専門医・指導医教育

  • トップ
  •  › 
  • 医局紹介
  •  › 
  • 専門医・指導医教育

専門医教育

専門医教育

 当科では日本口腔外科学会専門医取得者が11名(内3名が指導医)います。今後も一人でも多くの専門医の誕生を期待し、その実現に向け研修医終了後の先生を対象にその教育に力を注いでいます。日本口腔外科学会では専修医取得後、専門医の申請資格が得られることから、まずは入局4〜5年目に認定医取得を目指すことを中途目標としています。その後、専門医に必要な経験と知識を日常の臨床現場で身につけるよう指導医あるいは専門医である上級医が指導します。

 特に、その専門となる指導者が手術に必ず入り手技的な指導に当たります。入院管理では病棟カンファレンス時に適切なアドバイスがなされます。学会で指定した疾患別および難易度の項目に乗っ取って可及的に症例の割り振りを調整します。その学年に適した症例を担当することにより着実にケースが得られるよう研修プログラムを組んでいます。

 その他、総会および地方会での発表、原著あるいは症例報告の執筆から掲載までを目指した指導も行います。業績も専門医申請に必須であることから臨床以外の分野でも同時進行で進めて行きます。

 研修認定を受けている関連施設もあるためそこで経験した場合も症例とすることができます。また日本口腔外科学会以外に日本口腔科学会、日本顎顔面口腔インプラント学会、日本口腔インプラント学会、日本顎関節学会、日本有病者歯科医療学会、日本小児口腔外科学会および日本歯科心身医学会の研修認定施設となっています。努力次第でこれら関連学会の専門医、認定医を取得する機会もあります。