. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2013, 25: 221-225.
11. Takafumi Satomi, Michihide Kohno, Ai Enomoto, Harutsugu Abukawa, Ko Fujikawa, Toshiyuki Koizumi, Daichi Chikazu, Jun Matsubayashi, Toshitaka Nagao. Solitary myofibroma of the mandible: an immunohistochemical and ultrastructural study with a review of the literature. Med Mol Morphol. 2013 Sep;47(3):176-183.
12. 榎本愛, 長谷川温, 渡辺正人, 續雅子, 里見貴史, 近津大地: 歯肉出血を契機に発見された先天性第X因子欠乏症の1例. 日本口腔外科学会雑誌 2013; 59: 362-366.
13. 古賀陽子, 藤井克則, 西條英人, 平松信旭, 森良之, 高戸毅: PTCH1遺伝子のスプライシング変異を認めた母斑基底細胞癌症候群の1例. 日本口腔外科学会雑誌 2013; 59: 367-371.
14. 佐々木徹, 川端一嘉, 三谷浩樹, 米川博之, 福島啓文, 新橋渉, 瀬戸陽, 小泉雄, 神山亮介, 蛯名彩, 足立充孝, 福岡修, 志村英二, 日高竜太, 白尾浩太郎, 山田南星, 上里迅, 太田久幸, 長谷川温, 濱孝憲, 佐藤由紀子, 山本智理子, 高橋俊二: 唾液腺癌の診断と治療up-to-date 顎下腺癌の治療. 頭頸部癌 2013; 39: 281-286.
15. 小泉敏之, 光藤健司, 小栗千里, 岩井俊憲, 光永幸代, 飯坂友宏, 來生知, 廣田誠, 近津大地, 藤内祝: 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法 上顎歯肉扁平上皮癌(T3、4)に対する治療効果の検討. 頭頸部癌 2013; 39: 443-448.
16. 長谷川温, 里見貴史, 渡辺正人, 虻川東嗣, 河野通秀, 近津大地: 口腔癌頸部郭清術後難治性リンパ漏に対して胸腔鏡下胸管結紮術が有効であった1例. 日本口腔腫瘍学会誌 2013; 25: 115-121.
17. 藤川考, 松尾朗, 高橋英俊, 近津大地: 下顎枝矢状分割術に応用したポリL乳酸製プレートおよびスクリューが顎関節に与える影響に関する研究. 東京医科大学雑誌 2013; 71: 151-159.
18. 立花絵理子, 安田卓史, 伊能智明, 玉繁雅之, 近津大地: 当科における慢性GVHDの口腔症状に対する取り組み. 日本有病者歯科医療学会雑誌 2013; 22: 105-111.

総説・プロシーディング・その他

1. 近津大地: 口腔感染症と他臓器への影響, 「今日の治療指針 2013年度版--私はこう治療している」. 東京, 医学書院, 2013, pp 1347-1348
2. 近津大地: 歯科口腔外科・矯正歯科インプラント外来の役割, 東京医科大学: 「旗鼓堂堂」, vol 第549号, 東京, 2013
3. 近津大地: 口腔外科, 近津大地 監: 「今日の臨床サポート」. 東京, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2013
4. 松尾朗: 平成24年度表彰者紹介 優秀研究発表賞 「ビスホスホネート投与日本人乳癌患者におけるインプラント治療に関する臨床的研究」, 公益社団法人日本口腔インプラント学会広報委員会: インプラントニュース 第17号, 2013年2月10日
5. 古賀陽子: 副作用特集「歯磨き,うがい,歯科受診で口腔粘膜炎を予防しよう」, 古賀陽子 監: がんサポート, 2013.4, pp 48-51
6. 古賀陽子: がんになってもステキに暮らす良品研究 「口腔ケアで副作用の軽減をアイテムを選んで症状別に対応」, 古賀陽子 監: がんサポート, 2013.9, pp 55-57
7. 西條英人, 古賀陽子: 唇顎口蓋裂における初期治療. 日本口腔外科学会雑誌 2013; 59: 148-158.

ページの先頭に戻る

学会発表

1. Harutugi Abukawa, Akira Matsuo, Toshiyuki Koizumi, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: Association between the active phase of idiopathic condylar resorption and anterior disk displacement as revealed by imaging in four cases. AAOMS 95th Annual Meeting. , 2013.10.7-12. Orland, Florida, USA
2. Akira Matsuo, Hayato Hamada, Hidetoshi Takahashi, Toshiyuki Koizumi, Takafumi Satomi, Daichi Chikazu: Outcome of the implant treatments and the bone qualities in mandibular reconstruction and bone graft using a tray with PCBM and PRP. EAO 22nd Annual Scientific Meeting, 2013.10.17-19. Dublin, Ireland
3. Takayuki Nakai, Akira Matsuo, Takafumi Satomi, Toshiyuki Koizumi, Daichi Chikazu: Role of the oral-maxillofacial surgery in management of patients with obstructive sleep apnea syndrome by a panel of doctors. 21st International conference on oral and maxillofacial surgery (ICOMS) 2013.10.21-24.. Barcelona, Spain
4. Michihide Kono, Takafumi Satomi, On Hasegawa, Toshiyuki Koizumi, Harutsugi Abukawa, Daichi Chikazu: Evaluation of polyglycolic acid sheets with fibrin glue technique for after resection of buccal mucosa. 21st International conference on oral and maxillofacial surgery, 2013.10.21-24. Barcelona, Spain
5. 岡本彩子, 立花絵理子, 青木美穂子, 近津大地, 桝屋二郎, 飯森眞喜雄: 口腔顔面領域の慢性疼痛に対するMirtazapineの使用経験. 第42回日本慢性疼痛学会, 2013年2月22-23日. 京王プラザホテル, 東京
6. 古賀陽子, TaoSun, 森良之, 星和人, 高戸毅: 中枢神経系幹細胞におけるDicerの役割-プロテオミクスを用いての解析-. 第12回日本再生医療学会総会, 2013年3月21-23日. パシフィコ横浜, 神奈川
7. 古賀陽子, TaoSun, 森良之, 星和人, 高戸毅: 中枢神経系の発育家庭におけるDicerの生物学的機能解析-ニューロン新生とグリア新生-. 第12回日本再生医療学会総会, 2013年3月21-23日. パシフィコ横浜, 神奈川
8. 岡本彩子, 宮地英雄, 伊賀富栄, 乾真美, 宮地伸吾, 山本賢司: 糖尿病性ケトアシドーシスを頻回に繰り返す精神疾患合併患者について. 第36回神奈川県心身医学会総会・学術集会, 2013年3月23日. 神奈川
9. 吉田真希, 山科光正, 榎本愛, 長尾俊孝: 歯原性癌腫の1例. 第58回(社)日本病理学会関東支部学術集会, 2013年3月23日. 千葉大学西千葉校舎けやき会館, 千葉
10. 佐藤麻梨香, 小川隆, 大段尚子, 高田広嗣, 近津大地: 難治性口内炎症状を呈し、診断に苦慮した腫瘍随伴性天疱瘡の1例. 第22回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 2013年3月29-31日. 日本歯科大学生命歯学部, 東京
11. 池畑直樹, 続雅子, 小泉敏之, 里見貴史, 松尾朗, 近津大地: 先天性第XIII因子欠乏症患者の抜歯経験. 第22回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 2013年3月29-31日. 日本歯科大学生命歯学部, 東京
12. 安田卓史, 榎本愛, 藏口潤, 小泉敏之, 里見貴史, 松尾朗, 金子忠良, 近津大地: 口腔扁平苔癬の初診時臨床診断と確定診断の一致率に関する検討. 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2013年5月22-24日. 栃木県総合文化センター, 栃木
13. 宮本重樹, 金子忠良, 渡辺正人, 小川隆, 大井綱郎, 古賀浩嗣, 橋本隆, 近津大地: 早期診断により良好な経過を示した抗BP180型粘膜類天疱瘡の1例. 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2013年5月22-24日. 栃木県総合文化センター, 宇都宮
14. 時崎洋, 河野通秀, 池畑直樹, 笠木星児, 齊藤建児, 齊藤美紀子, 小泉敏之, 里見貴史, 松尾朗, 近津大地: 急性リンパ性白血病患者に発症した上顎ムコール症の1例. 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2013年5月22-24日. 栃木県総合文化センター, 栃木
15. 小泉敏之, 光藤健司, 飯田昌樹, 小栗千里, 岩井俊憲, 廣田誠, 來生知, 光永幸代, 近津大地, 藤内祝: 口腔癌の頸部リンパ節転移に対するハイパーサーミアを併用した術前動注化学療法の治療効果. 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2013年5月22-24日. 栃木県総合文化センター, 栃木
16. 立花絵里子, 安田卓史, 榎本愛, 続雅子, 小泉敏之, 里見貴史, 松尾朗, 近津大地: GVHDの口腔粘膜症状に対するトラ二ラストの使用経験. 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 2013年5月22-24日. 栃木県総合文化センター, 栃木
17. 船田裕太, 虻川東嗣, 安田卓史, 榎本愛, 村田拓也, 小泉敏之, 里見貴史, 松尾朗, 近津大地: 下顎第二大臼歯と過剰歯との癒合歯の1例--マイクロCTによる画像評価. 第195回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会, 2013年6月1日. 千葉大学けやき会館, 千葉
18. 青木秀啓, 田賀仁, 江野幸子: 関節突起骨折を伴う下顎骨体部骨折の一症例に対する顎間固定期間の考察. 第67回日本交通医学会総会, 2013年6月8-9日. ホテルグランヴィア広島, 広島市
19. 金子児太郎, 立石千鶴, 今井佑輔, 長谷川巧実, 福岡裕樹, 古土井春吾, 渋谷恭之, 古森孝英: 平成24年度日本顎変形症学会賞 下顎枝垂直骨切り術における骨性治癒形態の経時的観察. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 大阪国際会議場, 大阪
20. 古賀陽子, 須佐美隆史, 菅野勇樹, 井口隆人, 岡安麻里, 高橋直子, 大久保和美, 安部貴大, 瀬戸一郎, 西條英人, 森良之, 高戸毅: 25 mmを超える上下顎不調和と下顎非対称を呈した片側性唇顎口蓋裂の1例 第23回日本顎変形症学会会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 大阪国際会議場, 大阪
21. 宮崎留美子, 伊藤美希, 谷井真弓, 高城由紀, 中野八重美, 時崎洋, 近津大地, 村松真澄: 病態別口腔ケア基準を用いた口腔ケアシステム導入後の実態調査. 第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 九州大学医学部百年講堂, 福岡
22. 小佐野仁志, 古賀陽子, 近津大地: 造血幹細胞移植患者の口腔ケアガイドラインー有害事象に対する処置と経過観察についてー. 第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 九州大学医学部百年講堂, 福岡
23. 森光麗子, 安田卓史, 岡本彩子, 時崎洋, 十文字里沙, 森谷悦子, 高城由紀, 中野八重美, 松尾朗, 近津大地: 専門的口腔ケア介入におけるOAGスコアを活用した3症例. 第10回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 九州大学医学部百年講堂, 福岡
24. 佐藤一道, 奥野健太郎, 有坂岳大, 後藤基宏, 佐々生康宏, 田賀仁, 濱田傑, 細濱教子, 山本知由, 入江道文, 恵森登, 柏崎潤, 角谷寛, 佐藤光生, 鈴木雅明: NPO法人日本睡眠歯科学会口腔内装置診療ガイドラインワーキンググループの活動報告. 第38回日本睡眠学会定期学術集会, 2013年6月27日. 秋田キャッスルホテル、秋田
25. 松尾朗, 濱田勇人, 高橋英俊, 西翼, 近津大地: 海綿骨骨髄(PCBM)と多血小板血漿(PRP)で下顎再建された顎骨におけるインプラント治療の長期評価. 第43回(社)日本口腔インプラント学会学術大会, 2013年9月13-15日. 福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル&ホール, 福岡
26. 船田裕太, 松尾朗, 仲井孝之, 高橋英俊, 近津大地: 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者に対するインプラント維持による口腔内装置の1例. 第43回(社)日本口腔インプラント学会学術大会, 2013年9月13-15日. 福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル&ホール, 福岡
27. 濱田勇人, 松尾朗, 村田拓也, 高橋英俊, 近津大地: ゾレドロン酸経静脈投与患者にインプラント治療を行った1例. 第43回(社)日本口腔インプラント学会学術大会, 2013年9月13-15日. 福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル&ホール, 福岡
28. 幸塚裕也, 田賀仁, 中村杏理, 杉原裕子, 本橋研, 飯島毅彦, 桑迫勇登: 閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置の治療予測因子の検討. 第41回日本歯科麻酔学会総会学術集会, 2013年10月2-4日. 新横浜国際ホテル, 横浜市
29. 榎本愛, 里見貴史, 長谷川温, 河野通秀, 池畑直樹, 虻川東嗣, 藤川考, 小泉敏之, 松尾朗, 近津大地: 顎口腔領域に発生した線維芽細胞/筋線維芽細胞性腫瘍の臨床病理学的検討. 第58回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場, 福岡
30. 河野通秀, 里見貴史, 渡辺正人, 長谷川温, 榎本愛, 池畑直樹, 虻川東嗣, 小泉敏之, 松尾朗, 近津大地: 口腔扁平上皮癌N0後発リンパ節転移症例におけるCOX-2およびVEGF-C発現の臨床病理学的検討. 第58回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
31. 金子児太郎, 里見貴史, 池畑直樹, 河野知容, 河野通秀, 小泉敏之, 松. 朗, 近津大地: 救命センターにて頭部外傷を併発した顎顔面骨折患者に対する治療方針の臨床的検討. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
32. 小泉敏之, 光藤健司, 小栗千里, 岩井俊憲, 光永幸代, 飯田昌樹, 廣田誠, 来生知, 近津大地, 藤内祝: 進行口腔癌に対する超選択的動注化学放射線療法--上顎歯肉癌(T3,4)に対する治療効果--. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
33. 松尾朗, 濱田勇人, 藤川考, 續雅子, 小泉敏之, 里見貴史, 近津大地: 海綿骨骨髄(PCBM)と多血小板血漿(PRP)による顎骨再建に関する臨床研究. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
34. 池田哲也, 藏口潤, 里見貴史, 近津大地: 当科におけるビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対する対応について. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
35. 藏口潤, 池田哲也, 里見貴史, 近津大地, 甲能直幸: 口腔扁平苔癬類似粘膜炎の臨床病理組織学的検討. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
36. 池畑直樹, 里見貴史, 河野通秀, 長谷川温, 虻川東嗣, 小泉敏之, 松尾朗, 近津大地: 頬粘膜腫瘍切除後の創処置に対するポリグリコール酸(PGA)シートの有用性. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
37. 古賀陽子, 森良之, 菅野勇樹, 末永英之, 安部貴大, 瀬戸一郎, 西條英人, 星和人, 須佐美隆史, 高戸毅: 過去5年間の下顎枝垂直骨切り術(IVRO)症例における近位骨片の偏位に関する臨床的検討. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013 年10月 11-13日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
38. 山本海生, 金子忠良, 渡辺正人, 豊田潤, 十九浦リサ, 近津大地: 若年者の舌に発生した顆粒細胞腫の1例. 第25回日本小児口腔外科学会総会・学術大会, 2013年11月2-3日. タワーホール船堀, 東京
39. 虻川東嗣, 小泉敏之, 藤川考, 河野通秀, 池畑直樹, 佐藤麻梨香, 渡邊純, 里見貴史, 松尾朗, 近津大地: 外科的顎矯正手術におけるデキサメタゾンリン酸エステルナトリウム(デカドロン注射液Ⓡ)投与効果のランダム化比較試験. 第172回東京医科大学医学会総会, 2013年11月2日. 東京医科大学病院, 東京
40. 高橋英俊, 松尾朗, 浜田勇人, 金子児太郎, 村田拓也, 金修澤, 近津大地: 海綿骨細片による再建顎骨に対してロケーターアバットメントを利用したインプラント治療の2例. 第17回日本顎顔面インプラント学会学術大会, 2013年11月30-12月1日. 日本歯科大学生命歯学部, 東京
41. 佐藤麻梨香, 虻川東嗣, 松尾朗, 浜田勇人, 岡本彩子, 小泉敏之, 里見貴史, 近津大地: 当科における突発性下顎頭吸収(ICR)患者の特徴に関する検討. 第196回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会, 2013年12月7日. 東京女子医科大学弥生記念講堂, 東京

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. 近津大地: 学術セミナー2「頭頸部癌患者の周術期口腔機能管理における多職種連携の取り組み」. 第37回日本頭頸部癌学会, 2013年6月13日. 京王プラザホテル, 東京
2. 松尾朗: インプラント治療は静注ビスホスホネート投与患者の顎骨壊死発生に関するリスクファクターとなりうるか?. 第22回 日本有病者歯科医療学会総会・学術大会シンポジウム1:BP製剤服用患者のインプラント医療の可能性を探求する, 2013年3月31日.日本歯科大学生命歯学部, 東京
3. 松尾朗: ビスフォスフォネート投与患者における長期的な口腔管理 -顎骨骨髄炎・顎骨壊死の予防と早期発見のための取り組み-. 第6回日本健康医療学会学術大会、シンポジウム ビスフォスフォネート患者に対する口腔管理の長期戦略, 2013年11月23日. 東京医科大学病院, 東京
4. 松尾朗: 骨構造を基盤とした顎堤形成術の治療選択. 第17回日本顎顔面インプラント学会学術大会、シンポジウム2 インプラント手術と関連手術を考える, 2013年11月30日. 日本歯科大学生命歯学部, 東京
5. 松尾朗, 矢郷香, 関根浄治, 朝波惣一郎: ビスフォスフォネート投与患者における歯科インプラント治療に関するアンケート報告(第1報). 第17回日本顎顔面インプラント学会学術大会、ビスフォスフォネート調査委員会報告, 2013年12月1日. 日本歯科大学生命歯学部, 東京
6. 里見貴史: "有茎皮弁を再考する"明日から役立つ挙上法のノウハウ ミニレクチャー. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013年10月11日. 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡
7. 里見貴史: 小帯切除(延長)術・粘液嚢胞とガマ腫の治療について 口腔外科基本手技ハンズオンコース. 第25回日本小児口腔外科学会総会, 2013年11月3日. タワーホール船堀, 東京
8. 古賀陽子: 「歯周病予防の大切さ」. 東京大学医学部附属病院ボランティア後援会, 2013年2月15日. 東京大学医学部附属病院入院棟A15F大会議室, 東京
9. 古賀陽子: ミニレクチャー「口腔ケア」. 東京大学医学部附属病院NST研修医セミナー, 2013年2月 25日. 東京大学医学部附属病院入院棟A15F大会議室, 東京
10. 古賀陽子: 「ドライマウス治療に対する医科歯科連携の重要性」. Dry Syndrome講演会(キッセイ薬品工業株式会社), 2013年5月18日. ホテルメトロポリタンエドモント, 東京
11. 田賀仁: 患者トラブル対策. 新規開業医講習会, 2013年3月17日. 東京歯科保険医協会会議室, 東京
12. 田賀仁: 睡眠時無呼吸症と歯科. 睡眠時無呼吸症候群のOA治療-歯科医科連携のための講習会-, 2013年10月14日. 東京都中小企業会館, 東京
13. 岡本彩子: 舌痛症・口腔内灼熱症候群(BMS) を中心として 昭和大学歯学部同窓会東京支部連学術講演会, 2014年2月23日.昭和大学歯科病院, 東京
14. 金子児太郎, 立石千鶴, 今井佑輔, 長谷川巧実, 福岡裕樹, 古土井春吾, 渋谷恭之, 古森孝英: 下顎枝垂直骨切り術における骨性治癒形態の経時的観察. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 大阪国際会議場, 大阪

受賞

1. 金子児太郎, 立石千鶴, 今井佑輔, 長谷川巧実, 福岡裕樹, 古土井春吾, 渋谷恭之, 古森孝英:下顎枝垂直骨切り術における骨性治癒形態の経時的観察. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2013年6月22-23日. 大阪国際会議場, 大阪, 平成24年度日本顎変形症学会賞
2. 松尾朗, 高橋英俊, 浜田勇人, 近津大地: 海綿骨骨髄(PCBM)と多血小板血漿(PRP)で再建された顎骨におけるインプラント治療の長期評価. 第43回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2013年9月13-15日. 福岡国際会議場, 福岡, 第43回日本口腔インプラント学会優秀研究賞
3. 金子児太郎, 鈴木泰明, 坂口博哉, 浅井知子, 竹内純一郎, 渋谷恭之, 近津大地, 古森孝英:べニアグラフトの術後経過に関する臨床的検討. 第17回日本顎顔面インプラント学会学術大会, 2013年11月30日-12月1日. 日本歯科大学生命歯学部, 東京、第5回日本顎顔面インプラント学会最優秀論文賞

ページの先頭に戻る

2012年業績

著書・共著

1. 岡本彩子、宮地英雄、近津大地: 特集;口腔外科疾患の病態と診断・治療、口臭., 医学と薬学, vol 67. 東京, 自然科学社, 2012, pp 824-829
2. 藏口 潤: 口腔インプラント治療による咬合再構築症例「インプラント症例ファイル2012」  (ed 日本インプラント臨床研究会). 東京, クインテッセンス出版株式会社, 2012, pp 36
3. 薬 `11/`12 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本、流行性耳下腺炎、朝波総一郎、王宝禮、矢郷香(編)、クインテッセンス出版、東京、2012(出版予定)

原著・症例報告

1. Atsushi Fukai, Satoru Kamekura, Daichi Chikazu, Takumi Nakagawa, Makoto Hirata, Taku Saito, Yoko Hosaka, Toshiyuki Ikeda, Kozo Nakamura, Ung-Il, and Hiroshi Kawaguchi.: Lack of a chondroprotective effect of cyclooxygenase 2 inhibition in a surgically induced model of osteoarthritis in mice. Arthritis Rheum. 2012, 64: 198-203.
2. Kenji Mitsudo, Toshiyuki Koizumi, Masaki Iida, Sachiyo Mitsunaga, Iwai Tohnai.: Thermochemoradiotherapy for oral cancer with N2, 3 cervical lymph node metastases using retrograde superselective intra-arterial infusion. Thermal Med. 2012, 28: 23-28.
3. Kenji Mitsudo, Toshiyuki Koizumi, Masaki Iida, Toshinori Iwai ,Senri Oguri, Noriyuki Yamamoto , Yoshiyuki Itoh, Mitomu Kioi, Makoto Hirota, Iwai Tohnai.: Thermochemoradiation therapy using superselective intra-arterial infusion via superficial temporal and occipital arteries for oral cancer with N3 cervical lymph node metastases. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012, 83: e639-e645.
4. Takafumi Satomi, Tadayoshi Kaneko, Harutsugu Abukawa, on Hasegawa, Masato Watanabe, Jun Matsubayashi, Toshitaka Nagao, Hiroshige Chiba, Daichi Chikazu. : Chondrosarcoma of the maxilla extending to the pterygomandibular space: A case report and review of the literature. J Maxillofac Oral Surg. 2012, published online: 11 May.
5. Takao Kato, Norio Horie, Tomohiko Matsuta, Umemura Naoki, Tetsuo Shimoyama, Tadayoshi Kaneko, Taisei Kanamoto, Shigemi Terakubo, Hideki Nakashima, Kaoru Kusama, Hiroshi Sakagami.: Anti-UV/HIV Activity of Kampo Medicines and Constituent Plant Extracts. in vivo. 2012 26: 1007-1014.
6. Akira Matsuo, Hidetoshi Takahashi, Harutsugi Abukawa, Daichi Chikazu. Application of custom-made bioresorbable raw particulate hydroxyapatite/poly-L-lactide mesh tray with particulate cellular bone and marrow and platelet-rich plasma for a mandibular defect: evaluation of tray fit and bone quality in a dog model. J Craniomaxillofac Surg. 2012 40: e453-460.
7. Harutsugi Abukawa, Masato Watanabe, Yusuke Asada, Takafumi Satomi, Akira Matsuo, Daichi Chikazu. Ultrasound-guided intralesional photocoagulation of intramuscular vascular malformation in the masseter muscle. J Oral Maxillofac Surg. 2012 70: 2674-2679.
8. Basel Sharaf , Caloline Faris, Harutsugi Abukawa, Sinu Susarla, Joseph Vacanti, Leonard Kaban, Maria Troulis. Three-dimensionally printed polycaprolactone and β-tricalcium phosphate scaffolds for bone tissue engineering: an in vitro study. J Oral Maxillofac Surg. 2012, 70:647-756.
9. Ko Fujikawa, Harutsugi Abukawa, On Hasegawa, Takafumi Satomi, Naoko Odan, Akira Matsuo, Daichi Chikazu. Clinical application of polyglycolic acid sheet after resection of tongue squamous cell carcinoma. J Oral Maxillofac Surg, Med Pathol. 2012, 25: 221-225.
10. 宮本重樹、金子忠良、坂口和歌子、安田卓史、近津大地: 水疱性類天疱瘡と鑑別困難であった抗BP180型粘膜類天疱瘡の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2012 58: 297-301.
11. 青木美穂子、岡本彩子、渡辺正人、桝屋二郎、飯森眞喜夫、近津大地: 当科における口腔心身症外来の臨床的検討―歯科口腔外科とメンタルヘルス科の連携―. 日本慢性疼痛学会誌. 2012 31: 121-124.
12. 藏口 潤、高橋英俊、里見貴史、賀来 亨、時崎 洋、近津大地: オトガイ部に発生した類表皮囊胞の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2012 58: 151-154.
13. 橘 寛彦,松尾 朗,金子忠良,長尾俊孝,近津大地,飯野光喜: 舌に発生したbasaloid squamous cell carcinoma. 日口外誌. 2012 58: 362-365.
14. 金子児太郎、鈴木泰明、坂口博哉、浅井知子、竹内純一郎、渋谷恭之、近津大地、古森孝英:ベニアグラフトの術後経過に関する臨床的検討. 日本顎顔面インプラント学会誌201211(4): 273-280.
15. 松尾 朗、浜田勇人、浪越智子、牛田 環、近津大地:カスタムメイド吸収性トレーと骨髄海綿骨細片で再建された下顎骨に対しインプラント治療を行った1例. 日本口腔インプラント学会誌2012 25(2): 282-287.
16. 宮本重樹、金子忠良、豊田 潤、勝村早苗、渡辺正人、近津大地:術後にケトン性低血糖症を生じた粘膜下口蓋裂患者の1例. 小児口腔外科. 2012. 22: 158-162.

総説・プロシーディング・その他

1. 岡本彩子、宮地英雄、近津大地: 特集;口腔外科疾患の病態と診断・治療、口臭., 医学と薬学, vol 67. 東京, 自然科学社, 2012, 824-829

ページの先頭に戻る

学会発表

1. Kenji Mitsudo, Itaru Sato, Jun-Ichi Baba, Masaki Iida, Hideyuki Nakashima, Toshiyuki Koizumi, Mitomu Kioi, Hruki Eguchi, Yoshihiro Ishikawa, Iwai Tohnai: Development of simultaneous hyperthermo-chemotherapy using a drug. The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2012. 8, Kyoto, Japan
2. Kenji Mitsudo, Iwai Tohnai, Mitomu Kioi, Toshiyuki Koizumi, Senri Oguri, Toshinori Iwai, Makoto Hirota, Nobukazu Fuwa: Organ preservation with daily concurrent chemoradiotherapy using a new superselective intra-arterial infusion for stage III, IV tongue cancer. 2012 American Society of Clinical Oncology Annual Meeting, 2012. 6, Chicago, USA
3. Yasushi Imai, Jun-Ichi Suzuki, Mieko Aoki, Youichi Izumi, Ryozo Nagai, Yasunobu Hirata: A High Incidence of Specific Periodontal Pathogen Infection may Increase Cardiovascular Complication in Patients with Marfan Syndrome. 日本循環器学会, 2012.3.16-18, 福岡国際会議場、福岡
4. Toshiyuki Koizumi, Kenji Mitsudo, Masaki Iida, Toshinori Iwai, Senri Oguri, Noriyuki Yamamoto, Mitomu Kioi, Makoto Hirota, Iwai Tohnai: Thermochemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion via superficial temporal and occipital arteries for oral cancer with N3 cervical lymph node metastase. The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2012. 8, Kyoto, Japan
5. Kenji Mitsudo, Masaki Iida, Toshiyuki Koizumi, Toshinori Iwai, Senri Oguri,Mitomu Kioi, Makoto Hirota, Hideyuki Nakashima, Iwai Tohnai: Clinical evaluation of thermochemoradiotherapy for advanced head and neckcancer. The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2012. 8, Kyoto, Japan
6. Kenji Mitsudo, Toshiyuki Koizumi, Masaki Iida, Toshinori Iwai, Senri Oguri, Mitomu Kioi, Makoto Hirota, Iwai Tohnai: Thermochemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion via superficial temporal and occipital arteries for advanced oral cancer with cervical lymph node metastases. The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2012. 8, Kyoto, Japan
7. 岡本彩子、金修澤、伊藤学、河野通秀、長谷川温、小泉敏之、里見貴史、松尾朗、近津大地: 歯科口腔外科・矯正歯科における顎補綴外来の現状. 第170回東京医科大学医学会総会, 2012年11月17日, 東京医科大学病院, 東京
8. 岡本彩子、青木美穂子、立花絵理子、榎本愛、近津大地: 舌痛を主訴として当科を受診した患者における臨床的検討. 第66回日本口腔科学会総会, 2012年5月17日-18日, 広島国際会議場, 広島
9. 加藤崇雄、日野峻輔、堀江憲夫、松田友彦、梅村直己、金子忠良、下山哲夫、坂上宏: 漢方薬,漢方成分及びグリチルリチンの紫外線に対する細胞保護作用. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2012年9月16日, 奥羽大学, 郡山
10. 宮本重樹、金子忠良、勝村早恵、山本海生、豊田潤、近津大地: 術後にケトン性低血糖症を生じた粘膜下口蓋裂の1例. 第21回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 2012年3月17‐18日, 栃木県総合文化センター, 宇都宮
11. 宮本重樹、金子忠良、豊田潤、渡辺正人、米原啓之、近津大地: 当科における口腔表在癌に対する光線力学的療法の臨床的検討. 第24回日本レーザー歯学会総会・学術大会, 2012年12月1-2日, 神戸国際会議場, 神戸
12. 大久保光朗、西願知央、瓜生 豪、遠藤恒人、柴田剛之、平尾大介、保田知徳、渡辺達久、生木俊輔、井上健太郎、石井輝彦、大木秀郎、松本直行、金子忠良、米原啓之: 当科におけるエプーリスの臨床統計学的検討. 57回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2012年10月20日, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
13. 山本海生,金子忠良,渡辺正人,豊田潤,宮本重樹,村田拓也,近津大地: 側頭部膿瘍を生じた下顎骨骨髄炎の1例. 第193回日本口腔外科学会 関東地方会学術集会, 2012年6月30日, 埼玉県所沢市立中央公民館ホール, 所沢
14. 光藤健司、小泉敏之、飯田昌樹、光永幸代、岩井俊憲、小栗千里、筑丸 寛、來生 知、廣田 誠、藤内 祝: 進行口腔癌の頸部リンパ節転移(N2、3)に対する超選択的動注化学放射線療法とハイパーサーミアの併用療法-病理組織学的検討-. 第30回日本口腔腫瘍学会, 2012年1月, 大宮
15. 光藤健司、小泉敏之、飯田昌樹、中島英行、岩井俊憲、小栗千里、廣田 誠、藤内 祝: 進行口腔癌のN2、3に対する超選択的動注化学放射線療法とハイパーサーミアの併用療法. 第50回日本癌治療学会学術集会, 2012年10月, 横浜
16. 柴崎麻衣子、岩井俊憲、中島英行、小栗千里、小泉敏之、來生 知、廣田 誠、光藤健司、藤内 祝: 3D-CT angiographyにより同定し得た内頸動脈より起始した後頭動脈の頻度に関する検討. 第30回日本口腔腫瘍学会, 2012年1月, 大宮
17. 柴崎麻衣子、岩井俊憲、馬場隼一、光永幸代、小栗千里、小泉敏之、廣田 誠、光藤健司、藤内 祝: 舌癌の治療を契機に発見された下顎切痕に生じた周辺性骨腫の1例. 第66回日本口腔科学会学術集会, 2012年5月, 広島
18. 小泉敏之、光藤健司、小栗千里、岩井俊憲、渡貫 圭、來生 知、廣田 誠、藤内 祝: 進行口腔癌に対する逆行性超選択的動注化学放射線療法-原発腫瘍の残存、再発症例についての検討-. 第30回日本口腔腫瘍学会, 2012年1月, 大宮
19. 小栗千里、光藤健司、小泉敏之、岩井俊憲、中島英行、光永幸代、飯田昌樹、來生 知、青木紀昭、廣田 誠、藤内 祝: 進行口腔癌に対する超選択的動注化学放射線療法―進行舌癌の治療効果の検討―. 第57回日本口腔外科学会総会, 2012年10月, 横浜
20. 小泉敏之、光藤健司、小栗千里、岩井俊憲、柴崎麻衣子、飯田昌樹、馬場隼一、來生 知、近津大地、藤内 祝: 進行口腔癌に対する超選択的動注化学放射線療法―上顎歯肉癌(T3、4)に対する治療効果―. 第57回日本口腔外科学会総会, 2012年10月, 横浜
21. 青木紀昭、山下陽介、岩井俊憲、小泉敏之、藤内 祝: Preoperative and postoperative management of jaw deformity with Down's syndrome. 第22回日本顎変形症学会総会, 2012年6月, 福岡
22. 飯田昌樹、岩井俊憲、柴崎麻衣子、馬場隼一、光永幸代、小栗千里、小泉敏之、來生 知、廣田 誠、光藤健司、藤内 祝: 口腔癌に対するドセタキセルとシスプラチンを用いた逆行性超選択的動注法を用いた連日同時放射線化学療法-腎機能の検討-. 第30回日本口腔腫瘍学会, 2012年1月, 大宮
23. 金子忠良、米原啓之、宮本重樹、豊田 潤、渡辺正人、近津大地: 口腔早期癌に対する光線力学的療法の臨床的検討. 57回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2012年10月20日, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
24. 遠藤恒人、原八重子、岩田 潤、平尾大介、田中孝佳、本田和也、外木守雄、金子忠良、大木秀郎、米原啓之: PET-CT検査で重複癌がみとめられた口腔悪性腫瘍症例の臨床的検討. 57回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2012年10月20日, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
25. 藏口 潤、松本大輔、近津大地: 咬合再建をインプラント治療により行った1例. 第5回日本健康医療学会学術大会, 2012年10月7日, 星薬科大学本館、東京
26. 首藤かい、梶美奈子、植原 治、藏口 潤、倉重圭史、五十嵐清治、齊藤正人: PCRを用いた小児における歯周病原性細菌叢について. 第50回日本小児歯科学会大会, 2012年5月12-13日, 東京国際フォーラム, 東京
27. 藏口 潤、池田哲也、里見貴史、近津大地、甲能直幸: 当科における扁平苔癬の臨床病理組織学的検討. 第57回日本口腔外科学会学術大会, 2012年10月19-21日, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
28. 池田哲也、藏口 潤、里見貴史、近津大地、甲能直幸: ビスフォスフォネート関連顎骨壊死(BRONJ)に対するシタフロキサシンの有効性. 第57回日本口腔外科学会学術大会, 2012年10月19-21日, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
29. 畔上雄介,古川明彦,秀 真理子,関和忠信,金子忠良,米原啓之: 抜歯後に生じたと思われる治療に苦慮したビスフォスフォネート関連顎骨壊死(BRONJ)の1症例. 第193回日本口腔外科学会 関東地方会学術集会, 2012年6月30日, 埼玉県所沢市立中央公民館ホール, 所沢
30. 青木美穂子、岡本彩子、渡辺正人、桝屋二郎、飯森眞喜夫、近津大地: 東京医科大学病院歯科口腔外科慢性疼痛外来とメンタルヘルス科との連携ー口腔心身症外来開設の取り組みー. 第41回日本慢性疼痛学会, 2012年2月18-19日, 日本歯科大学生命歯学部、東京
31. 河野通秀、渡辺正人、長谷川 温、虻川東嗣、里見貴史、近津大地: 口腔扁平上皮癌におけるCyclooxygenase2(COX2)発現とリンパ節転移について. 2012年6月7-8日, 島根県民会館、松江
32. 河野通秀、里見貴史、長谷川 温、虻川東嗣、小泉敏之、松尾 朗、近津大地: 当科における術後再発ハイリスク群に対する化学放射線療法の検討. 2012年10月19-21日, パシフィコ横浜会議センター、横浜
33. 立花絵理子、伊能智明、岡本彩子、南 綾、続 雅子、里見貴史、松尾 朗、近津 大地: von Willebrand病Ⅲ型患者の不正咬合に対してのアプローチ. 第21回一般社団法人日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 2012年3月17-18日, 栃木県総合文化センター, 宇都宮
34. 河野通秀、渡辺正人、長谷川 温、安田卓史、豊田潤、虻川 東嗣, 里見貴史、松尾 朗、金子 忠良、近津 大地: 口腔癌化学放射線療法における栄養動態変化の検討と経口補助栄養療法の有用性, 2012年1月26-27日, 大宮ソニックシティー, 大宮
35. 藤田大司、今井靖、青木美穂子、西村敬史、平田恭信、永井良三: 日本人マルファン症候群における大動脈拡大の自然経過および薬物介入効果の検討. 第60回日本心臓病学会, 2012年9月14-16日, ホテル日航金沢、ANAクラウンプラザ、金沢
36. 安達一典 堀江憲夫, 長尾隆英, 松田友彦, 加藤崇雄, 日野峻輔, 下山哲夫, 金子忠良, 草間薫, 坂上宏: 立効散の鎮痛効果の検討. 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2012年9月16日, 奥羽大学, 郡山
37. 仲井孝之,松尾 朗,川島絵美,里見貴史,近津大地: チームアプローチによる睡眠時無呼吸症候群治療における歯科口腔外科の役割. 日本口腔科学会学術集会, 2012年5月17-18日, 広島国際会議場, 広島
38. 安田卓史、榎本 愛、藏口 潤、小泉敏之、里見貴史、松尾 朗、金子忠良、近津大地: 口腔扁平苔癬の臨床診断における診断精度に関する検討- 第二報 -. 第22回日本口腔内科学会総会・学術集会, 2012年9月21-22日, 学術総合センター(一橋記念講堂), 東京
39. 時崎 洋、岡本彩子、安田卓史、小泉敏之、里見貴史、松尾 朗、近津大地: 東京医科大学病院における口腔ケアの現状. 第170回 東京医科大学医学会総会, 2012年11月17日, 東京医科大学病院、東京
40. 根本杏子、虻川東嗣、渡辺正人、榎本 愛、河野通秀、長谷川 温、里見貴史、近津大地: 舌下腺に発生した多形腺腫由来癌の一例. 第193回日本口腔外科学会 関東地方会学術集会, 2012年6月30日, 埼玉県所沢市立中央公民館ホール, 所沢
41. 浜田勇人、虻川東嗣、藤川 考、蔵口 潤、長谷川 温、立花絵理子、岡本彩子、村田拓也、里見貴史、松尾 朗、近津大地. PTCH1遺伝子異常を伴った基底細胞母斑症候群の1例. 2012年10月19日-21日, 第57回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
42. 村田拓也、虻川東嗣、青木美穂子、藤川 考、小泉敏之、里見貴史、松尾朗、近津大地: 腫瘍切除による下歯槽神経欠損に対して大耳介神経を用いた舌神経のNerve sharingを行った一例. 2012年10月19日-21日, 第57回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, パシフィコ横浜会議センター, 横浜
43. 時崎 洋、岡本彩子、安田卓史、小泉敏之、里見貴史、松尾 朗、近津大地:東京医科大学病院における口腔ケアの現状と課題;第170回東京医科大学医学会総会、2012年11月17日、東京医科大学、東京
44. 堀江憲夫, 安達一典, 長尾隆英, 松田友彦, 加藤崇雄, 日野峻輔, 下山哲夫, 金子忠良, 草間薫, 坂上宏,立効散の鎮痛効果の検討.第54回歯科基礎医学会学術大会・総会,2012年9月16日,奥羽大学,郡山

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. 安田卓史: 五苓散による口内炎の治療例;東京医科大学病院臨床漢方セミナー. 2012年10月25日, 東京医科大学病院 第2会議室, 東京
2. 里見 貴史: 知っていますか?口の中のがんのこと〜口腔がんの予防と早期発見;第65回東京医科大学病院市民公開講座, 2012年4月16日, 東京医科大学病院6F臨床講堂, 東京
3. 里見 貴史: 日常臨床における口腔がんへの対処のしかた;埼玉県日本歯科大学校友会「埼玉富士見クラブ」主催学術講演会, 2012年12月2日, 埼玉県大宮歯科医師会会館, 大宮
4. 近津大地: 骨造成・骨採取 その現状と展望;AQBセミナーアドバンスコース. 2012年5月6日, 岡山コンベンションセンター, 岡山
5. 近津大地: 口唇口蓋裂の集学的治療について;平成24年度北信口腔外科集談会. 2014年6月27日, 長野赤十字病院, 長野
6. 近津大地: お口にできるがんー口腔がんについて;川口健康フェスティバル. 2012年9月23日, 川口, 埼玉
7. 金子忠良: 口腔粘膜の難治性疾患について; 第58回市民のための医療講座(東久留米市公開講座). 2012年9月8日, 東京都東久留米市役所, 東京
8. 藤内 祝,小栗千里,小泉敏之,岩井俊憲,來生 知,廣田 誠,光藤健司: 進行口腔癌に対する超選択的動注化学放射線療法を用いた臓器温存治療;第50回日本癌治療学会学術集会,シンポジウム「頭頸部癌治療の過去と未来」. 2012年10月25日-27日, パシフィコ横浜, 横浜
9. 松尾 朗:「チームアプローチによる睡眠時無呼吸症候群における顎顔面外科手術の位置づけ」第37回日本睡眠学会学術集会, シンポジウム OSAS治療の長期化について考える. 2012年5月30日, パシフィコ横浜, 横浜

受賞

1. マルファン外来グループ. 平田恭信、今井靖、藤田大司、青木美穂子、永井良三: 平成23年度東京都医師会グループ賞. 東京都医師会

ページの先頭に戻る

2011年業績

著書・共著

1. 松尾 朗:ビスフォスフォネートによる顎骨壊死の対処法/手術か保存か 患者さんのQOLに沿った治療選択を!,「口腔外科ハンドマニュアル 2011」,日本口腔外科学会(編),クインテッセンス出版,東京, 21-27,2011.
2. 蔵口 潤:コーパックを用いた歯肉弁根尖側移動術を併用したインプラント治療, 「99症例で見るインプラント日常臨床」, 日本インプラント臨床研究会(編), クインテッセンス出版, 東京, 87, 2011.

原著・症例報告

1. Daichi Chikazu, Yumiko Fujikawa, Hisako Fujihara, Hideyuki Suenaga, Hideto Saijo, Kazumi Ohkubo, Toru Ogasawara, Yoshiyuki Mori, Mitsuyoshi Iino, Tsuyoshi Takato: Cyclooxygenase-2 activity is important in craniofacial fracture repair. Int J Oral Maxillofac Surg. Mar; 40(3): 322-326, 2011.
2. Hideto Saijo, Yuki Kanno, Yoshiyuki Mori, Shigeki Suzuki, Kazumi Ohkubo, Daichi Chikazu, Yoshiyuki Yonehara, Ung-il Chung, Tsuyoshi Takato: A novel method for designing and fabricating custom-made artificial bones. Int J Oral Maxillofac Surg. Sep; 40(9): 955-960, 2011.
3. Sayaka Katagiri, Hiroshi Nitta, Toshiyuki Nagasawa, Yuichi Izumi, Masao Kanazawa, Akira Matsuo, Hiroshige Chiba, Shigeru Miyazaki, Takashi Miyauchi, Naoto Nakamura, Fumishige Oseko, Narisato Kanamura, Yuichi Ando, Nobuhiro Hanada, Shuji Inoue: Reduced masticatory function in non-elderly obese Japanese adults. Obesity Research & Clinical Practice. Oct-Dec; 5(4): e279-286, 2011
4. Akira Matsuo, Hiroshige Chiba, Hidetoshi Takahashi, Jun Toyoda, On Hasegawa, Satoru Hojo: Bone quality of mandibles reconstructed with particulate cellular bone and marrow, and platelet-rich plasma. Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery. Dec; 39(8): 628-632, 2011.
5. Akira Matsuo, Hiroshige Chiba, Jun Toyoda, Harutsugi Abukawa, Ko Fujikawa, Masako Tsuzuki, Masato Watanabe: Mandibular reconstruction using a tray with particulate cancellous bone and marrow and platelet rich plasma by an intraoral approach. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. Jun; 69(6): 1807-1814, 2011.
6. Akira Matsuo, Yuichi Inoue, Kazuyoshi Namba, Hiroshige Chiba: Changes in cerebral hemoglobin indices in obstructive sleep apnea syndrome with nasal continuous positive airway pressure treatment. Sleep and Breathing. Sep; 15(3): 487-492, 2011.
7. Noriko Hatano, Hisako Hikiji, Minoru Matsubara, Hideto Saijo, Daichi Chikazu, Katsumi Ohashi, Yoshiyuki Mori, Takafumi Susami, Tsuyoshi Takato: Reiter's syndrome (reactive arthritis) with trismus after intravesical BCG immunotherapy: A case report. Asian J Oral Maxillofac Surg. Mar; 23(1): 25-27, 2011.
8. Taeko Sasai, Yuichi Inoue, Akira Matsuo, Masato Matsuura, Eisuke Matsushima: Changes in respiratory disorder parameters during the night in patients with obstructive sleep apnea. Respirology. Jan; 16(1): 116-123, 2011.
9. Takashi Yasuda, Hiroshige Chiba, Takafumi Satomi, Akira Matsuo, Tadayoshi Kaneko, Daichi Chikazu, Hironobu Miyamatsu: Preventive effect of rebamipide gargle on chemoradiotherapy-induced oralmucositis in patients with oral cancer: a pilot study. J Oral Maxillofac Res. Oct-Dec; 2(4): 1-8, 2011.
10. 伊能智明, 青木美穂子, 金子忠良, 安田卓史, 宮本重樹, 森光麗子, 近津大地, 千葉博茂: HIV感染者に対するインプラント治療の2例. 日本先進インプラント医療学会誌2: 76-77, 2011.
11. 金子忠良, 豊田 潤, 近津大地: 小帯切除術-特に舌小帯と上唇小帯について. 小児口腔外科21(1): 25-32, 2011.
12. 水谷博幸, 道谷弘之, 松本大輔, 蔵口 潤, 五十嵐清治: 学生のクラブ活動における社会施設の関わり―第1報 活動報告について―.日本歯科医療福祉学会雑誌 16(1): 6-9, 2011.
13. 青木美穂子, 近津大地: カプサイシン軟膏により改善した舌痛症の2症例. ペインクリニック 32(5): 761-763, 2011.

総説・プロシーディング・その他

1. 青木美穂子: 「歯周病」が深刻な病気の原因に・・・. NHKおはよう日本 2011.10.31.
2. 里見貴史, 近津大地: 特集;これで大丈夫、苦手意識のある領域別救急対応のゴールドスタンダードとピットフォール. 口腔領域「レジデント」4(1): 56-67, 2011.
3. 村松真澄, 近津大地: 口腔アセスメントOral Assessment Guide (OAG)との出会いと実践、口腔ケアプロトコールエビデンス研究へ. 「ナーシング・トュデイ」56-67, 2011.
4. 近津大地: 咬合機能の回復-インプラント治療と骨造成について-. 東京医科大学雑誌69(4) 450-455, 2011.
5. 近津大地: 歯科口腔外科外来の近況-口腔ケア専門外来-. 「旗鼓堂堂」第524号 東京医科大学, 2011.

ページの先頭に戻る

学会発表

1. Akira Matsuo, Hayato Hamada, Eriko Tsuji, Ayako Okamoto, Daichi Chikazu, Hiroshi Kaise, Norio Kohno: Are implants a risk factor for osteonecrosis in intravenous bisphosphonate? 20th Annual Scientific meeting Europian Association for Osseointegration (EAO), 2011.10.13-15, Megaron Congress Center, Athens
2. Masato Watanabe, Michihide Kohno, On Hasegawa, Harutsugi Abukawa, Takafumi Satomi, Tadayosi Kaneko, Akira Matsuo, Daichi Chikazu: Effects of metabolic enzymes associated with fluoropyrimidine sensitivity in oral squamous cell carcinoma. IAOO 3rd World Congress, 2011.7.14-17, Singapore
3. Takayuki Nakai, Akira Matsuo, Emi Kawashima, Yoshifumi Takata, Yasuhiro Usui, Koichi Kitamura, Daichi Chikazu: Role of the dentistry and oral-maxillofacial surgery in management of patients with obstructive sleep apnea syndrome by a panel of doctors. Worldsleep2011 + 36th JSSR, 2011.10.15-20, Kyoto
4. 虻川東嗣, 渡辺正人, 長谷川 温, 藤川 考, 豊田 潤, 河野 通秀, 里見貴史, 金子 忠良, 松尾 朗, 近津 大地: Le Fort I 骨切り術患者を対象としたレミフェンタニルの持続静脈投与による循環動態の評価. 第21回日本顎変形症学会総会, 2011年 6月16-17日, 学術総合センター, 東京
5. 安田卓史, 近津大地, 松尾 朗, 金子忠良, 里見貴史, 渡辺正人, 時崎 洋, 河野通秀, 森光麗子, 宮松洋信: 口腔癌化学放射線療法時の口腔粘膜炎へのRebamipide含嗽液の有効性の検討. 第8回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2011年6月18-19日, 東京大学安田講堂・山上会館,東京
6. 安田卓史, 金子忠良, 松尾 朗, 里見貴史, 藏口 潤, 安楽知容, 近津大地: 口腔扁平苔癬の臨床診断における診断精度に関する検討. 第21回日本口腔粘膜学会総会・学術集会, 2011年9月24-25日, 鹿児島大学・鶴陵会館, 鹿児島
7. 安樂知容, 里見貴史, 長谷川温, 河野通秀, 松尾 朗, 金子忠良, 近津大地: 救命救急センターにおける顎顔面骨骨折の臨床統計的検討. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場, 大阪
8. 榎本 愛, 長谷川温, 渡辺正人, 里見貴史, 豊田 潤, 河野通秀, 浅岡絵美, 松尾 朗, 近津大地: 歯肉出血を契機に発見された先天性第10因子欠乏症の1例. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場, 大阪
9. 榎本 愛, 渡辺正人, 虻川東嗣, 長谷川温, 河野通秀, 坂口和歌子, 里見貴史, 金子忠良, 松尾 朗, 近津大地: 口蓋に生じた唾液腺導管癌の1例. 第29回日本口腔腫瘍学会総会, 2011年1月27-28日, 崇城大学市民ホール, 熊本
10. 岡本彩子, 小川 隆, 高田広嗣, 大段尚子, 近津大地: 舌癌化学療法後に難治性口腔粘膜病変を呈し、診断に苦慮した尋常性天疱瘡の1例. 第191回日本口腔外科学会関東地方会, 2011年7月9日, 鶴見大学記念館, 神奈川
11. 長谷川温, 里見貴史, 渡辺正人, 虻川東嗣, 豊田 潤, 河野通秀, 榎本 愛, 池畑直樹, 浅田優祐, 金子忠良, 松尾 朗, 近津大地: 口腔紡錘細胞癌3例の臨床的検討. 第29回日本口腔腫瘍学会, 2011年1月27-28日, 崇城大学市民ホール, 熊本
12. 河野通秀, 渡辺正人, 虻川東嗣, 安田卓史, 豊田 潤, 長谷川温, 里見貴史, 松尾 朗, 金子忠良, 近津大地: 口腔癌化学放射線療法における経口補助栄養療法の有用性. 第35回日本頭頸部癌学会, 2011年6月9-10日, 愛知
13. 河野通秀, 里見貴史, 長谷川温, 豊田 潤, 虻川東嗣, 渡辺正人, 榎本 愛, 金子忠良, 松尾 朗, 近津大地: 診断に苦渋した肺腺癌下顎骨転移の1例. 第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2011年1月27-28日, 熊本
14. 宮本重樹, 虻川東嗣, 藤川 考, 浜田勇人, 渡辺正人, 里見貴史, 金子忠良, 松尾 明, 近津大地: 冠動脈疾患を有する進行舌癌患者に対して超選択的動注化学療法を施行した1例. 第191回日本口腔外科学会関東地方会, 2011年7月9日, 鶴見大学, 神奈川
15. 藤川 考, 里見貴史, 蔵口 潤, 虻川東嗣, 渡辺正人, 豊田 潤, 松尾 朗, 近津大地: 末梢穿刺中心静脈カテーテルの有用性. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場, 大阪
16. 時崎 洋, 河野通秀, 安田卓史, 青木美穂子, 森光麗子, 里見貴史, 松尾 朗, 近津大地: NPPVヘルメット型マスク装着患者に対する口腔ケアの検討. 第8回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2011年6月18-19日, 東京大学安田講堂・山上会館, 東京
17. 十九浦リサ, 虻川東嗣, 蔵口 潤, 仲井孝之, 里見貴史, 松尾 朗, 近津大地: 口腔前庭拡張術に吸収性ポリグリコール酸シートを使用した2症例の検討. 第192回日本口腔外科学会関東地方会, 2011年12月10日, 日本大学歯学部1号館, 東京
18. 蔵口 潤, 賀来 亨, 長谷川温, 河野通秀, 藤川 考, 豊田 潤, 里見貴史, 金子忠良, 松尾 朗, 近津大地: 老年期男性のオトガイ部に発生した類表皮囊胞の1例. 第22回日本老年歯科医学会学術大会, 2011年6月15-17日, 京王プラザホテル, 東京
19. 蔵口 潤, 金子忠良, 安田卓史, 加藤乃梨子, 榎本 愛, 浜田勇人, 辻絵理子, 松田憲一, 玉繁雅之, 近津大地: 口腔セルフア(自主的口腔ケア)が不十分なために歯性感染から下顎骨骨髄炎を発症した1例. 第8回日本口腔ケア学会学術大会, 2011年6月18-19日, 東京大学, 東京
20. 蔵口 潤, 里見貴史, 藤川 考, 虻川東嗣, 時崎 洋, 浜田勇人, 宮本重樹, 辻絵理子, 長谷川 温, 河野通秀, 渡辺正人, 松尾 朗, 近津大地: 頬粘膜に発生した基底細胞様扁平上皮癌の1例. 第56回日本口腔外科学会学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場, 大阪
21. 小田奈央子, 中田久美子, 小川 隆, 岡本彩子, 高田広嗣, 近津大地: 当科における頭頸部癌患者の術前、術後の口腔ケアの有用性に関する検討. 第8回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2011年6月18-19日, 東京大学安田講堂・山上会館, 東京
22. 森光麗子, 安田卓史, 時崎 洋, 牛田 環, 青木美穂子, 河野通秀, 渡辺正人, 近津大地: ソフトシーネによる口腔軟組織傷害への対応-口腔ケアプロトコールへの導入にむけての提案-. 第8回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2011年6月18-19日, 東京大学安田講堂・山上会館, 東京
23. 浅田優佑, 虻川東嗣, 渡辺正人, 里見貴史, 松尾 朗, 近津大地: 古典的ホジキンリンパ腫を合併した下顎歯肉癌の一例 とくに周術期管理について. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場,大阪
24. 勝村早恵, 金子忠良, 宮本重樹, 豊田 潤, 近津大地: 小児にみられた高度な増殖性歯肉炎の1例. 第23回日本小児口腔外科学会, 2011年11月18日, 八戸パークホテル, 青森
25. 浪越智子, 松尾 朗, 藤川 考, 牛田 環、, 浜田勇人, 長谷川温, 里見貴史, 近津大地: インプラント合併症に関する臨床的研究 -上顎洞の関連事象に関する検討. 第56回日本口腔外科学会総会.学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪
26. 浪越智子, 松尾 朗, 浜田勇人, 牛田 環, 近津大地: 歯科インプラント治療に関連した上顎洞合併症の臨床的検討. 第41回日本インプラント学会学術大会, 2011年9月16-18日, 愛知
27. 池畑直樹, 久保田愛子, 益本憲太郎, 板橋俊雄, 福井秀公, 石崎 卓, 田上 正, 内野博之: 下顎歯肉癌術後の放射線性骨髄炎に対する下顎骨切除後に気道閉塞を来した一例. 第31回日本臨床麻酔学会, 2011年11月3-5日, 沖縄コンベンションセンター, 沖縄
28. 辻絵理子, 安田卓史, 榎本 愛, 加藤乃梨子, 濱田勇人, 蔵口 潤, 松田憲一, 金子忠良, 玉繁雅之, 近津大地: GVHDの口腔粘膜に対するトラニラストの使用経験. 第8回日本口腔ケア学会総会, 2011年6月18-19日, 東京大学, 東京
29. 渡辺正人, 河野通秀, 長谷川温, 豊田 潤, 蔵口 潤, 虻川東嗣, 里見貴史, 金子忠良, 松尾 朗, 近津大地: 口腔扁平上皮癌を対象とした生検組織より得られる予知性の検討. 第35回日本頭頸部癌学会学術集会, 2011年6月9-10日, ウインクあいち, 愛知
30. 浜田勇人, 松尾 朗, 里見貴史, 金子忠良, 近津大地: ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死のCT値に関する研究. 第65回日本口腔科学会学術集会, 2011年4月21-22日, タワーホール船堀, 東京
31. 浜田勇人, 松尾 朗, 里見貴史, 金子忠良, 近津大地: CTによるビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)症例の下顎骨構造の検討. 第31回日本骨形態計測学会, 2011年5月20-22日, 長良川国際会議場, 岐阜
32. 浜田勇人, 松尾 朗, 里見貴史, 金子忠良, 近津大地: CTを用いたビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(BRONJ)の早期状態に対する研究. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場, 大阪
33. 小川 隆, 大段尚子, 高田広嗣, 岡本彩子, 近津大地: 吸収性骨接合材を用いて骨片固定を行った下顎枝矢状分割術後に創部感染を繰り返した1例. 第56回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2011年10月22日, 大阪国際会議場, 大阪
34. 浪越智子, 里見貴史, 豊田 潤, 勝村早恵, 松尾 朗, 近津大地: OK-432局注療法が有効だった頬部多房性リンパ管腫の1例. 第191回日本口腔外科学会関東地方会, 2011年7月9日, 鶴見大学記念館記念ホール, 神奈川
35. 續 雅子, 里見貴史, 藤川 考, 蔵口 潤, 牛田 環, 松尾 朗, 近津大地: 広範な顎骨欠損を仮骨延長術と人工骨にて再建した1例. 第56回日本口腔外科学総会.学術会, 2011年10月21-23日, 大阪国際会議場, 大阪

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. 虻川東嗣: 下顎骨と歯の再生Organ engineeringによる顎口腔機能再建への戦略的取り組み. 第37回医科学フォーラム, 2011年12月6日, 東京医科大学病院, 東京
2. 近津大地: 予防医学の最前線-口腔ケア. 第223回東京薬科大学卒後教育講座(春期), 2011年5月22日, 東京医科大学, 東京
3. 近津大地: 歯科救急治療について. 杉並区歯科医師会主催講演会, 2011年8月31日, 杉並区歯科医師会館, 東京
4. 近津大地: 当科における科学研究費獲得に対する意識改革. 科研費説明会, 2011年9月27日, 東京医科大学, 東京
5. 近津大地: 地域医療連携における口腔がん検診の取り組みと展望. 新都心医療連携懇話会, 2011年11月17日, ハイアットリージェンシー東京, 東京
6. 近津大地: 東京医科大学病院における口腔ケア専門外来の実際-この一年間の成果と今後の展望-. 特例院内研修会, 2011年11月22日, 東京医科大学, 東京
7. 近津大地: 歯科診療所における救急対応について. 新宿区歯科医師会平成会主催講演会, 2011年11月29日, 新宿区歯科医師会会館, 東京
8. 高城由紀, 澤田育子, 谷井真弓, 川原千香子, 宮川江都子, 近津大地, 村松真澄:口腔ケアに関する看護師の意識調査. 第8回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2011年6月18-19日, 東京大学安田講堂・山上会館, 東京
9. 松尾 朗: 睡眠時無呼吸症候群に対する顎顔面外科手術の適応と限界. 第56 回日本口腔外科学会総会・学術大会ミニレクチャー11, 2011年10月22日, 大阪国際会議場, 大阪
10. 松尾 朗: BRONJの臨床病態 -特に初期症状について-. 第31回日本骨形態計測学会シンポジウム 「骨代謝疾患治療薬が顎骨に与える影響について」, 2011年5月21日, 岐阜

受賞

1. Akira Matsuo, Yuichi Inoue, Satoru Tsuiki, Minori Enomoto, Kazuyoshi Namba, Hiroshige Chiba: Clinical characteristics of Japanese patients with familial obstructive sleep apnea syndrome. Paper presented at the Respirology 平成23年度佐々記念賞, 東京
2. 松尾 朗, 浜田勇人, 辻絵里子, 岡本彩子, 近津大地: ビスホスホネート投与日本人乳癌患者におけるインプラント治療に関する臨床的研究. 第41回日本口腔インプラント学会総会, 2011年9月17日, 愛知

ページの先頭に戻る

2010年業績

著書・共著

1. 千葉博茂、虻川東嗣:発熱や盗汗を伴った抜歯窩治癒不全 「診断力てすと」、 デンタルダイヤモンド社、東京、pp129-130、2010.
2. 安田卓史:化学療法,放射線療法,化学放射線療法時の口腔粘膜炎への対処法は?「癌と臨床栄養」 丸山道生 編、日本医事新報社、東京、pp185-188、 2010.
3. 岩本宗春:「世界一うけたい歯医者の本」 株式会社幻冬舎ルネッサンス、東京、2010.
4. 近津大地:歯の脱臼について相談を受けたら 「医師・歯科医師のための口腔診療必携ー困ったときのマニュアル・ヒント集−202」 監修 高戸 毅、 金原出版株式会社、 東京、 pp68-69、 2010.
5. 金子忠良:エプーリス 開業医が診る口腔粘膜疾患、 デンタルダイヤモンド社、 東京、 pp60-61、 2010.
6. 松尾 朗:黒毛舌 「薬 `10/`11 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本」朝波総一郎、王宝禮(編)、クインテッセンス出版、東京、pp84-85、 2010.
7. 松尾 朗:正中菱形舌炎 「薬 `10/`11 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本」 朝波総一郎、王宝禮(編)、クインテッセンス出版、東京、 pp90-91、2010.

原著・症例報告

1. Akira Matsuo, Yuichi Inoue, Satoru Tsuiki, Minori Enomoto, Kazuyoshi Namba, and Hiroshige Chiba. Clinical characteristics of Japanese patients with familial obstructive sleep apnea syndrome. Respirology. 2010 Jan; 15(1):93-98.
2. Sawako Takeuchi, Akira Matsuo, and Hiroshige Chiba. Beneficial role of periosteum in distraction osteogenesis of mandible: Its preservation prevents the external bone resorption. Tohoku Journal of Experimental Medicine. 2010 Jan; 220(1):67-75.
3. Tadayoshi Kaneko, Hiroshige Chiba, Norio Horie, Takao Kato, Masashi Kobayashi, Ken Hashimoto, Kaoru Kusama, and Hiroshi Sakagami. Inhibition of Prostaglandin E2 Production by Flavone and its Related Compounds. In vivo. 2010 Jan-Feb; 24(1):55-58.
4. Hideto Saijo, Yoshiyuki Mori, Hisako Fujihara, Yuki Kanno, Daichi Chikazu, Kazumi Ohkubo, Hisako Hikiji, Mitsuyoshi Iino, Yoshiyuki Yonehara, and Tsuyoshi Takato. Evaluation and analysis of formation of bone at the palate in patients with cleft lip and palate after palatoplasty based on computed tomograms and three-dimensional data. Scand. J. Plast. Reconstr. Surg. Hand. Surg. 2010 Feb; 44(1):21-25.
5. Akira Matsuo, Hiroshige Chiba, Hidetoshi Takahashi, Jun Toyoda, and Harutsugi Abukawa. Clinical application of a custom made raw particulate hydroxyapatite/poly-L-lactide mesh tray for mandibular reconstruction. Odontology. 2010 Feb; 98(1):85-88.
6. Yoshiyuki Mori, Toru Ogasawara, Toru Motoi, Yuichiro Shimizu, Daichi Chikazu, Kazumi Tamura, Seiji Fukumoto, and Tsuyoshi Takato. Tumor-induced osteomalacia associated with a maxillofacial tumor producing fibroblast growth factor 23: report of a case and review of the literature. Oral Surg. Oral Med. Oral Pathol. Oral Radiol. Endod. 2010 Mar; 109(3):e57-63.
7. Sayaka Katagiri, Hiroshi Nitta, Toshiyuki Nagasawa, Yuichi Izumi, Masako Kanazawa, Akira Matsuo, Hiroshige Chiba, Shigeru Miyazaki, Takashi Miyauchi , Naoto Nakamura, Narisako Kanamura, Yuichi Ando, Nobuhiro Hanada, and Shuji Inoue. High prevalence of periodontitis in non-elderly obese Japanese adults. Obesity Research & Clinical Practice. 2010 Apr; e301--e306.
8. Mina Kobayashi, Kazuyoshi Namba, Satoru Tsuiki, Akira Matsuo, Tatsuki Sugiura, and Yuichi Inoue. Clinical characteristics in two subgroups of obstructive sleep apnea syndrome in elderly. Chest. 2010 Jun; 137(6):1310-1315.
9. Akira Matsuo, Yuichi Inoue, Kazuyoshi Namba, and Hiroshige Chiba. Changes in cerebral hemoglobin indices in obstructive sleep apnea syndrome with nasal continuous positive airway pressure treatment. Sleep and Breath. 2010 Jun.
10. Akira Matsuo, Michihide Kono, Jun Toyoda, Takayuki Nakai, Masako Tsuzuki, and Hiroshige Chiba. Navigation surgery for Le Fort Ⅰ osteotomy in a fibrous dysplasia patient. Odontology. 2010 Jul; 98(2):181-184.
11. Daichi Chikazu, Tetsushi Taguchi, Hiroyuki Koyama, Hisako Hikiji, Hisako Fujihara, Hideyuki Suenaga, Hideto Saijo, Yoshiyuki Mori, Ichiro Seto, Mitsuyoshi Iino, and Tsuyoshi Takato. Improvement in wound healing by a novel synthetic collagen-gel dressing in genetically diabetic mice. Asian. J. Oral. Maxillofac. Surg. 2010 Aug; 22(2):61-67.
12. Hisako Fujihara, Daichi Chikazu, Hideto Saijo, Hideyuki Suenaga, Yoshiyuki Mori, Mitsuyoshi Iino, Yoshiki Hamada, and Tsuyoshi Takato. Metastasis of Hepatocellular Carcinoma into the Mandible with Radiographic Findings Mimicking a Radicular Cyst: A Case Report. J. Endod. 2010 Sep; 36(9):1593-1596.
13. Takafumi Satomi, Masato Watanabe, Jun Matsubayashi, Toshitaka Nagao, and Hiroshige Chiba. Successfully-treated inflammatory myofibroblastic tumor of the mandible with long term follow-up and review of the literature. Med Mol Morphol. 2010 Sep; 43(3):185-91.
14. Takao Kato, Norio Horie, and Tadayoshi Kaneko. Effect of Itraconazoles on the Production of Pro-inflammatory Substances in Mouse Macrophage-like Cells. In vivo. 2010 Sep-Oct; 24(5):709-713.
15. Takashi Ogawa, Kouji Takada, Yuichi Sato, and Hiroshige Chiba. The influence of causes of hyposalivation on clinical outcome of nizatidine in patients with dry mouth. Asian. J. Oral. Maxillofac. Surg. 2010 Aug; 22(2):68-73.
16. Masako Tsuzuki, Takafumi Satomi, and Hiroshige Chiba. Clinical significance of expression of thymidylate synthase and dihydropyrimidine dehydrogenase in oral squamous cell carcinoma. Oral Med Pathol. 2010;14:135-141.
17. Yoshiharu Nakamura, Hideki Sato, Masaki Ohtsuka, and Satoru Hojo. Polishing of dental porcelain by polycrystalline diamond. Bio-Medical Materials and Engineering 2010;20(5):283-293.
18. 金子忠良、青木美穂子、伊能智明:当科におけるAQBインプラント埋入患者に関する臨床的検討. 東京医科大学雑誌68(3): 330-337, 2010.
19. 高橋英俊、松尾 朗、千葉博茂:Hydroxyapatite/poly-L-lactideメッシュトレーと海綿骨細片による下顎骨再建後の骨微細構造の検討. 東京医科大学雑誌68(2): 205-216, 2010.
20. 小川 隆、高田広嗣、佐藤雄一:口腔乾燥症に対するニザチジンの効果;Therapeutic Research. 31(3):399-405, 2010.
21. 小川 隆、高田広嗣、岡本彩子:顔面多発外傷後の変形治癒による咬合不全を骨延長法を応用して改善した1例. Hosp. Dent. 22(1):115-118, 2010.
22. 高田佳史、椎名一紀、北村剛一、中島伸幸、原岡怜、松尾 朗:「重症閉塞性睡眠時無呼吸症候群を合併したキアリ奇形I型に伴う脊髄空洞症の1例. 東京医科大学雑誌 68(4): 430-439, 2010.
23. 蔵口 潤、里見貴史、長谷川 温、續 雅子、渡辺正人、千葉博茂:義歯破折片の誤飲により開腹手術を要した1例. 日本口腔科学会雑誌59(1):41-44, 2010.
24. 蔵口 潤、里見貴史、清水 拓、伊能智明、千葉博茂:肝硬変による血小板減少患者にインプラント治療を行った1例. 日本先進インプラント医療学会誌1(1):102-104, 2010.
25. 土屋浩昭、松尾 朗、竹内佐和子、岩本宗春、千葉博茂:下顎骨の垂直的仮骨延長後の骨微細構造. 東京医科大学雑誌68(4):380-386, 2010.
26. 北條 了、Ochiai Kent T、中村善治、窪田光慶、井野 智:Angelo A Capto. Hader BarとNon-splinted Stud attachments のデザイン差による下顎インプラント補助型オーバーデンチャーの荷重応答に関する研究. 神奈川歯学雑誌45(1): 1-7, 2010.
27. 北條 了、山谷勝彦、尾辻 剛、井野 智、中村善治:インプラント補助型Obturatorによる上顎口蓋欠損処置後の7年予後調査. 神奈川歯学雑誌45(1): 17-22, 2010.
28. 續 雅子、里見貴史、牛田 環、渡辺正人、豊田 潤、千葉博茂:局所麻酔薬持続投与法による腸骨採取部の疼痛管理の検討. 日本口腔外科学会雑誌56(3) : 166-169, 2010.
29. 虻川東嗣、松尾 朗、近津大地:アメリカ合衆国における口腔外科専門医育成プログラムの現状. 日本口腔外科学会雑誌56(12): 735-739, 2010.
30. 坂口和歌子、金子忠良、高橋英俊、千葉博茂:高IgG血症と間質性腎炎を合併したミクリッツ病の1例. 日本口腔科学会雑誌第59(1): 50-55, 2010.

総説・プロシーディング・その他

1. 松尾 朗:まず骨と対話せよ;日本先進インプラント医療学会誌Vol.1 No1: 47-49, 2010.
2. 松尾 朗、千葉博茂:インプラント術後の感染について;日本感染症学会雑誌 Vol.17 No1: 42-43, 2010.

ページの先頭に戻る

学会発表

1. On Hasegawa, Takafumi Satomi, Masato Watanabe, Harutsugi Abukawa, and Jun Toyoda: Open reduction and internal fixation of mandibular condyle fracture by a transparotid approach: a clinical and cadaberic study; 51st Congress of the Korean association of oral and maxillofacial surgeons. 2010.4.22-24 (Cheongju, Korea).
2. Yoko Kawase-Koga, Gaizka Otaegi, Andrew Pollock, Daichi Chikazu, Tsuyoshi Takato, and Tao Sun: Functional analysis of microRNAs in mouse cortical neural stem cels; ISSCR 8th Annual Meeting. 2010.6.16-19 (San Francisco, California, USA).
3. Masato Watanabe, On Hasegawa, Harutsugi Abukawa, Takafumi Satomi, Tadayoshi Kaneko, and Daichi Chikazu: Cytopathologic Evaluation of Oral Mucosal Lesions: Diagnostic Accuracy by Exfoliative Smear; 9th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery. 2010.11.25-28 (Kuala Lumpur, Malaysia).
4. Harutsugi Abukawa, Tadayoshi Kaneko, On Hasegawa, Masato Watanabe, Takafumi Takashi Satomi, and Daichi Chikazu: Application of Potassium-Titanyl-Phosphate (KTP) laser in treatment of intramuscular hemangioma of masseter muscle; 9th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery. 2010.11.25-28 (Kuala Lumpur, Malaysia).
5. On Hasegawa, Masato Watanabe, Takafumi Satomi, Harutsugi Abukawa, Tadayoshi Kaneko, Michihide Kohno, Jun Toyoda, and Daichi Chikazu: Immunohistochemical Analysis of Spindle Cell Carcinoma in the Tongue; Report of a Long Term Follow-up Case; 9th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery. 2010.11.25-28 (Kuala Lumpur, Malaysia).
6. Naoko Odan, Ko Fujikawa, Jun Toyoda, On Hasegawa, Harutsugi Abukawa, Masato Watanabe, Takafumi Satomi, Tadayoshi Kaneko, Akira Matsuo, and Daichi Chikazu: Clinical application of the polyglycolic acid sheet after resection of the tongue squamous cell carcinoma; 9th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery. 2010.11.25-28 (Kuala Lumpur, Malaysia).
7. 斉藤健太郎、末永英之、宇波雅人、鈴木友香子、杉山 円、前田祐二郎、内野夏子、高木源一郎、長濱浩平、大久保和美、大木明子、近津大地、小笠原徹、森 良之、高戸 毅:革新的異分野技術を融合した歯科を主導とする次世代デバイス開発プロジェクト;第26回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(平成21年度)」日本歯科医学会、2010年1月9日、歯科医師会館、東京
8. 浅岡絵美、藤川 考、豊田 潤、高橋英俊、里見貴史、千葉博茂:MDSに鼻型NK/Tリンパ腫を併発した1例;第28回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会、2010年1月28-29日、学術総合センター、東京
9. 山下絵美、田中みか子、松尾 朗、野村修一、江尻貞一:ヒト歯槽骨生検試料の骨構造および骨塩量と全身の骨代謝マーカーとの関係;第30回日本骨形態計測学会、2010年 5月13-15日、米子コンベンションセンター、鳥取
10. 傳田裕也、清水 武、五島秀樹、上杉崇史、飯田昌樹、伴在裕美、野池淳一、柴田哲伸、横林敏夫、北島晴比古:骨形成性エプーリスの臨床的検討;第36回(社)日本口腔外科学会北日本地方会、2010年5月21日、仙台ネ!ットU仙台市情報・産業プラザ、仙台
11. 杉山 円、西條英人、近津大地、菅野勇樹、前田祐二郎、斎藤健太郎、長濱浩平、大久保和美、高橋路子、平野友紀子、森 良之、須佐美隆史、高戸 毅:上顎体に伴う広い裂幅の口蓋裂に対する口蓋形成術-2例の経験-;第34回日本口蓋裂学会総会、2010年5月27-28日、北とぴあ、東京
12. 西條英人、菅野勇樹、斉藤健太郎、宇波雅人、大久保和美、高橋路子、平野友紀子、長濱浩平、近津大地、森 良之、須佐美隆史、高戸 毅:粘膜下口蓋裂の診断基準に関する検討-第1報:骨欠損に関して;第34回日本口蓋裂学会総会、 2010年5月27-28日、北とぴあ、東京
13. 内野夏子、須佐美隆史、大久保和美、長濱浩平、高橋直子、上床喜和子、荻原祐二、松崎雅子、杉山 円、大木明子、西條英人、近津大地、森 良之、高戸 毅:口唇裂・口蓋裂患者に用いる接着ブリッジ;第34回日本口蓋裂学会総会、 2010年5月27-28日、北とぴあ、東京
14. 虻川東嗣、渡辺正人、豊田 潤、藤川 考、松尾 朗、千葉博茂:顎矯正手術におけるクリニカルパス使用の効果 予防抗菌薬投与期間、入院期間、医療経済への影響について;第20回日本顎変形症学会総会、2010年6月15-16日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
15. 末永英之、宇波雅人、杉山 円、斉藤健太郎、前田祐二郎、長濱浩平、大久保和美、近津大地、森 良之、須佐美隆史、高戸 毅:顎矯正手術に対する拡張現実感ナビゲーションシステムの導入に関する検討;第20回日本顎変形症学会総会、 2010年6月15-16日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
16. 大久保和美、須佐美隆史、長濱浩平、高橋直子、松崎雅子、荻原祐二、菅野勇樹、杉山 円、前田祐二郎、齋藤健太郎、宇波雅人、末永英之、古賀陽子、西條英人、近津大地、森 良之、高戸 毅:顎矯正手術時の前歯歯軸傾斜;第20回日本顎変形症学会総会、2010年6月15-16日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
17. 高橋直子、須佐美隆史、長濱浩平、大久保和美、宇波雅人、齋藤健太郎、前田祐二郎、杉山 円、菅野勇樹、末永英之、古賀陽子、西條英人、近津大地、森 良之、高戸 毅:Hemifacial microsomiaの下顎骨形成不全の検討―パノラマX線写真と3D-CT画像の比較―;第20回日本顎変形症学会総会、2010年6月15-16日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
18. 高鍋雄亮、古賀陽子、西條英人、菅野勇樹、倉林くみ子、齋藤健太郎、近津大地、 米原啓之、森 良之、高戸毅:再発およびリンパ節転移を繰り返した腺房細胞癌の長期経過観察の一例;第189回日本口腔外科学会関東地方会、2010年6月19日、獨協医科大学関湊記念ホール、栃木
19. 岡本彩子、高田広嗣、小川 隆:急激な進行を呈した原因不明な歯肉増殖症の1例;第189回日本口腔外科学会関東地方会、2010年6月19日、獨協医科大学関湊記念ホール、栃木
20. 斎藤忠仁、小笠原徹、森 良之、近津大地、阿部雅修、末永英之、白土博司、高戸 毅、米原啓之:間葉系細胞においてNanogはBMPシグナルを増強する;第64回NPO法人日本口腔科学会学術集会、2010年6月24-25日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
21. 斎藤健太郎、森 良之、引地尚子、菅野勇樹、杉山 円、前田祐二郎、宇波雅人、 末永英之、阿部雅修、古賀陽子、大久保和美、西條英人、近津大地、高戸 毅:右側上顎犬歯部歯肉に生じた腺腫様歯原性腫瘍の1例;第64回NPO法人日本口腔科学会学術集会、2010年6月24-25日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
22. 菅野勇樹、西條英人、斎藤健太郎、宇波雅人、大久保和美、近津大地、森 良之、 高戸 毅:重度の両側顎関節強直症に対し、人工関節頭を応用した1例;第64回NPO法人日本口腔科学会学術集会、2010年6月24-25日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
23. 濱田勇人、松尾 朗、長谷川温、浪越智子、浅岡絵美、里見貴史、金子忠良、近津大地:静注ビスホスホネート系薬剤投与患者にインプラント治療を行った1例;第64回NPO法人日本口腔科学会学術集会、2010年6月24-25日、札幌プリンスホテル国際館パミール、北海道
24. 蔵口 潤:コーパックを活用した歯肉弁根尖側移動術の1例;日本インプラント臨床研究会第5回全員発表研修会、2010年7月18-19日、熱海ニューフジヤホテル、静岡
25. 小川 隆、岡本彩子、松尾 朗、地津大地:顎関節内障に対するDigital Subtractionと顎関節腔造影CT撮影による臨床的効果に関する検討;第23回日本顎関節学会総会・学術大会、2010年7月24-25日、タワーホール船堀、東京
26. 松尾 朗、浜田勇人、藤川 考、豊田 潤、小川 隆、近津大地:骨延長後に顎関節強直症を呈したhemifacial microsomiaの1例;第23回日本顎関節学会総会、 2010年7月24日、タワーホール船堀、東京
27. 宮本重樹、安田卓史、金子忠良、近津大地:口腔粘膜に発現した水疱性類天疱瘡の臨床的検討;合同開催第20回日本口腔粘膜学会総会・学術集会・第21回NPO法人日本臨床口腔病理学会総会・学術大会、2010年7月31-8月1日、大阪歯科大学・楠葉学舎、大阪
28. 伊能智明、青木美穂子、金子忠良、安田卓史、宮本重樹、森光麗子、近津大地:HIV感染者に対するインプラント治療の2例;第3回日本先進インプラント医療学会総会・学術大会、2010年8月29日、日本歯科大学富士見ホール、東京
29. 松尾 朗、辻絵理子、濱田勇人、仲井孝之、近津大地:ビスホスホネート投与患者に対するインプラント治療の実態;第40回日本口腔インプラント学会総会、 2010年9月18日、札幌コンベンションセンター、北海道
30. 加藤崇雄、堀江憲夫、橋本 研、金子忠良:ヒドロキシイトラコナゾールの口腔内細菌の増殖に及ぼす影響;第52回歯科基礎医学会学術大会、2010年9月20-22日、タワーホール船堀、東京
31. 堀江憲夫、橋本 研、下山哲夫、金子忠良:唾液の抗菌作用に及ぼす立効散の影響について;第52回歯科基礎医学会学術大会、2010年9月20-22日、タワーホール船堀、東京
32. 虻川東嗣、金子忠良、牛田 環、里見貴史、松尾 朗、近津大地:KTPレーザーによる光凝固療法を行った口腔領域血管腫15例の臨床評価;第55回日本口腔外科学会総会・学術大会、2010年10月16-18日、幕張メッセ、千葉
33. 河野通秀、渡辺正人、虻川東嗣、安田卓史、豊田 潤、長谷川温、松田憲一、里見貴史、松尾 朗、金子忠良、近津大地:化学放射線療法を施行する口腔癌患者におけるEPA配合栄養製剤の有用性;第55回日本口腔外科学会総会・学術大会、2010年10月16-18日、幕張メッセ、千葉
34. 小川 隆、岡本彩子、高田広嗣:下顎枝矢状分割術と下顎枝垂直骨切り術の組み合わせ手術後の顎関節の変化;第55回日本口腔外科学会総会・学術大会、 2010年10月16-18日、幕張メッセ、千葉
35. 蔵口 潤、藤川 考、豊田 潤、高橋英俊、浅岡絵美、高橋浩信、加藤乃梨子、里見貴史、金子忠良、松尾 朗、近津大地:12歳女児に発生した下顎骨骨髄炎の1例;第55回日本口腔外科学会総会・学術大会、2010年10月16-18日、幕張メッセ、千葉
36. 長谷川温、里見貴史、渡辺正人、虻川東嗣、金子忠良、豊田 潤、河野通秀、 坂口和歌子、榎本 愛、高橋浩信、濱田勇人、松尾 朗、近津大地:頸部郭清術後の難治性リンパ漏に対する胸腔鏡下胸管結紮術の治療経験;第55回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2010年10月16-18日、幕張メッセ、千葉
37. 辻絵理子、松尾 朗、濱田勇人、仲井孝之、里見貴史、金子忠良、近津大地:ビスフォスホネート投与患者に対するインプラント治療の実態;第55回日本口腔外科学会総会・学術大会、2010年10月16-18日、幕張メッセ、千葉
38. 澤 悦夫、鈴木治仁、蛯名勝之、花岡新八、篠塚恵造、明 正孝、小林成文、中田たか志、贄川勝吉、中野雅昭:都市におけるエイズ協力歯科診療所紹介事業の設立経緯と8年間の事業報告;第27回日本障害者歯科学会総会および学術大会、2010年10月23‐24日、タワーホール船堀、東京
39. 安楽知容、渡辺正人、虻川東嗣、長谷川温、榎本 愛、池畑直樹、里見貴史、金子忠良、松尾 朗、近津大地:下顎智歯抜歯後に側頭部膿瘍を生じた1例;第190回日本口腔外科学会関東地方会、2010年10月30日、埼玉医科大学かわごえクリニック、埼玉
40. 柏木亜理、松尾 朗、仲井孝之、大段尚子、金子忠良、里見貴史、近津大地;睡眠時無呼吸症候群における口腔内装置と持続陽圧呼吸療法の選択基準について;第190回日本口腔外科学会関東地方会、2010年10月30日、埼玉医科大学かわごえクリニック、埼玉
41. 河野通秀、渡辺正人、虻川東嗣、安田卓史、豊田 潤、長谷川温、里見貴史、近津大地:化学放射線療法を施行する口腔癌患者におけるEPA配合栄養製剤の有用性;第166回東京医科大学医学会総会、2010年11月6日、東京医科大学病院、東京
42. 岩本宗春、蔵口 潤、高橋英俊、里見貴史、近津大地、千葉博茂:肝硬変による血小板減少などの多種の全身疾患を有する患者にインプラント治療を行った1例;第166回東京医科大学医学総会、2010年11月6日、東京医科大学病院 、東京
43. 宮本重樹、金子忠良、榎本 愛、加藤乃梨子、蔵口 潤、安田卓史、近津大地:口腔粘膜に生じた自己免疫性水疱症の臨床的検討;、第166回東京医科大学医学会総会、2010年11月6日、東京医科大学病院、東京
44. 安田卓史、近津大地、松尾 朗、金子忠良、里見貴史、時崎 洋、河野通秀、森光麗子、宮松洋信:口腔癌化学放射線療法時の口腔粘膜炎へのRebamipide含嗽内服液の有効性の検討;第7回日本口腔ケア学会総会・学術大会、2010年11月27-28日、大阪国際交流センター、大阪
45. 濱田勇人、松尾 朗、森光麗子、里見貴史、金子忠良、近津大地:ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死症例のCT値による検討;第166回東京医科大学医学会総会、2010年11月6日、東京医科大学病院臨床講堂、東京
46. 濱田勇人、松尾 朗、江尻貞一、長谷川温、里見貴史、金子忠良、近津大地:ゾレドロン酸投与患者にインプラント治療を行った1例;第14回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会、2010年12月4-5日、明海大学浦安キャンパス、千葉
47. 蔵口 潤、金子忠良、藤川 考、豊田 潤、高橋英俊、浅岡絵美、高橋浩信、加藤乃梨子、里見貴史、松尾 朗、近津大地:小児に発生した下顎骨骨髄炎の1例;第22回日本小児口腔外科学会学術大会、2010年12月11日、昭和大学上條講堂、東京
48. 榎本 愛、渡辺正人、虻川東嗣、長谷川温、坂口和歌子、里見貴史、金子忠良、松尾 朗、近津大地:口蓋に生じた唾液腺導管癌の1例;第29回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会、2011年1月27-28日、崇城大学市民ホール、熊本

ページの先頭に戻る

シンポジウム・講演

1. Takafumi Satomi:ZMC fractures;51st Congress of the Korean association of oral and maxillofacial surgeons. 2010.4.22-24 (Cheongju, Korea).
2. 松尾 朗:「ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の現状と早期発見」 新宿区医歯薬会学術講演会;2010年1月20日、新宿区歯科医師会館、東京
3. 伊能智明:HIV感染者の歯科治療の実際;社団法人越谷歯科医師会講演会;2010年2月6日、越谷市立保健センター大会議室、埼玉
4. 里見貴史:口腔外科におけるビスフォスフォネートによる顎骨壊死について;平成21年度学術講演会・学術教育研究会、2010年2月11日、歯科医師会館、東京
5. 近津大地:インプラント治療を目的とした骨造成法-骨移植、歯槽骨延長、そして・・・;昭和歯学会講演セミナー;2010年6月9日、昭和大学歯科病院、東京
6. 松尾 朗:「東京医科大学病院におけるビスフォスフォネート系製剤に起因した顎骨骨髄炎・顎骨壊死の予防と早期発見のための取り組み」;日本学術会議主催 市民公開シンポジウム「ビスフォスフォネート系薬剤に起因した顎骨骨髄炎・顎骨壊死の現状と対策」、2010年6月25日、札幌プリンスホテル国際館パミールA会場、北海道
7. 小森康雄:歯科における感染対策:平成22年歯科医療従事者に対する感染症予防講習会;2010年7月11日、富山県歯科医師会館、富山
8. 近津大地:骨造成法と口腔ケア;昭和大学同窓会城西支部講演会;2010年7月24日、中野サンプラザ、東京
9. 小森康雄:歯科における感染対策;平成22年歯科医療従事者に対する感染症予防講習会;2010年7月31日、山形県歯科医師会館、山形
10. 近津大地:「チーム医療の実践者」から歯科医師志望者へのエール;昭和大学歯学部オープンキャンパス;2010年8月28日、昭和大学旗の台キャンパス、東京
11. 小森康雄:効率とコストを考慮した感染対策をめざして;平成22年度神奈川県歯科医師会HIV研修会;2010年9月26日、神奈川県歯科医師会館、神奈川
12. 北島晴比古:当院における感染対策とコスト対策;神奈川県委託、神奈川県歯科医師会主催 HIV歯科診療研修会;2010年9月26日、神奈川県歯科医師会館、 神奈川
13. 小森康雄:HIV歯科診療;平成22年神奈川県エイズ研修会;2010年10月8日、神奈川県保健会館、神奈川
14. 松尾 朗:「口腔病変と薬剤」第23回いばらき医療福祉研究集会、第4回いばらき歯科医療フォーラム 「コモンデジィーズ研究会」;2010年10月30日、つくば国際大学、茨城
15. 近津大地:骨造成と口腔ケア;昭和大学東京支部連合主催講演;2010年11月6日, ハイアットリージェンシー東京、東京
16. 近津大地:臨床および研究・教育・教室運営の展望について;第28回不動会総会講演;2010年11月13日、東京医科大学、東京
17. 北條 了、大久保力廣、阿部 實:部分床義歯設計のすすめ;平成22年度 社団法人日本補綴歯科学会関東支部学会学術大会・生涯学習公開セミナー;2010年11月28日、甲府市総合市民会館、山梨
18. 蛯名勝之:歯科におけるHIV陽性患者診療の実際;平成22年度第2回東京都歯科向けエイズ講習会―感染症の現状と歯科の対応―;2010年12月1日、梅ヶ丘パークホール、東京
19. 松尾 朗:「ビスフォスフォネート系薬剤に起因した顎骨骨髄炎・顎骨壊死の予防と早期発見のための取り組み」 ;第14回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会・IBRA Japan共催特別講演;2010年12月4日、明海大学浦安キャンパス、千葉

受賞

1. On Hasegawa, Takafumi Satomi, Masato Watanabe, Harutsugi Abukawa, and Jun Toyoda. 51st Congress of the Korean association of oral and maxillofacial surgeons Exellent Poster Open reduction and internal fixation of mandibular condyle fracture by a transparotid approach: a clinical and cadaberic study; 51st Congress of the Korean association of oral and maxillofacial surgeons. 2010.4.22-24 (Cheongju, Korea).
2. 山下絵美、田中みか子、松尾 朗、野村修一、江尻貞一:ヒト歯槽骨生検試料の骨構造および骨塩量と全身の骨代謝マーカーとの関係;第30回日本骨形態計測学会、2010年5月13-15日、米子コンベンションセンター、鳥取、学術奨励賞

ページの先頭に戻る