東京医科大学

呼吸器・甲状腺外科学分野

医局紹介

ご挨拶

池田徳彦

東京医科大学 呼吸器・甲状腺外科学分野主任教授 池田徳彦

呼吸器(肺・気管支)と甲状腺に症状や異常がある方を対象として診療を行っております。肺癌を中心に転移性肺腫瘍、良性腫瘍、縦隔疾患、自然気胸や甲状腺癌、バセドウ病などの診断と治療が中心です。

肺癌の診断と治療のすべてを隙間なく網羅するオールラウンドな診療科であることが特色です。診断面ではCTなどの画像と熟練した専門医による気管支鏡検 査など、肺癌の早期発見・診断を心がけています。治療面ではクリニカルパスを用い、効率が良く、患者様の目線に立った診療を目指しています。肺癌の手術数 は日本有数であり、安全かつ根治度の高い手術を行っています。早期癌には胸腔鏡を併用した低侵襲的な治療を、進行癌には拡大手術、化学療法、放射線療法、 分子標的治療などを含めた集学的治療を行っています。気管支の早期癌に対するレーザー治療では世界の先駆的立場にあり、国際的にみても群を抜いた成績を 誇っています。また、進行癌による気道狭窄に対するステント治療も本邦で屈指の経験があります。呼吸器内科、放射線科、病理などの関連各科と緊密に連携 し、国際的にも総合力の高い治療を提供できると自負しております。

一方、甲状腺疾患においてもわが国有数の手術数を誇り、早期癌には低侵襲手術を、進行癌には拡大手術を行い、良好な治療成績を挙げております。

正確な診断と、エビデンスに基づく治療を前提に、病める方々が健康な状態に復するよう、スタッフ一同最大限の努力をいたします。