東京医科大学

呼吸器・甲状腺外科学分野

研修医募集

専門医取得情報

【外科専門医取得条件】  → 日本外科学会 外科専門医のページへ

(1)修練開始登録後満4年以上経た段階で予備試験(筆記試験)が受験できます。
(2)最低手術件数350例
(3)術式に関係なく術者120例の経験が必要
   《内訳》(術者助手関係なく)術者120例、消化器50例、乳腺10例、呼吸器10例、心臓・大血管10例、末梢血管10例、
    頭頚部・体表・内分泌外科10例、小児外科10例、外傷10例、(術者助手関係なく)鏡視下手術10例
(4)予備試験に合格後、修練開始後満5年以上経て、規定の修練をすべて経験した段階で認定試験(面接試験)が受験できます。
(5)認定試験合格後、外科専門医として認定されます(有効期間:5年)。

必要な業績単位...内容を問わず以下のものを20単位以上取得していること
 

研究発表

(1)日本外科学会定期学術集会 ...20単位
(2)海外の学会 ...20単位
   例)International Gastric Cancer Congress,Asian for Society of Cardiovascular Surgery など
(3)外科系(サブスペシャルティ)の学会の年次総会,定期学術集会 ...15単位
   例)日本消化器外科学会,日本胸部外科学会,日本臨床外科学会 など
(4)全国規模の外科系(サブスペシャルティ)以外の学会の年次総会,定期学術集会 ...10単位
   例)日本消化器病学会,日本内視鏡外科学会、日本救急医学会、日本癌学会 など
(5)外科系(サブスペシャルティ)の学会の地方会,支部会 ...7単位
   例)1-(3)参照
(6)各地区外科集談会 ...7単位
   例)外科集談会,大阪外科集談会,九州外科学会,山陰外科集談会 など
(7)全国規模の研究会 ...7単位
   例)大腸癌研究会,日本肝移植研究会,日本ヘルニア研究会 など
(8)地区単位の学術集会,研究会 ...5単位
   例)北海道医学大会,四国内視鏡外科研究会,九州内分泌外科学会 など
(9)全国規模の外科系(サブスペシャルティ)以外の学会の地方会,支部会 ...3単位
   例)1-(4)参照
(10)その他 ...3単位
 

論文発表

(1)日本外科学会雑誌,Surgery Today ...20単位
(2)英文による雑誌 ...20単位
   例)General Thoracic and Cardiovascular Surgery,Pancreas など
(3)著作による書籍 ...20単位
(4)外科系(サブスペシャルティ)の学会の和文雑誌 ...15単位
   例)1-(3)参照
(5)全国規模の外科系(サブスペシャルティ)以外の学会の和文雑誌 ...10単位
   例)1-(4)参照
(6)編纂された書籍の一部 ...10単位
(7)その他 ... 7単位
 

【気管支鏡専門医取得条件】  → 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医制度のページへ

(1)5年以上の研修実績があり、日本呼吸器内視鏡学会5年以上の会員歴
(2)過去5年以内に術者または助手として気管支鏡を合計100例以上(術者として20例以上)の経験
  (認定施設または関連認定施設での20例を含む)
(3)5年間で学術集会に2回以上出席及びセミナー等1回以上出席
(4)該当する学術集会での発表(共演者も可)と論文著書による研究業績10単位以上
(5)学術集会への出席、発表、論文著書などによる業績合計50単位以上
(6)専門医試験の合格
 

【呼吸器外科専門医取得条件】  → 呼吸器外科専門医認定基準のページへ

(1)日本外科学会専門医である
(2)卒後修練期間を7年以上有する(8年目以上で受験可能)
(3)認定修練施設で3年以上の修練期間を有する
(4)呼吸器外科手術経験を助手として100例以上、術者として50例以上(うち開胸手術30例以上、胸腔鏡下手術20例以上:
   いずれも認定修練施設での症例のみ登録可能)
(5)筆頭著者論文1編を含む3編以上
(6)全国規模の学会での発表5回以上(筆頭演者)
(7)日本呼吸器外科学会と日本胸部外科学会に5回以上参加
(8)胸腔鏡セミナーに2回以上参加
(9)日本呼吸器外科学会呼吸器外科セミナー、あるいは日本胸部外科学会Postgraduate Course(旧 卒後教育セミナー)に
   2回以上参加
(10)医療安全に関するセミナーに2回以上参加
 

【レーザー専門医取得条件】  → 日本レーザー医学会のページへ

(1)基本領域学会の専門医である(日本外科学会専門医)
(2)日本レーザー医学会に3回以上出席
(3)安全教育講習会に3回以上出席
(4)レーザー専門医試験に合格している
(5)指導施設での経験年数5年以上
(6)10例の症例抄録
(7)学会発表、学会出席、論文発表によって定められた点数の合計150点以上
 

【がん治療認定医取得条件】  → 日本がん治療認定医機構のページへ

(1)基本領域学会の専門医である(日本外科学会専門医)
(2)認定研修施設で2年間の連続した研修期間を有する
(3)がん患者の直接管理20例以上
(4)がん診療に関する学会発表2回以上
(5)がん診療に関する論文発表1編以上(共著可)
(6)本機構主催の教育セミナーに参加し、認定試験に合格している
(7)本機構が定めた学会やセミナーへの参加(合計20単位以上)