後期研修医募集

東京医科大学で外科医になりたい先生たちへ

MESSAGE

東京医科大学 外科学分野は呼吸器甲状腺外科学分野、心臓血管外科学分野、消化器・小児外科学分野、乳腺外科学分野の4つの診療分野から構成されています。新宿という最良の立地条件の中、多くの病める患者さんに対して真剣に診療・治療を行っています。どこの出身者でも問題ありません、性別も関係ありません。それぞれの先生の診療スタイルに合わせて仕事をできる環境を整えています。
すべての分野では正確な診断、エビデンスに基づく治療を実践するだけでなく、先進的な治療を積極的に取り組んでおります。
是非、一緒に働きましょう。

教授からの一言

呼吸器・甲状腺外科学分野

池田 徳彦教授

東京医科大学外科は日本の肺癌診療、研究において最も歴史のある施設の一つです。肺癌手術では全国有数の症例数を誇り、胸腔鏡手術から拡大手術、ロボット手術までオールラウンドな技術を身に付けるのに適した環境です。気管支鏡検査、内視鏡的レーザー治療、種々の薬物療法も自ら行い、総合力のある専門医の育成をしています。
甲状腺外科も全国の大学で最多の手術数を有し、診断、手術、薬物治療のすべての面でトップレベルを目指しています。

研修医の皆さんには、積極的に手術や術後管理に参加して頂き、チームの一員として参加いただきます。重症患者も多く大変に感じるかもしれませんが、外科医として多くの技術習得ができ、何ものにも代えがたい充実感を手に入れることができます。皆さんと共に働けることを、楽しみにしています。

心臓血管外科

荻野 均 教授

消化器外科・小児外科

土田 明彦教授

当科では最高水準の医療を提供できるように、上部消化管、肝胆膵、下部消化管、小児外科の4グループのスペシャリストによって診療に取り組んでおります。近年は、患者さんへの侵襲の少ない内視鏡下手術を積極的に取り入れ、ロボット支援下手術にも取り組んでいます。次世代の外科医療のために、外科専門医や消化器外科専門医、小児外科専門医などのエキスパートの育成に力を注いでいます。皆さんと一緒に楽しく働けることを楽しみにしています。

当科では、形成外科、放射線科、病理部そしてコメデイカルスタッフの全面的な協力のもとで、外科手術と薬物療法を駆使して多くの乳癌症例の治療に当たっています。正確な画像診断をもとにした治癒切除と整容性の高い手術を基本として、次世代の個別化治療を目指した術前化学療法の研究を中心に、根治性と整容性を追求しています。ぜひ一緒にダイナミックに進化する乳癌診療を勉強しましょう。

乳腺科

石川 孝教授

後期研修医からの一言

呼吸器・甲状腺外科学分野
並川 晴佳 医師
当院の呼吸器・甲状腺外科は、手術だけでなく気管支鏡から化学療法まで、肺・縦隔疾患/甲状腺疾患をトータルで勉強する環境が整っています。私は他学出身・市中病院で初期研修修了しましたが、学内出身者の先生と同等に、手技や診療の機会が沢山与えられ、大変居心地の良い医局です。
心臓血管外科学分野
加納 正樹 医師
心臓血管外科は、重症患者が多く仕事は大変ですが、信頼できる医局の先輩達や院内の医療スタッフと共に、日々の手術や術後管理を中心に有意義で刺激的な毎日を送っています。また、日本の学会はもちろん海外の学会にも参加して、世界にも目を向けた外科医になれるように日々精進しています。
消化器・小児外科学分野
有働 竜太郎 医師
私は実際に自分が手を動かしたときの手術手技の面白さに魅了され外科を志望いたしました。その手技を学んでいく上で医局員の雰囲気もよいだけでなく国内でも指折りの高い手技を学ぶことのできる東京医科大学病院消化器外科を選びました。
乳腺科学分野
上中 奈津希 医師
私は初期研修も東京医科大学病院で行い、乳腺科やその他の外科をラウンドした際に、手術の楽しさに惹かれ、外科を志望致しました。後期研修医として乳腺科に入局し数ヶ月が経ちますが、一緒に手術をする先生方からアドバイスを頂くことで、毎回の手術が非常に勉強になっています。乳腺科は女性医師も多く、外科を志望する女医さんも働きやすい環境も整っていると思います。
乳腺科学分野
川井 沙織 医師
臨床医療と基礎医学を体系的に学べることが大学病院で後期研修を行う利点だと思われます。とくに乳腺科に関しては昨年度から乳腺科学分野となり、より一層研究にも重点を置かれていることに魅力を感じ、入局させていただきました。

各診療科ホームページ

後期研修プログラム

お知らせWhat's new